[連載]栄養療法の実践現場から考える「新しい医療」の可能性


本連載の著者紹介

医療法人全人会 小西統合医療内科 院長 総合内科専門医
医学博士

天理よろづ相談所病院・京都大学消化器内科などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科医として約20年病院勤務。現在は、小西統合医療内科院長として、ヒーリングやカウンセリングを含めた統合医療の立場から診療に携わっている。

【小西統合医療内科HP:https://www.konishi-clinic.com/

著者紹介

株式会社ヘルシーパス 代表取締役社長 日本抗加齢医学会 会員

1965年生まれ。富山県出身。1988年東京大学工学部産業機械工学科卒業。同年、株式会社リクルートに入社。通信事業を中心に経営戦略、新規事業立案、マーケティング戦略立案、営業活動に従事。

1988年「日本老化制御研究所」を擁する日研フード株式会社に入社。取締役経営企画室長、サプリメントの製造子会社の代表取締役社長として活動。

2006年「医療従事者が自信をもって使えるサプリメントを提供してほしい」という医師、薬剤師からの要請に応え、医療機関専用サプリメントの専門メーカー、株式会社ヘルシーパスを設立。栄養療法に取り組む医師、⻭科医師へのサポート・情報提供に取り組んでいる。

【株式会社ヘルシーパスHP:https://www.healthy-pass.co.jp/

著者紹介

田中消化器科クリニック 理事長
日本抗加齢医学会 理事 

医学博士。1990年、静岡県静岡市に田中消化器科クリニックを開業。

胃腸の健康管理からアンチエイジングを見つめ、アンチエイジングドッグ、抗加齢医療に積極的に取り組む。

2001年、日本抗加齢研究会に発足時から参加し、2015年、日本抗加齢医学会 理事に就任。

【田中消化器内科クリニックHP:https://www.tanaka-cl.or.jp/

著者紹介

宮澤医院 医師、医学博士
臨床分子栄養医学研究会 代表

問診事項と多くの血液、尿、唾液検査などにより疾患の原因を追究し、その原因に対する根本治療を行っている。

2001年から栄養療法を開始。ライナスポーリング博士の提唱する分子整合栄養医学を医療に取り入れた観点からの医療を展開。がんから糖尿病、リウマチ、精神疾患まで扱う範囲は幅広く、20000人以上に対して栄養療法の診療、データ解析、監修を行ってきた。

平成7年 東京医科大学医学部卒
平成12年 栄養療法を開始
平成19年 NPO法人高濃度ビタミンC点滴療法学会 設立
平成24年 分子栄養学実践講座 主宰
平成26年 医科歯科連携診療普及協会 理事長
平成27年 臨床分子栄養学研究会 理事長

【主な著書】
『医者が教える あなたのサプリが効かない理由』(イースト・プレス)

【臨床分子栄養医学研究会HP:https://orthomolecularmedicine.tokyo/

著者紹介

中島こうやクリニック 院長・理事長 医学博士

九州大学医学部卒業。第一内科、総合診療部において、ウイルス性肝炎、感染症、生活習慣病、消化器疾患の臨床と研究に従事。その後、救急医療、老人医療、病院経営に携わり、2002年に中島こうやクリニックを開院。

総合内科専門医、消化器病専門医。肝臓専門医、感染症専門医、日本抗加齢医学会専門医、NR・サプリメントアドバイザー。

【中島こうやクリニックHP:https://nkoya.jp/

著者紹介

浦田クリニック/医療法人ホスピィーGROUP 理事長 

金沢医科大学卒業。日本抗加齢医学会専門医、日本アロマテラピー学会認定医、日本温泉気候物理医学会温泉療法医、日本医師会認定産業医、日本医師会認定スポーツ医。クリニックでは内科(生活習慣病)の診療にあたる。

★国内初のメディカルフィットネス&スパ
【浦田クリニック/スコール金沢HP http://urataclinic-sqolk.jp/

著者紹介