スキャルピングの禁止についての解説です。明確な取引の基準がスキャルピングにないため、FX会社によって制限や禁止の条件が違います。実際に国内主要FX会社9社へ電話調査した結果を紹介しています。スキャルピングで稼ぐなら、公認のFX会社で取引環境を整えましょう。
【スキャルピング禁止の条件】電凸で分かったFX会社9社の真実を暴露

『資産形成ゴールドオンライン』は複数の企業と提携して情報を提供しており、当サイトを経由して申込みがあった場合、各企業から報酬が発生することがあります。しかし、提携の有無などが本ページ内のサービスの評価や掲載順位に関して影響を及ぼすことはありません(提携会社一覧)。

『スキャルピングって禁止されているの?』

『スキャルピングを続けると口座凍結されるって本当?』

『安心してスキャルピングできるFX会社を教えて!』

これらの悩みを解決する記事です。

 

結論からお伝えすると、スキャルピングは禁止されていません。

 

スキャルピングは取引の基準が明確に決まっていない取引手法です。

あいまいなトレード手法だから、各社とも明快な基準が公開されていないんですよね。

そこで、スキャルピング取引ができる9社に問い合わせをしてみました。

 

調査により、各社の姿勢は「公認」「禁止」「条件付き公認」の3パターンに分かれていることが明らかになりました。

 

この記事を読むと、どういった条件下で各FX会社がスキャルピングを認めているのかが明確になります。

 

スキャルピングが禁止と聞いてびっくりした方もいると思いますが、この記事を読めば安心してスキャルピングが始められますよ!

 

 

 

この記事でわかること
・スキャルピングは禁止されていない
・FX会社に聞いて辿り着いたスキャルピング禁止の3つの真相
・電凸の結果とスキャルピング禁止条件一覧
・スキャルピング公認のオススメFX会社3選
・FX会社の規約に抵触すると口座凍結は本当か

 

 

【大前提】スキャルピングは禁止されていない!
スキャルピングがOKのFX会社を紹介
国内主要FX会社9社に確認して分かった事実
電凸の結果とFX会社のスキャルピング禁止条件一覧
スキャルピング公認のオススメFX会社3選
禁止じゃないのに「スキャルピング禁止」と言われるのはなぜ?
取引サーバーに負荷がかかる
FX会社の決済処理が追いつかない
【勝率アップ】スキャルピングを始める時のコツ
スキャルピング公認のFX会社を使う
スプレッドが安い
分析ツールが充実している
FX会社の規約に抵触すると口座凍結って本当?
【問い合わせた結果】口座凍結の基準は非公開
口座凍結された場合の対処法
まとめ

【大前提】スキャルピングは禁止されていない!

【大前提】スキャルピングは禁止されていない!

FX会社は明確にスキャルピングを禁止していません

 

  • 何分以内のトレードがスキャルピングか
  • 10分で何回トレードすればスキャルピングか

 

そもそもスキャルピングの明確な基準が決まっていないからです。

 

FX各社に問い合わせたところ、自動売買ツールでの短期売買は禁止されていますが、スキャルピングは禁止されていませんでした。

 

スキャルピングがOKのFX会社を紹介

スキャルピングの真相を電凸してみた

スキャルピングは禁止されていませんが、スキャルピング自体に明確な基準もありません。

 

そこで、国内主要FX会社9社に電話(一部メール)で次の3つの内容を質問しました。

 

・明確な禁止行為はあるのか
・秒単位のスキャルピングは可能か
・経済指標発表時のスキャルピングは可能か

 

やっぱり、はっきりしないことは、直接FX会社に確認するのが一番近道だね

 

 

国内主要FX会社9社に確認して分かった事実

国内主要FX会社9社に確認すると次の事実が分かりました。

 

  • 自動売買を利用した短期システムトレードは全業者禁止
  • スキャルピングはしても良いが、FX会社によっては秒単位のスキャルピングを禁止している
  • 経済指標発表時などレートが変動しやすい時間帯は、スキャルピングを禁止しているFX会社がある

 

スキャルピングを禁止していなくても、会社によって一部制限している条件がある。
明確な情報が開示されていないから、スキャルピングをするFX会社を吟味しなければいけないぞ!

 

 

電凸の結果とFX会社のスキャルピング禁止条件一覧

確認した国内主要FX会社9社の返答を一覧にまとめました。

 

秒単位と指標発表時のスキャルピングについては、「◎:制限なし」「◯:制限がかかる恐れ」「△:制限あり」「×:不可能」と評価しています。

 

FX会社 スキャルピング
秒単位制限
指標発表時の
制限
米ドル/円
スプレッド
(銭)
最低取引単価
SBI FXトレード 0.18 1通貨
松井証券 0.2~1.6 1通貨
ヒロセ通商 byGMO 0.2~0.9 1,000通貨
FXプライム byGMO 0.2~0.9 1,000通貨
GMO外貨 0.2
(原則固定)
1,000通貨
GMOクリック証券 0.2
(原則固定)
1,000通貨
DMM FX 0.2 10,000通貨
外為どっとコム 0.2
原則固定
(例外あり)
1,000通貨
みんなのFX 0.2 1,000通貨

*深夜の取引やロット数が大きい場合などは、スプレッドが原則固定外となるケースあり
*SBI FXトレードのスプレッドは、1~1,000,000通貨の取引をした場合の基準値
*GMOクリック証券は原則固定(例外あり)。キャンペーンスプレッドを含む。詳細は公式HPをご確認ください。
対円通貨ペアの単位は銭、対円以外通貨の単位はpips。
*GMOクリック証券のスプレッドは原則固定(例外あり)。キャンペーンスプレッドを含む。詳細は公式HPをご確認ください。
GMOクリック証券の南アフリカランド/円とメキシコペソ/円の取引単位はは10,000通貨単位

 

①秒単位でのスキャルピングを繰り返すのもOK

②経済指標時を狙った秒単位のスキャルピングも問題ない

満点の回答をしてくれた会社が4社なんだね。

 

【スキャピング公認FX会社】
SBI FXトレード
松井証券
ヒロセ通商
JFX

 

上記以外の会社は、含みを持たせた解答であったり、状況によっては制限がかかるとのことでした。

 

スキャルピングで利益を狙うなら、スキャルピング公認だけでなくコストや分析ツールも重要よ。
おすすめのFX会社は、この後紹介する3社を参考にしてね。

 

 

スキャルピング公認のオススメFX会社3選

ここでは、「スプレッドの狭さ」「少額トレードから始められる」「トレードツールの性能」の観点から、3社に絞って紹介していきます。

 

顧客満足度 第1位! 取引コストが安い「SBI FXトレード」

 
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.18銭※ 0.48銭※ 0.88銭※
取引単位 スワップ キャッシュバック
1通貨 1,005,000円

※注文量1~100万通貨までのスプレッド
 

1通貨(ドル円なら5円)からFXの取引が可能
・全通貨においてスプレッドが安く、取引コストが安い
・1000通貨までの取引は通常のスプレッドよりさらに安い

 

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1通貨(ドル/円なら5円)から取引が可能!

 

高機能チャートと為替情報が充実しているうえにスプレッドが安く、短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社と言える。

 

オリコンランキングで「顧客満足度 第1位」になるなど、人気の高いFX会社だ。

 

 

 

100円からできるFX「松井証券」

松井証券
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.1銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1通貨
マイナススワップが大きい
最大100万円

スプレッドは原則固定(※例外あり)
 

1通貨(ドル円なら5円)からFXの取引が可能
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者向けセミナー動画が充実

 

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1通貨(ドル/円なら5円)から取引が可能!

 

レバレッジ1倍なら100円、25倍なら5円という少額で取引ができるのが最大の特徴よ。

 

少額から取引ができるので大損するリスクが無く、初心者でも安心して取引ができるわ。

 

 

 

スプレッドが安く低コスト!分析ツールがすご過ぎる「ヒロセ通商」

ヒロセ通商

 

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.4銭 0.9銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
1,002,000円

 

最安水準のスプレッド!デイトレに最適!
・1000通貨(ドル円なら5千円)からFXの取引が可能
・高機能チャートと分析ツールが便利過ぎる

 

スプレッドが安い上に、FXのプロがうなるほどの高機能分析ツールが有名!

 

他のトレーダーのポジションや注文状況が見れるので、相場の節目や反転しそうなレートが予測しやすくなるよ

 

トレンドラインを自動で引いてくれる「LIONチャートPlus+」や相場の未来を予想してくれる「さきよみチャート」、売買のタイミングと方向性を表示してくれる「シグナルパネル」など、トレードに役立つツールが便利だよ。

 

 

 

禁止じゃないのに「スキャルピング禁止」と言われるのはなぜ?

禁止じゃないのに「スキャルピング禁止」と言われるのはなぜ?

スキャルピングとは、非常に短い時間での高頻度取引を指し、小さい利益を積み重ねるトレード手法です。

 

このトレード手法がなぜ禁止されるのか、その理由には主に二つの側面があります。

 

①スキャルピングがサーバーに与える負荷が大きい
②FX会社の決済処理速度に影響する

 

取引サーバーに負荷がかかる

短時間に大量の取引をするスキャルピングは取引サーバーに負荷がかかります。

 

取引サーバーに負荷がかかるとシステムの遅延や取引停止など、正常なトレードができません。

 

特に経済指標発表時は多くの取引が集中するため、スキャルピングでサーバー負荷が高まることを嫌うFX会社もあります。

 

大事なタイミングでパパっと取引できなくなるのは致命的だね

 

取引サーバーの負荷が原因で正常なトレードができないと、他のトレーダーにも影響してFX会社の信用問題になるな。

 

 

FX会社の決済処理が追いつかない

スキャルピングによる取引数の急激な増加は、FX会社の決済処理が追いつかない可能性があります。

 

決済処理が追いつかないと、狙った価格で処理されないスリッページが起こってしまいます。

 

トレーダーが狙った価格で決済処理されないと、スキャルピングは成り立ちません。

 

スキャルピングを始めるときは公認に加えて、取引のしやすさも考慮してFX会社を選びましょう。

 

【勝率アップ】スキャルピングを始める時のコツ

【勝率アップ】スキャルピングを始める時のコツ

スキャルピングするなら、勝って利益を狙いたいですよね。

 

勝率アップのためには、スキャルピングを始める前の準備が重要です。

 

コストや分析ツールなど、スキャルピングを始める時のコツを紹介します。

 

 

 

スキャルピング公認のFX会社を使う

まず大前提ですが、スキャルピング公認のFX会社を使いましょう。


スキャルピングは取引頻度が高く、短時間で利益追求が目的です。


スキャルピング公認のFX会社を使えば、市場が大きく変動した際にも素早い取引ができ、利益が狙えます。

 

公認していないFX会社でスキャルピングをすると、最悪口座が凍結されるリスクがあるわ。

不安要素がない、スキャルピング公認のFX会社を使いましょう。

 

 

スプレッドが安い

スプレッドが安いFX会社を選びましょう。

 

スキャルピングでは少額の価格変動を利用して利益を出すため、取引にかかるコストが非常に重要です。

 

20日間 毎日50回のトレードでかかるコスト差(1万通貨/1回)
スプレッド 0.2銭 1.0銭
取引コスト 3万円 15万円
コスト差 12万円

 

スプレッドがたった0.8銭違うだけで、1か月で12万円も違うのか!

 

スキャルピングは取引回数が多いから、わずかなスプレッドの差でもコスト差は大きくなるぞ。

スプレッドが安いFX会社を選べば、取引の都度負担するコストを抑え、効率的に利益を上げられますよ。

 

 

分析ツールが充実している

分析ツールが充実しているFX会社を選びましょう。

 

短期間の価格変動を正確に捉えるためには、高性能な分析ツールが必要です。

 

豊富なインジケーターで操作性のよいテクニカル分析が一瞬の判断に差をつけます。

 

デモトレードで分析ツールの使い勝手が良いFX会社を選べば、本番トレードでも安心して使えるぞ!
分析ツールが充実したスキャルピング公認のFX会社を選びましょう。

 

 

 

FX会社の規約に抵触すると口座凍結って本当?

口座凍結の真相

 

スキャルピングは禁止されていなくても、FX会社の規約に抵触するような取引をすると口座凍結されてしまうのでしょうか?

 

実際に問い合わせて確認しました!

 

 

【問い合わせた結果】口座凍結の基準は非公開

口座凍結の基準があるのか問い合わせた結果、具体的な基準は「非公開」との回答でした。

 

FX会社によって、事前に注意してくれるところもあれば、突然、口座凍結する会社もあるとのことです。

 

いきなり口座凍結なんて恐ろしすぎる。
やっぱりスキャルピングやるなら公認の会社を使った方がいいわね。

 

 

口座凍結された場合の対処法

この記事を読んで口座を凍結される方もいないとは思いますが、最後に口座を凍結された場合の対処法について触れておきます。

 

口座凍結されると、取引はできなくなりますが資金の引き出しは可能です。

 

新規取引はできなくなってしまいますが、ログインは可能なので、落ち着いて口座の資金を出金するようにしましょう。

 

口座凍結は解除されないので、出金できたなら別の口座に資金を移すと再度トレードは可能になりますよ。

 

 

まとめ

ここまで「スキャルピング禁止」が噂れる背景や理由、さらには電話調査の結果を解説してきました。

 

スキャルピング自体に明確な基準がないため、公認のFX会社を利用すれば口座凍結のリスク軽減になります。

 

最後にもう一度、本記事での重要なポイントを確認しましょう。

 

・自動売買システムなどのシステムトレードは全会社禁止
・スキャルピングは禁止していないが、秒単位のスキャルピングを禁止しているところがある
・スキャルピングは禁止していないが、経済指標発表時などレートが変動しやすい時間帯は禁止にしているところがある
・「SBI FXトレード」「松井証券」「ヒロセ通商」を選べばスキャルピングは全面的に利用可能

 

「スキャルピング取引は禁止にしたくない、でも会社の取引システムに負荷やリスクが及ぶ取引は禁止したい」というのが、FX会社の本音でしょう。

 

会社のシステム環境によって、負荷やリスクだと考えるレベルがマチマチであるため、スキャルピングへの許容姿勢が各社異なっている様ですね。

 

いずれにしても、スキャルピングをする際は、公認会社を使って安心安全に取引しましょう!

 

 

参考元