書籍詳細

『そのセキュリティ対策が会社を潰す』

そのセキュリティ対策が会社を潰す

幸松 哲也

出版社名:幻冬舎メディアコンサルティング

発行年月:2020年2月

毎年相次ぐ大手企業の情報漏えい事件。その原因の多くは「間違った情報セキュリティ対策」にあります。セキュリティ対策ソフトの導入や情報の持ち出し規定の強化など、一見対策を行っているように見えても、実際には内容が更新されていなかったり、社員教育が不十分だったりと機能していないことが少なくありません。このような間違った対策では情報漏えいやサイバー攻撃を防げないだけでなく、作業効率の悪化を招くことも……。情報の正しい取り扱い方については、業種業態、組織風土によっても変わるため、きちんと守り、活かすためには「自社にとって最適な対策とは何か? 」を考える必要があるのです。

本書では、1,600件を超えるISMS、ISO、Pマークの取得実績を持つ著者が正しい情報の取り扱いについて指南。保守・管理の無駄を省いて作業効率アップを実現する「セキュリティダイエット」で企業を成長させる方法を教えます。

LRM株式会社

代表取締役 CEO

新卒で大手システムインテグレータのTIS株式会社に入社しその後外資系IT企業、システム会社を経て2006年12月にLRM株式会社を設立。
「情報は『守る』ためにあるのではなく、『使う』ためにある」をポリシーに、セキュリティダイエットの実現に向けて多伎にわたる提案をしている。
ISMS認証審査機関において主任審査員として審査業務にも携わってきた経験も持つ。

著者紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ