アパート経営で重視したい「建物の裏手」の整備

前回は、アパート経営で将来メンテナンス等で悩まされない「高付加価値仕様」について説明しました。今回は、アパート経営における「建物の裏手」の整備の重要性を見ていきます。

建物の裏手は軽視しがちだが…

前回の続きです。

 

次に、建物の裏手や1階のベランダ周りに、防犯上の隙をつくってはいけない話をいたします。

 

一般的に、建物の表の顔には力を入れ、それなりにお金をかけますが、一歩裏手に回れば、なんの工夫もなく安く仕上がっている建物がほとんど。これは売り手の発想です。表の見た目を良くすれば売りやすくなるので、それなりにこだわるのですが、人目につかない裏手やベランダ周りにお金をかけても損するだけと、気にもかけません。

 

ですが、そこに隙ができ、空き巣被害などの事件が起こります。被害に遭った部屋の入居者は怖くなり退去します。噂を聞いた隣の住人も、次は自分の番と警戒し退去。結果的に、オーナー様が損をするのです。

アパート経営の成否の分かれ道は1階の入居率次第

アパート経営が、成功するか失敗するかの分かれ道は、1階の入居率次第。ということを、実はどの企業もわかっています。ですが、売ったあとのことなので、知らないふり。私は、そんな売り方をしたくありませんので、やはりコストアップを承知でここにもこだわっています。

 

①ハイポジションバルコニー

②防犯砂利

③バルコニー前ライト

④ペアガラス

⑤オートロック

⑥防犯シャッター

⑦境界ブロック2段積(あえて低くすることで死角を作らない)

 

以上の対策をとることによって、創業以来の10年間に、全支店で起こった空き巣事件は、わずか3件。そのうち実際の被害は1件のみ。残り2件は、侵入前に諦め未遂に終わっています。この数字は業界の方であれば、いかに低いかおわかりいただけるはず。

 

隙を作らないことで、堅実なアパート経営を実現させます。

本連載は、2016年11月30日刊行の書籍『新築アパート経営こそ副業の中の本業 成功の秘訣55』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。稀にその後の法律、税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載成功の秘訣を伝授!「堅実なアパート経営」の進め方

(株)アイケンジャパン 代表取締役

昭和40年、大分県生まれ。アパート経営歴18年、4 棟経営中。1985年賃貸会社に入社。仲介業の立場から業界の経験を積む。
1997年アパート販売会社に入社。建築企画のノウハウを蓄積する。経営者・オーナー・賃貸ショップ・管理会社それぞれの視点からアパート投資をみた結果、「堅実なアパート経営」こそ成功への近道だと確信。
2006 年に(株)アイケンホームを設立、2014 年に(株)アイケンジャパンに商号変更し現在に至るまで、変わらぬ姿勢で堅実なアパート経営を提案し続けている。
これまでに500 棟以上のアパートを販売。
創業以来、年間平均入居率99 %以上を維持しているアパートは、成功オーナーを輩出し続け、オーナーから厚い信頼を得ている。

著者紹介

新築アパート経営こそ 副業の中の本業 成功の秘訣55

新築アパート経営こそ 副業の中の本業 成功の秘訣55

中島 厚己

幻冬舎メディアコンサルティング

本書は、アパート経営で、「毎月安定した収入を得ながら資産形成ができる」というノウハウが満載。なぜ、そんなことが可能なのか?入居率99%のアパート経営を提案し続けて10年の実績を持つ著者が、入居者が入り続けるエリアを厳…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧