遺伝、年齢は関係ない…「薄毛は根本治療が可能」という事実 (※写真はイメージです/PIXTA)

見た目や若々しさがもてはやされる現代において、薄毛は深刻な悩みです。いま薄毛で悩んでいる人だけでなく、将来薄毛になることを心配している人も少なくありません。しかし、男性型脱毛症(AGA)はすでに原因が解明され、医学的治療により薄毛が治る時代になっていると、東京メモリアルクリニック院長の栁澤正之氏はいいます。本記事では、AGAの原因と治療方法について解説します。

【関連記事】「何の不安もありませんでした。」私が初めてカツラを外した日

いまや薄毛は「医療」で治せる時代になった

見た目や若々しさがもてはやされる現代において、薄毛は深刻な悩みです。年齢を問わず男性にとって薄毛は死活問題でもあり、今まさに薄毛で悩んでいる方だけでなく、将来薄毛になることを心配している方も少なくないはずです。

 

日本では成人男性の4人に1人(約1200万人)が薄毛に悩んでいるともいわれています。

 

ですが今や21世紀、あきらめも心配も不要です。男性型脱毛症(AGA)はすでに原因が解明され、医学的治療により薄毛が治る時代になっているのです。医学的根拠に基づいたAGA・薄毛治療は約20年前から行われています。

 

男性型脱毛症(AGA)は20年以上前から根本的治療薬である「フィナステリド」による治療がすでに行われていて、今や薄毛は医療で治る時代になっています。(世界的には1997年からですが、日本におけるフィナステリド承認は2005年なので正確には16年前からになります)

 

ひと昔前のまだ確実な薄毛治療法がなかった時代には「植毛手術」や「かつら」といった限られた対処法しかなく、「高齢者は薄毛でも致し方なし」という風潮もあったのかもしれません。

 

ですがAGA・薄毛の治療法が確立してそれなりの時間も経過しており、近い将来「なぜ薄毛になるまで治療しなかったの?」と言われてしまう時代がこないとも限りません。

世間で誤解されているAGA・男性型脱毛症の原因

よく「男性の薄毛は男性ホルモンが原因」と耳にしますが、実は男性ホルモン自体が直接的に悪さをするわけではありません。男性ホルモン(テストステロン)は体内で酵素によりDHT(ジヒドロテストステロン)に作り替えられ、このDHTが薄毛の直接原因となってしまうのです。(広義的にはDHTも男性ホルモンの一種なのですが、便宜上分けて説明させていただきます)

 

治療薬であるフィナステリドは、男性ホルモンがDHTに作り替えられるのを抑制することで、AGAによる薄毛を根本原因から改善することができます。

AGA治療は「薄毛の進行を止めるだけ」ではない

フィナステリドの添付文書には「効能・効果:男性型脱毛症の進行遅延」と承認当時のまま書いてあるので「薄毛進行を止めるだけ」と考えている方もおられるかと思いますが、そんなことはありません。

 

AGA治療によりDHTがなくなることで弱っていた毛根細胞も回復し、細くなってしまった毛も太く回復するのです。AGA・薄毛治療は進行を止めるだけではなく、しっかりと改善することがわかっています。

 

東京メモリアルクリニック 院長
医学博士
日本形成外科学会 認定専門医
第27回日本臨床毛髪学会 学会長 

日本で初めてAGAに対するフィナステリド治療を開始した東京メモリアルクリニックの3代目院長を務め、30年間に渡るAGA・薄毛治療理念を継承。日本臨床毛髪学会の学会長を歴代最年少で任された、次世代AGA・薄毛治療の旗手。
最近ではオンラインAGA診療「Oops-Hair」の診療担当を務め、日本全国の薄毛で悩む患者に対して、スマートフォンで手軽に適切なAGA診療を提供している。

東京メモリアルクリニックホームページ
オンラインAGA診療「Oops-Hair」
個人ブログ

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

本記事は、最先端の「自分磨き」を提供するウェルネスメディア『KARADAs』から転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ