家庭の太陽光「19年問題」漁夫の利銘柄は・・・

 

家庭の太陽光「19年問題」 日本経済新聞 1面 5月6日朝刊

 

日は新聞休刊日なので、5月6日朝刊からの半歩先読みです。家庭の太陽光発電が2019年、試練を迎えるとの記事に注目です。電気を高く買ってもらえる10年間の期限が切れ始め、23年までに160万世帯が発電する電力が買い手を失う可能性があるそうです。これで、今後商機があるのは、、電力を貯める蓄電池の企業です。蓄電池では、パナソニックや京セラ、NECなどが製造していますが、大企業なので中小型のニチコン (6996)や、因幡電機産業 (9934)のほうが、株価に影響しそうです。

 

ニチコン (6996)1,237円
家庭用蓄電システムの累積生産台数、世界No.1だそうです。

 

因幡電機産業 (9934)4,825円
G-LiFe セーブを販売しています。

 

 

★今日のポイント★

 

GW明けです。GW中も世界で様々なことがありましたが、、ビックリするような悪材料はなく、無事通過しました。しばらく上昇相場が続きそうです。

 

5/2日経平均予想EPS 1,716.8円 +3.9円

5/7 26勝27敗0分 勝率48.15%

 

 前営業日の半歩先読み 


スルガ銀 返済減免へ 最後の悪材料かな?

 

スルガ銀行 (8358)1,474円
始値1,480高値1,490安値1,447終値1,474前日比-14出来高3,025,000出来高出来
高△:小動きでした。

 

 

 本日の注目銘柄 

 

前営業日の全市場の新高値・安値、最高値・安値、値上がり・値下がり上位から、藤本が注目の銘柄をご紹介します。

 

 

全市場 新52週間高値70、新52週間安値18

 

ALBERT (3906)2,833円
新高値更新 一気に上抜けてきました。

財産ネット株式会社 企業調査部長

「相場の福の神」と呼ばれるマーケットアナリスト。
年間200社を超える上場企業経営者とのミーティングを行い、個人投資家に真の成長企業を紹介している。「まいど!」のあいさつ、独特の明るい語り口で人気。日興證券、マネックス証券、カブドットコム証券、SBI証券などを経て、現在は、財産ネット株式会社の企業調査部長。
ラジオNIKKEIで3本の看板番組を持ち、その他テレビ出演、新聞・雑誌への寄稿も多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジストAll About株式ガイド。
著書:『難しいことは嫌いでズボラでも 株で儲け続けるたった1つの方法』(SBクリエイティブ)など

著者紹介

連載相場の福の神が語る!ニュースを半歩先読みマル秘術

本連載は、藤本誠之氏のブログ『相場の福の神ブログ』から転載したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
ブログはこちらから⇒http://soubanofukunokami.hatenablog.com/

掲載している情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧