【企業のHP制作の大問題】発注先の選択で結果に明暗…担当者が絶対に知っておくべきポイント

いまや企業が自社HPを持つのは当たり前のこととなりました。しかし、せっかくお金をかけて制作や運営を行っても、制作会社の選択を誤ると、狙った効果は得られません。企業のHP制作担当者は、どのような点に留意して発注先を選定するべきでしょうか。株式会社コウズ代表取締役の浜野耕一氏がプロの目線で解説します。

ホームページ新設・リニューアルの基本的なフロー

近年、インターネット環境の変化は激しく、それに伴い一般的にホームページは3年~5年でリニューアルされます。ホームページをリニューアルするタイミングにある企業は、経営課題を解決できるホームページ作りを目指してほしいと思います。

 

成果の上がるホームページ作りには、制作のプロが不可欠です。しかし制作のプロに欠けているものがあります。それは未来の顧客となるホームページを利用する人の視点です。顧客になってほしい人がどういう人で、どんな情報を求めているのか、それは制作会社よりもホームページ制作を依頼する企業側の方が知っています。この視点を持って制作プロセスに関わっていくことが求められます。

 

以下の図は私の会社でホームページを制作するフローです。

 

[図表]制作フローのイメージ図

 

他社にはない特徴は、マーケティングを取り入れているところです。フローでいうと「市場調査・分析」にあたります。具体的には既存のホームページのアクセス解析を行って、どのページが見られていて、どのページが見られていないかを分析します。また競合他社のホームページを分析し、その企業が打ち出すべき優位性を割り出します。その結果をふまえて成果の上がるページ構成を提案しています。提案内容が現状分析の裏付けのもとで提案されるため、企業の納得感も高まります。

 

企業が関わるプロセスが、図の赤い部分です。その中でも方向性を決める上で重要になるのが「提案」の部分です。提案では「サイトマップ」「ワイヤーフレーム」という設計図のようなものが制作会社から出てきます。サイトマップがホームページ全体のページ構成がわかるもの、ワイヤーフレームは、個々のページのイメージがわかるものになっています。

 

ここで企業側が確認するべきなのは、利用者にとって使いやすいかです。有益な情報にすぐにアクセスできて、スムーズに問い合わせページに遷移できるような導線になっているかを確認します。

 

次にチェックしてほしいのがトップページのワイヤーフレームです。ある企業では、採用活動に力を入れていたため、トップページの目立つ位置に採用活動のページに遷移するボタンを配置しました。利用者が求めている情報、利用者に見てもらいたい情報はトップページからできるだけ少ないステップでたどり着く必要があります。

 

サイトマップとワイヤーフレームが承認されると、実際のページデザインしたトップページが出てきます。この時に注意したいのが、デザインばかりに注意がいかないことです。もちろんデザインは企業イメージに直結するとても大切な要素です。しかし、ホームページが当初設定した目的を果たせるかが何よりも大切なことです。デザインでは成果が出ません。

 

株式会社コウズ 代表取締役

1974年大阪府生まれ。1994年に建築士の資格を取得し、設計事務所・大手ゼネコンなどを経て2000年に建築設計事務所を起業、大手ゼネコン時代の設計を引き継ぐ傍ら店舗デザインなどを手掛ける。

クライアントの依頼にこたえる形でホームページやグラフィックデザインの分野に参入。その経験からWeb戦略・マーケティングについて徹底的に追求し、2006年に株式会社コウズを設立。

Google Analyticsによるアクセス解析をレポート化するサービス「Groweb!」を開発・リリースして、2,000社を超える企業への導入を行い、SoftBankC&S社や帝国データバンク社などを通じてホームページ制作や戦略を全国の企業へ提供している。

2019年からビックデータやAI事業に着手、AIを使ったWeb戦略や運用サービスの提供を始めている。

Digital ONCHIがウェブからビジネスを革新する。をコンセプトに、ITリテラシーのない自身が手掛けることで、誰にでも分かりやすく、扱いやすく、そして「成果」が生まれるようにしたい。そんな思いを持って、日本中、世界中のDigital ONCHIのために、誰にでも開たウェブの世界に、KOUSからウェブのあり方を変えていく活動に取り組んでいる。

著者紹介

連載デジタルが苦手な経営者でもわかるホームページの強化書

※令和2年度第3次補正 事業再構築補助金により作成

TOPへ