相場より1.3倍の家賃でも「ミュージション」が人気なワケ

音楽を愛する人たちのために作られた、24時間楽器演奏可能マンション「ミュージション」は、相場より3割高い賃料でありながら、高い稼働率を保ち続けています。本連載では、書籍『新版 24時間楽器演奏可能マンション「ミュージション」が起こす満室賃貸革命』より一部を抜粋し、賃貸経営を成功に導く満室経営術について解説します。

首都圏の音楽系学校の募集人数だけで毎年9000人以上

音楽に特化したマンションの話をすると、必ず聞かれることがあります。それは、「音楽を好きな人がいるのは分かるけど、本当にそんなにたくさんの需要があるの?」ということです。

 

確かに、自分自身が音楽とあまりかかわらずに毎日を過ごしている方ですと、世の中の多くの人も同じように暮らしていると感じられるでしょう。

 

[PR]9月28日(土)幻冬舎会場でセミナー開催
「高賃料×空室ゼロ」を続ける!
24時間楽器演奏可能・防音マンション「ミュージション」の知られざる魅力

 

しかし、実際には日々、歌や楽器に触れ、生活したいと願う人が多くいます。その証拠に、音楽大学や音楽専門学校の募集人数は、首都圏だけでも毎年9000人以上にのぼります。日本全国なら、その数はさらに増えます。もちろん、これはあくまで募集人数ですから、この数字がそのまま卒業人数になるわけではありません。しかし、毎年かなり多くの学生が音楽を専門的に学び、社会に巣立っていくのだということは、お分かりになると思います。

 

出所:『音楽大学・学校案内 短大・高校・専修2011年度版』(音楽之友社編)
[図表]首都圏の主な音楽学校・学部と募集人数
出所:『音楽大学・学校案内 短大・高校・専修2011年度版』(音楽之友社編)

 

さらに、音楽学校ではなくても、軽音楽部や合唱部、ブラスバンド部に所属したり、あるいは友人たちとバンドを組んで音楽を趣味とする学生はたくさんいます。学生時代を音楽漬けで過ごした彼らが、卒業したとたんに、音楽と無関係の生活を始めるとは、到底思えません。

 

仮に、1年間に1万人の卒業生がいるとすれば、10年間で10万人です。そうやって実際に街を見渡してみると、通勤電車の中でヘッドフォンをつけ音楽を聴いている人や、ギターなどの楽器を背負って歩く人々の数が、意外と多いことに気づくはずです。ちなみに、書籍『新版 24時間楽器演奏可能マンション「ミュージション」が起こす満室賃貸革命』の第1章で大学の学生不足の話をしましたが、ほとんどの音楽大学や芸術系大学の倍率は、人口減少時代でも、依然として1倍を超えています。

 

少し古いデータですが、「07年度私立大学短期大学等入学志願動向」によると、私立大学の約40%、短期大学の約50%で定員割れを起こしています。そんな状況にもかかわらず音楽系大学の人気が衰えないのは、音楽で生きることを目指す若者が一定数以上、確実に存在するからでしょう。

 

◆大人になって楽器を始める人が増えている

 

それに加え、近年は音楽を日常に取り入れたいと考える層が、音大の学生や卒業生以外にも広がっています。

 

2010年3月7日の日本経済新聞に、1994年度末からの15年間で、ヤマハ音楽教室の生徒数全体に占める大人の比率が8%から22%へ急伸したという記事が出ていました(生徒数は全体で50万人、大人はそのうちの10万人)。その中には楽譜を読めないような初心者も多く含まれているそうです。

 

ミュージションの入居者の中にも、これまで音楽をきちんと学んだことはないけれど、音楽が生きがいという方もいらっしゃいます。例えば、大学時代に友達に誘われてピアノサークルに入って以来、ピアノの楽しさに夢中になり、月1万円でレンタルのグランドピアノを借りて毎日弾いているという方が、ミュージション川越にお住まいなのですが、この方のピアノ熱はかなりのものです。

 

彼のような「隠れた音楽家」が、日本には数多く存在しているのです。

スタジオ代にかかるコストをミュージションの家賃に

ミュージションは、空室が出ても比較的短期間で次の入居者が決まります。そこには、防音マンションが少ないこと以外に、もう一つ大きな要因があります。それは、相場の1.3倍のミュージションの家賃を「安い」と感じる人が意外に多いということです。

 

この意味を説明しましょう。実は、普通のマンションに住んでいる音楽好きの人たちは、楽器の演奏に厳しい制約があり、他人の目もあるため、スタジオまで足を運び練習しているケースが一般的です。

 

そのスタジオ代は、古くて小さなところなら1時間1000円くらい、オシャレできれいなところなら1時間3000円くらいします。さらに、通うとなれば交通費だってかかります。その人たちがライブ前やコンサート前に集中的に練習するために、例えば、1カ月の間、週に3回、1回3時間ずつスタジオを借りるといくらになると思いますか?

 

1時間の利用料を1500円とすると、3時間で4500円、週に3回で1万3500円、1カ月なら5万4000円です。家賃のほかに5万4000円ですから、大きな出費であることは間違いありません。

 

実際に、バンド活動をしている入居者の方から「スタジオ代が節約できて得をした」という声を聞くこともあります。このような人から見たら、通常8万円の部屋が、10万~11万円にアップする程度のミュージションの家賃は、決して高くはないのです。しかも、事前に電話で予約を入れて、重い楽器をかついで電車に乗り、スタジオまで出向くような手間も不要になるのですから!

 

 

私自身も学生時代、スタジオ代を払ってバンドの練習をしていたので、スタジオ代を支払うより、少し高くてもミュージションに住むほうがいいと考える層が存在することを知っていました。余談ですが、今でもギターをかついだ入居者を見ると、つい応援したくなってしまいます。

 

◆個人用防音室の価格は250万円

 

もう少し年齢が上の音楽好きの人たちの中には、賃貸マンションを出て分譲マンションを購入し、部屋の一つを防音構造にしようと考える人もいます。そういう方から、「マンションの1室だけ防音室にできますか?」と質問を受けることがあります。しかし、普通のマンションをあとから防音仕様にするためには、残念ながら膨大な費用が必要です。

 

[PR]9月28日(土)幻冬舎会場でセミナー開催
「高賃料×空室ゼロ」を続ける!
24時間楽器演奏可能・防音マンション「ミュージション」の知られざる魅力

 

苦肉の策として、既製品の防音室を購入し、その中で練習するという方法もないわけではありません。個人用の防音室は、大手楽器メーカーが販売しているものが有名で、プロのバイオリニストなどにも利用者は多いようです。しかし、大きさにもよりますが、価格が250万円程度と高額なため、使える人は限られてしまうという難点があります(※)。

 

現在の日本では、周囲に気兼ねすることなく楽器を演奏することは、それほどハードルの高いことなのです。しかし、だからこそミュージションの価値があります。スタジオ代を支払っている人と同様、分譲マンションを買おうか、防音室を買おうかと考えている人たちにとっても、ミュージションの家賃は魅力的に映るはずです。

 

※250万円はC5サイズのグランドピアノが入る個人用防音室の市場相場です。

 

 

鈴木 雄二

株式会社リブラン 代表取締役

 

株式会社リブラン 代表取締役

1967年、東京生まれ。株式会社大京にて分譲マンション事業用地の仕入を担当。その後、1992年、株式会社リブランへ入社し、2002年、同社代表取締役に就任する。マーケットシェアを奪い合う分譲マンション業界で、同業他社とは同じ土俵で勝負しない経営スタイルを堅持。24時間、音楽漬けを可能とするマンション「ミュージション」の分譲、賃貸事業を行い、新たなマーケットの創造を行う。

著者紹介

連載24時間楽器演奏可能マンション「ミュージション」で実現する満室経営術

本連載は、2018年12月12日刊行の書籍『新版 24時間楽器演奏可能マンション「ミュージション」が起こす満室賃貸革命』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

新版 24時間楽器演奏可能マンション「ミュージション」が起こす満室賃貸革命

新版 24時間楽器演奏可能マンション「ミュージション」が起こす満室賃貸革命

鈴木 雄二

幻冬舎メディアコンサルティング

不利な立地も関係なし、しかも相場より3割高い賃料で長く満室経営を実現する。 その秘密は音楽にあった。 人口減少、供給過剰の賃貸マーケットで勝ち続ける新常識を教えます。 新しさにしか建物の価値を見出せない市場を…