[連載]フィリピン「セブ島」で進む巨大開発プロジェクト~その全貌を探る

世界有数の成長国家として情報通はすでに動き出しているフィリピンへの不動産投資。そのなかでもいま「セブ島」が特に注目される理由とは何なのか?本連載では、セブ島最大のインフラ建設会社「デュロスランド」と日本発の「ハロハロホーム」が進める巨大開発プロジェクトの全貌を明らかにしながら、ハロハロが提供する「プレミアムオーナーシップ」の魅力や現地不動産&永住権取得の最新事情についてハロハロホーム・ファウンダーの鈴木廣政氏に話を伺った。

本連載の著者紹介

ハロハロアライアンス/ディレクター
GATE of ASSETS 財団/ 常任理事
公益財団法人 国際人材育成機構/マニラ駐在員事務所開設準備室長 

1979年、愛知県生まれ。大原簿記専門学校卒業後、アパレル会社での勤務をへて、2000年、同業種で独立。同年自社ブランドを立ち上げ、卸、直営店舗を展開。その後、海外生産拠点を背景にOEM事業を開始。2005年にフィリピンに行き、1人のタクシードライバーに人生の生き方を考えさせられ、同地にて為替&アテンドビジネスをはじめ、もともとの事業を売却。その後、2007年にコンサル会社、2009年にPR会社を設立。2010年にフィリピンでオフショアのシステム会社を経営するO氏と出会い、同年Hallohallo incの立上げに従事する。

2014年にHallohallo Home incを立ち上げ、Hallohallo Assets、System、Travel、WebTV、Design、Builder、Exercise、Life、School、Maintenance、Architect、Salon、Clinic、Spaやストリートチルドレン復学プログラム等、多くの新規事業をアライアンス事業として立ち上げる。

著者紹介