[連載]残存者利益を独占する…スモールカンパニー「最速のブルー・オーシャン戦略」

時代が平成から令和に代わり、表面的には景気回復が喧伝されていますが、実際には格差社会が広がり、構造的問題がますます悪化しています。中小企業がこの厳しい時代を生き残っていくためには、一体どんな戦略が必要となるのでしょうか。当連載では、原田将司氏の著書『スモールカンパニー「最速のブルー・オーシャン戦略」』より一部を抜粋し、成功している企業経営の共通項について解説します。

本連載の著者紹介

加速経営専門コンサルタント
リソースアクティベーション株式会社 代表取締役
株式会社ことぷろ 代表取締役

2006年、経営コンサルティングの「リソースアクティベーション株式会社」を設立。本業を強くする「経営資源の再起動。」をコンセプトとし、数々の営業支援、経営改革プロジェクトを成功させている。M&Aや事業承継支援プロジェクトにも積極的に貢献し、2016年、事業承継型M&Aにて「株式会社ことぷろ」代表取締役に就任。後継者不足に悩む事業会社を直接承継し、次世代型の経営変革を担うビジネスモデル構築に挑戦中。

いまや、日本の企業総数は400万を超えているといわれている。その97%を占める中小企業の社長に向けて「社員が活躍して、充実したワークライフを実現する。そして、社長は“やりたいこと"を実現する。」という熱いメッセージを発信し、様々な経営課題の解決にあたる。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧