フィリピン支援の取り組み "Bright Light For A Better Life"

新しい形の会員制コミュニティ「GATE of ASSETS 財団」が注目を集めている。本稿では、この財団の会員のみがリーチできる「投資と保全」の最新情報について、ハロハロアライアンス・ディレクターで「GATE of ASSETS 財団」の常任理事である鈴木廣政氏を中心に、現地情報に精通した方たちに紹介していただく。今回は、12月中旬吉日に開催が予定されているストリートチルドレンのための支援イベント"Bright Light For A Better Life"を取り上げる。

"Bright Light For A Better Life"

Gates of Assets 財団では、20年以上前から、フィリピンのストリートチルドレン支援に、力を入れて取り組んでいます。

 

その一環として、毎年12月に開催しているのが、子どもたちを笑顔にする物資を届ける支援イベントです。今年は"Bright Light For A Better Life"と名付け、子どもたちの明るい未来と希望、そして笑顔のために、賛同してくださる皆様の支援を募っています。

財団のイベントに参加し、はにかむ少女
財団のイベントに参加し、はにかむ少女

国を問わず、子どもたちは世界の将来を担う、何よりも大切な財産です。しかし、フィリピンでは多くの子どもたちが、貧困のため、住む家もなく、教育の機会も奪われ、路上生活を余儀なくされています。

 

もちろんフィリピンにも生活保護施設はありますが、数が足りていません。また、施設自体が貧しいのです。施設という拠点があっても、財源がないのです。施設を健全に運営する仕組みができていないのです。

 

結果、家庭で暴力を受け施設に保護された子どもが、施設でも先生から暴力を受ける……という悲惨な状況もありました。

はいポーズ! ちょっとぎこちないかな!?
はいポーズ! ちょっとぎこちないかな!?

フィリピンはまだまだ国力が足りないので、民間ベースでストリートチルドレンを保護する仕組みを作っていく必要があります。

 

Gate of Assets 財団は、他のフィリピン財閥と同様に、基金を信託で運用して学校を作っていく仕組みを構築しました。そして、国と民間で連携し、教員のインフラも整えてきました。

 

教員のレベルが標準化され、コントロールが効くようになると、支援が末端まで届く仕組みができます。先日、Gate of Assets 財団から子どもたちへ、将来グローバルな人材として羽ばたけるようにと、PCをプレゼントしたのですが、これはIT教育ができる教員を育てたからこそ、意味のある支援となるのです。

 

それでもまだ、Gate of Assets 財団が救えている子どもたちは、年間に数千人程度です……。

笑顔の子どもたち。将来、有望!
笑顔の子どもたち。将来、有望!

12月の支援イベントは、複数の大きな会場を借りて、より多くの子どもたちに、より多くの物資と笑顔を届けます。モニターを設置し、みんなでLIVE映像で繋がります。

 

Gate of Assets 財団に参加された方は、財団があげた収益の一部が、どのように活用されているか、体験することができるでしょう。

 

もちろん、12月のイベントで子どもたちへ贈る支援は、一般の方からも受け付けています。

 

みんな笑顔で「ピース!」 最高の瞬間。
みんな笑顔で「ピース!」 最高の瞬間。

 

イベントに協賛してくれた方の名前は、会場の横断幕に入りますので、法人さまの場合、会社のCSRにもつながるでしょう。

 

[PR]日本人のための「フィリピン×資産保全」最新事情・無料セミナー開催!
セブ島開発プロジェクトから仮想通貨事情までフィリピンの投資機会を全網羅

12月フィリピン現地での開催イベント

"Bright Light For A Better Life"の最新情報も!

 

Gate of Assets 財団員になられた皆様からは、財団に参画することで収益を得られた瞬間よりも、こういった支援の現場にて、当事者としての意識を体感できたという声を聞きます。

 

国の、子どもたちの、将来のためになることに、お金を投資する。Gate of Assets 財団が、フィリピンの巨大な財閥グループと友好な関係を結べているのは、こういった当たり前の理念を、実際の行動に移しているからなのです。

 

[PR]日本人のための「フィリピン×資産保全」最新事情・無料セミナー開催!
セブ島開発プロジェクトから仮想通貨事情までフィリピンの投資機会を全網羅

12月フィリピン現地での開催イベント

"Bright Light For A Better Life"の最新情報も!

 

ハロハロアライアンス/ディレクター
GATE of ASSETS 財団/ 常任理事
公益財団法人 国際人材育成機構/マニラ駐在員事務所開設準備室長 

1979年、愛知県生まれ。大原簿記専門学校卒業後、アパレル会社での勤務をへて、2000年、同業種で独立。同年自社ブランドを立ち上げ、卸、直営店舗を展開。その後、海外生産拠点を背景にOEM事業を開始。2005年にフィリピンに行き、1人のタクシードライバーに人生の生き方を考えさせられ、同地にて為替&アテンドビジネスをはじめ、もともとの事業を売却。その後、2007年にコンサル会社、2009年にPR会社を設立。2010年にフィリピンでオフショアのシステム会社を経営するO氏と出会い、同年Hallohallo incの立上げに従事する。

2014年にHallohallo Home incを立ち上げ、Hallohallo Assets、System、Travel、WebTV、Design、Builder、Exercise、Life、School、Maintenance、Architect、Salon、Clinic、Spaやストリートチルドレン復学プログラム等、多くの新規事業をアライアンス事業として立ち上げる。

著者紹介

連載今話題の「GATE of ASSETS財団」の全貌~日本人のための「フィリピン投資と財産防衛」最新事情