相模湾に眠る“故・石原慎太郎元都知事”…著名人にも選ばれる「海洋散骨」、人気エリアや散骨した遺族の感想を紹介

Sponsored
株式会社ハウスボートクラブ
相模湾に眠る“故・石原慎太郎元都知事”…著名人にも選ばれる「海洋散骨」、人気エリアや散骨した遺族の感想を紹介

元東京都知事の石原慎太郎さんをはじめ、著名人が海洋散骨をされたことで、一般的にも海洋散骨の認知度が高まりました。もしも海洋散骨を望むなら、あなたはどこの海で海洋散骨をされたいですか? 本記事では、海洋散骨事業を営む株式会社ハウスボートクラブの代表取締役社長・赤羽真聡氏が、海洋散骨の人気エリアや、実際に海洋散骨を選択したご遺族の感想を紹介します。

海洋散骨の人気エリア

海洋散骨は思い出の海や故郷の海、憧れの地など、ご希望の海を選んで行うことができます。ブルーオーシャンセレモニーでは、全国61ヵ所の出航地からお選びいただけます。なかでも、お手伝いさせていただくことが多い関東近郊では、神奈川(相模湾)が著名人にも選ばれている人気のエリアとなっています。

※ 株式会社ハウスボートクラブの海洋散骨サービス

 

相模湾…葉山港から出航

相模湾に面している葉山は、内陸は山、坂を下れば海が広がる自然豊かな街です。御用邸の地としても有名な葉山ですが、ヨットをはじめとしたマリンスポーツだけなく、お洒落なカフェスポットとしても世代を超えて人気を集めています。そのため、海洋散骨の候補地としても選ばれているエリアになります。

 

日本海…萬代橋西詰乗船場から出航

新潟市沖は信濃川を下り河口から広がる日本海の美しい景観を望めるため人気のエリアになります。新潟空港の沖、佐渡島を臨むポイントで海洋散骨を行い、お天気の良い日にはカモメの餌付けをしながら帰港いたします。

 

松島湾…マリンゲート塩釜から出航

日本三景のひとつ、景勝地である松島湾も海洋散骨で人気のエリアとなっています。松島湾内外には260余りある島々が浮かび、昔から月の名所としても親しまれてきました。仙台藩初代藩主・伊達政宗ゆかりの地でもあり、歴史ある松島湾の地を旅立ちに選ばれる方も多いです。塩釜と日本三景松島を結ぶ、海の旅客ターミナルとなる塩釜港より出港し、観光エリアや養殖場を離れた場所まで出船いたします。

 

ハワイ オアフ島(日本人スタッフが対応)

常夏のリゾート地ハワイも旅を兼ねて選ばれる方が多い人気のスポットです。サーファーによる海洋散骨の儀式は文化として広く受け入れられています。オプションでウクレレの生演奏やフラダンサーによる死者を弔う神聖なフラダンスを船上で披露することも可能です。

 

ご家族で旅行を兼ねて海洋散骨をされる方もいらっしゃいます。新婚旅行で訪れた地に大切な人ともう一度……そんな想いを乗せながら特別な時間を過ごすことができます。

 

次ページ海洋散骨を選んだ著名人
TOPへ