なぜ、大統領選の年は「米国不動産購入のチャンス」なのか?

11月に迫った米国大統領選挙。オープンハウスは、大統領選挙がある、この2020年こそ不動産購入のチャンスだという見解を示していますが、一体なぜなのでしょうか。「※「不動産投資ガイドBOOK」を無料プレゼント中!詳しくはコチラ

[PR]「優良物件を安く買う⁉」
【オープンハウスの不動産投資】詳しくはこちら>>>>

11月に迫るアメリカ大統領選、その動向は?

今年11月に迫ったアメリカ大統領選挙。現職である共和党のトランプ大統領と民主党候補ジョー・バイデン氏の一騎打ちとなる構図がほぼ固まっています。

 

大統領選を左右する大きな鍵となるのが新型コロナウイルスへの対応。トランプ大統領は当初、経済活動優先の方針を示し、自身も公共の場でマスクやフェイスカバーを着用しないなど、その対応には賛否が寄せられました。共和党寄りの州ではマスク着用を義務化していない州も多く、その背景にはトランプ大統領の姿勢が影響していると見る向きもあります。対してバイデン氏は、あくまで新型コロナウイルス拡大防止への慎重な対応を重視し、経済活動の再開にも慎重派です。

 

またミネアポリスで起きた警官による黒人暴行死事件、そこから派生する一連の抗議デモ活動も大統領選に大きな影響を及ぼすと見られます。多様性を重視する向きもあり、民主党の副大統領候補には女性や非白人が多く名を連ねています。また移民を制限し自国民の雇用を重視するトランプ大統領に対して、バイデン氏は移民政策にも寛容な姿勢を示しています。

 

さまざまな点で対照的な2人の候補者ですが、バイデン氏を有力候補とみなすメディアも出てきており、今後の動向が注目されます。

大統領選の年は米国不動産の販売数が落ち込む傾向あり

選挙の動向はもちろんですが、アメリカ不動産市場の動向にも注目が寄せられています。大統領選は、現地の不動産市場に影響を及ぼすというデータがあるからです。

 

住宅アナリストで不動産鑑定企業ミラー・サミュエルのCEOであるジョナサン・ミラー氏が自身のTwitterで紹介(※1)した記事(※2)によると、大統領選が実施される年は不動産の販売数が例年よりも落ち込む傾向があるといいます。記事によると、大統領選がある年の不動産の売上高は、選挙が近づくにつれて落ち込んでいます。もっとも落ち込む9月では、選挙がない年の同時期と比較してマイナス12.7%ダウン。しかし、大統領選が終わる11月以降は一気に回復しています。

 

単純な販売数だけを見ても、同じような傾向が見て取れます。基本的に大統領選がある年の不動産契約件数は、選挙がない年を毎月上回っているのですが、選挙が近い6月から10月においてのみ、選挙のない年を下回っているというのです。こちらも選挙が終わった11月以降には回復し、契約件数は再び選挙がない年を上回るようになります。

東証一部に上場しているオープンハウスでは、自社グループが一環となり、物件の見極め、融資・購入から管理まで、オープンハウスにしかできないワンストップサービスをご提供いたします。

オープンハウス主催!アメリカ不動産投資セミナーはこちら

著者紹介

連載「勝つ」ために知っておくべき「アメリカ不動産投資」の基礎知識

※本記事は、富裕層のためのウェブマガジン「賢者の投資術」(Powerd by OPEN HOUSE)にて公開されたコラムを、GGO編集部にて再編集したものです。

(※1)ジョナサン・ミラー氏のツイート

(※2) The Real deal “This is how presidential elections really affect home sales”

(※3) Mashvisor“How 2020 Election Will Affect US Housing Market”

(※4) Market Watch “The Chinese purchase more U.S. residential real estate than buyers from any other foreign country, but Trump’s trade war may change that”