(※写真はイメージです/PIXTA)

故人をお葬式で弔ったあとに、お別れ会を開催する人が増えています。そもそもお葬式とお別れ会はなにが違うのでしょうか? 株式会社ハウスボートクラブの代表取締役社長・赤羽真聡氏がお別れ会のメリット・デメリットとともに、開催の予備知識について解説します。

お別れ会を開催するケースが増えた背景

一昔前だと、葬儀というと一般葬が常識であり、お通夜・本葬の日には多くの人が参列していました。しかし現在では葬儀に対する見方が以前と変わりつつあり、家族葬のような近親者のみで執り行うケースが増えています。

 

家族葬では参列するのは家族・親族が中心となるため、故人と生前に交流のあった友人・知人がお別れをする機会を持てません。そのため近年、多くの方にお別れの場を提供することを目的に、葬儀よりも気軽に参列できるお別れ会を開催するケースが増えてきたのです。

 

お別れ会のメリット

お別れ会の最大のメリットは、故人に合わせた自由な形式で執り行えるという点です。故人の趣味や嗜好に合わせた雰囲気を演出できるため、葬儀のような重々しさがなく、気軽に参加できます。特に企業主催の社葬などに向いており、企業ブランドを活かしたお別れ会が開催されることも多いです。

 

また、葬儀と比べて準備期間を十分に取れます。葬儀の場合、亡くなってすぐに執り行う必要があるため、ご遺族は準備に追われ、疲労が蓄積してしまうことも多いです。一方、お別れ会であれば時間的余裕を持って対応でき、そのあいだにいろいろと企画を考えることもできます。故人を紹介するためのスライドショーやパネルの作成など、こだわりの演出を行うこともできるでしょう。

 

さらに、葬儀に参列できなかった方を幅広く招待できる点も、お別れ会の大きなメリットです。特に身内による家族葬が執り行われた場合、故人と生前に親交のあった方や、生前に仕事や趣味で親しくしていた方は、お別れをする機会がありません。お別れ会を開催することで、そのような方々も改めて故人のこと偲ぶことできます。お別れ会では会食が行われるケースも多く、ほかの参列者とともにゆっくりと故人の思い出を語り合うことができるでしょう。

 

 

お別れ会のデメリット

お別れ会には特別な決まりや慣習がない分、主催者側が自らどのような会にするかを具体的に計画、企画しなければなりません。「こういうお別れ会をしたい」というコンセプトが明確であれば問題ありませんが、そうではない場合だとプランの立案に手間取る恐れがあります。

 

また、友人・知人などの発起人がお別れ会の主催者となる場合は、ご遺族の意向をしっかりと聞いておくことを勧めます。さもないと、「こんな会にしてほしくなかった」とご遺族側から非難され、後日トラブルになる恐れもあります。故人と参列者に失礼のないよう、万全の配慮をしなければなりません。

 

さらに、お別れ会の会場によっては費用が高額になる場合もあります。たとえば最近では参列者を多く招待できる有名ホテルで執り行われるケースも多いですが、この場合、食事代込みでの会場の使用料は高額になるのが一般的です。また、ホテル、レストランを会場とする場合、御遺骨の持ち込みができない、読経・焼香を断られる、といったこともあります。

 

お別れ会を開催する場合は、メリットだけに注目するのではなく、これらデメリットへの配慮も必要です。当日どのような演出を行うのかは主催者側で早めに相談して決めておくこと、友人など有志が主催者となる場合、ご遺族とも相談・打ち合わせを重ねることなど対策を考えておきましょう。また、主催者の費用負担を抑えるため、必要に応じて会費制にすることも1つの方法です。

 

お別れ会開催がおすすめなのは、こんな方!

お別れ会は、身内だけで執り行う家族葬や直葬を検討している方に適しています。家族葬や直葬は近親者のみ参列する小規模な葬儀形態で、故人の友人・知人は参列できません。そうした葬儀への参列ができない方々のために、後日お別れ会を開催することは有意義であるといえます。

 

また、葬儀は基本的に、故人が亡くなった直後に執り行うのが通例です。そのため、ご遺族のなかには亡くなったことへの悲しみや衝撃が大きく、故人とゆっくりお別れをしようという気持ちになれない方もいらっしゃいます。そのような方にとって、葬儀のあとで改めてお別れ会が開催されると、今度は心を落ち着かせて、穏やかな気持ちで故人とお別れができるでしょう。

 

さらに、葬儀は急なスケジュールで執り行われるため、遠方に住む方は参列が難しい場合もあります。お別れ会であれば日程に余裕があるため、海外に住んでいる方など遠方からでも参列しやすいです。

 

ご葬儀等で集う場が縮小しているなか、著名な方や生前にご功績を残された方はもちろんですが、ごく一般に生活している我々にとっても、お別れ会・偲ぶ会は故人に想いを届ける大切なイベントであることをおわかりいただけましたでしょうか。

 

TOPへ