朝起きられない…思春期の病気「起立性調整障害」症状と治療法 (※写真はイメージです/PIXTA)

「起立性調節障害」という病気をご存じでしょうか。小学校高学年から中学校、高校の思春期の子どもに多くみられ、立ちくらみやめまいなどを起こしやすく、朝起きるのがつらくなって、不登校の原因にもなります。自分の意思ではどうにもならない病気のため、保護者がこの病気への理解を深め、適切な治療や生活習慣の改善に取り組んでいくことが必要だといいます。

【関連記事】医師「放置しないでほしい」食後に眠い…は脳の危険信号だった

「怠け癖」と誤解される「起立性調整障害」

「起立性調節障害」という疾患をお聞きになったことはありますでしょうか?

 

概要としては、思春期のお子さんが、朝、起こしているにもかかわらず起きられない、朝食をとれず学校へ行けない、立ちくらみや頭痛が持続する、倦怠感が強いという自律神経失調症に似ていて、見方を変えると「怠けている」と誤認されてしまうケースもあります。

 

この疾患は、体の運動機能、気分、知覚などを含めた自律神経のスイッチが、朝にうまく切り替わらない、自律神経機能不全の1つ(体質的なもの)と考えられています。

 

好発年齢は小学校高学年から中学生・高校生で、女子の方が男子よりも発症頻度は高いです。

 

これまでは、本疾患は無治療であっても身体的・社会的にはおおむね予後は良いとされていましたが、近年の報告では、重症例では自律神経による循環調節障害(とくに脳や上半身への持続的な血流低下)によって、成人後でも日常生活が著しく損なわれることが示唆されました。

 

同時に、無治療の場合では、長期の不登校からひきこもりを起こし、学校生活・社会復帰に関しては大きく支障が生じることも判明しています。

 

このため、本疾患の早期発見と早期治療・家庭生活や学校生活での環境調整による配慮を行うことにより、症状の悪化を予防できる可能性が示唆されました。

 

近年の傾向としては、新型コロナウイルス感染症の蔓延により、外出自粛と運動不足により起立性調節障害の発見が遅れ、症状の悪化が懸念されています。

高座渋谷つばさクリニック 院長

小児科医・内科医・アレルギー科医。2002年、慶応義塾大学医学部卒業。多くの病院・クリニックで小児科医・内科としての経験を積み、現在は高座渋谷つばさクリニック院長を務める。感染症・アレルギー疾患、呼吸器疾患、予防医学などを得意とし、0歳から100歳まで「1世紀を診療する医師」として地域医療に貢献している。

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

※本記事は、最先端の「自分磨き」を提供するウェルネスメディア『こどもKARADAs』から転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧