所有する太陽光発電所を「高く売る」ための条件

太陽光発電所の中古市場が急速に拡大している中、所有する発電所がいくらで売れるかは、売却を検討する人ならば、誰もが気になるところです。今回は、太陽光発電所が高値で売却される条件について見ていきます。 ※本連載では、所有する太陽光発電所を上手に売却するためのメソッドをお伝えしています。

部材の製造メーカーや施工業者なども売却価格に影響

前回の記事では、太陽光の中古発電所の売買状況についてお伝えしました。では、どのような発電所が、高値で売却されているのでしょうか? 必ず高く売れる公式があるわけではありませんが、売買の際にポイントとなる点をいくつかご紹介します。

 

1.FIT価格

同じ発電量でもFIT価格によって売電価格は変わります。例えば年間発電量が1,000,000kWhの発電所の場合、FIT価格が32円だとすれば、32,000,000円/年なのに対し、40円だとすれば40,000,000円/年の売電収益が得られることになります。

 

個人でも投資可能な“即時償却案件”あり!
「太陽光発電」投資の個別相談会

 

 

 

もし、維持にかかるコストが同一であれば、単純計算で毎年の利益に20%もの差が出ます。そして、市場での中古発電所の売買価格は、想定する売電額から費用を差し引いた利益額と、買い手の希望利回りによって決定されるので、高いFIT価格の発電所であれば、売買価格は当然高くなりやすいです。

 

2.部材

パネル・パワーコンディショナーについては、国内メーカーあるいは、海外メーカーであれば信頼性・流通性の高いものが好まれます。また、付帯設備として発電量をオフサイトで確認できるシステムや、監視カメラなどが導入されていれば、施設の安全性が高まるため、高い価格での売却が期待出来ます。

 

3.施工業者

実績が多い業者による施工が望ましいです。加えて、施工後のメンテナンスも一貫して請け負っている会社であれば、緊急事態に即応してくれますので安心感が高まります。さらに、施工後の対応状況についての記録を残しておけば、買い手の安心感は増すことでしょう。

書類整理や敷地の整備など、事前準備を万端に

4.立地環境

建物や森林が近くにあると、パネルに影がかかり発電量が低下します。同様に、高い山などが発電所に近接していると、日照時間が短くなり、発電量の低下=売電量の低下となります。そのため、発電所の東側~南側に遮るものがないことが、高い値段がつきやすくなる条件となります。

 

また日射量の多い地域や、敷地までのアクセスの良さも、当然、発電所の売却価格に影響を与えます。加えて、発電所の敷地に砕石や防草シートが敷設されていると、草刈り作業のコストが削減されることになり、高い売却につながりやすいです。

 

5.書類

経済産業省の認定書、電力会社との需給契約書、土地の権利が確認できる書類(所有であれば登記識別通知書、賃借であれば賃貸借契約書など)、パネル・パワーコンディショナーの保証書、施工業者から受領した完成図書、毎月の売電量がわかる明細、損害保険の保険証などは、買い手が購入を検討する際に重要な書類となります。また売買契約時の引渡し資料ともなりますので、原本が保管されているかを、事前に確認することが必要です。

 

6.その他

発電所の設備の保有・運営を専用に行う法人(合同会社など)を設立していると、売買は対象会社の株式の譲渡だけで済むため、経済産業省や電力会社への変更手続きが不要となります。価格への影響自体は大きくはありませんが、売却手続きを非常に簡易に済ますことが可能です。その際には、会社設立時の書類が重要となりますので、整理をしておくべきでしょう。

 

個人でも投資可能な“即時償却案件”あり!
「太陽光発電」投資の個別相談会

 

 

 

 

中古車や中古住宅と同様に、買い手は発電所がどのように保有・運営されてきたかを、気にするものです。部材や施工業者などは今さら変更することができませんが、敷地を整備したり必要書類を準備したりすることは、今からでも十分間に合います。手間はかかりますが、買い手候補に良い印象を持ってもらうためにも、きちんと準備をすることをお勧めします。

 

 

幻冬舎総合財産コンサルティングでは、

太陽光発電所の売却/購入に関するご相談を承っています。

こちらのご相談フォームよりお問い合わせください。

株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング クリーンエネルギー室 室長

安藤証券株式会社、内藤証券株式会社にて個人・法人に対する株式・投信等の営業、株式ディーリングなどの証券業務に従事。
その後、太陽光発電事業を行う大手上場企業にて、太陽光パネル等の卸販売、太陽光発電所の販売・建設業務に従事。現場、部材、工事など発電所建設に必要な知識と経験を有す。2016年より現職。

著者紹介

連載胎動する「セカンダリーマーケット」――中古太陽光発電所の上手な売り方

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧