不動産投資におけるコンドミニアムの意味について解説します。

コンドミニアムとは

コンドミニアムとは、長期滞在する人をターゲットにした宿泊施設です。リビングやキッチンなど、日常生活を送るのに適した設備が整っており、グループでの滞在にも向いています。コンドミニアムと似たタイプの宿泊施設としては、ウィークリーマンションが挙げられます。両者の違いとしては、ウィークリーマンションはビジネスでの滞在が多いのに対して、コンドミニアムは主に休暇としての滞在で利用されています。

 

コンドミニアムは、リゾート地で人気の滞在スタイルで、ハワイのワイキキにはコンドミニアムタイプの宿泊施設が数多くあります。コンドミニアムタイプの宿泊施設は、国内でも沖縄を中心に徐々に広がりを見せており、海沿いのリゾート地を中心に、温泉地や観光地などで増加傾向にあります。

コンドミニアムを所有するメリットは?

コンドミニアムを所有するメリットは、賃貸収入が得られる点にあります。年間を通して多くの観光客が訪れるエリアでは、長期滞在者も珍しくありません。そういった人たちの中には、ホテルで非日常のサービスを受けるだけでなく、リゾート地に溶け込んだ生活を望む人もいます。

 

このような富裕層をターゲットに、コンドミニアムを貸し出すことで、賃貸収入を得るのです。コンドミニアムに滞在する人は、1カ月といった長いスパンで宿泊するため、安定した収益が見込める点も魅力でしょう。さらに、コンドミニアムは自分自身の別荘としても活用できます。必要なときは別荘として利用し、普段は賃貸収入を得ることで、効率の良い資産運用が可能です。

 

また、複数のオーナーによって所有されるコンドミニアムの管理は、専門の業者に委託されることがほとんどです。手間をかけず不動産を所有したいと思っている人には、最適な投資といえるでしょう。

コンドミニアムの注意点

コンドミニアムタイプの宿泊施設は、ビジネスモデルとしても成功実績が多く、不動産投資の対象としても注目されています。新築はもちろん、立地が良く設備も充実していれば、中古物件でも十分な収益が期待できるでしょう。

 

ただし、いくつか注意点もあります。1つ目は、物件の維持費です。長期に渡り物件を所有する場合は、日々の管理費の他に、修繕費も必要となります。共有部分の修繕は管理会社によって行われますが、内装については、個人の負担となるケースがほとんどです。

 

また、コンドミニアムを所有していても、管理会社の方針で、自分で利用できない時期が設定されている場合もあります。事前に契約内容を確認し、長期的な視点で検討することが大切です。

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ