特集一覧

平成29年度「税制改正」のポイント

平成29年度「税制改正」のポイント

昨年12月8日に与党が発表した税制改正大綱によって、平成29年税制改正の内容が明らかになりました。本特集では、実務家スペシャリストの方々が改正のポイントをズバリ解説します。

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用。本特集では、幻冬舎ゴールドオンライン編集部による新刊『オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル』の刊行を記念し、一部の勝ち組社長だけが知っている、本物の「法人保険活用術」をご紹介する。

アメリカ不動産投資

アメリカ不動産投資

近年、富裕層の間で注目を集め、実践する人も増えている海外不動産投資。世界経済の先行きが不透明な中、資産防衛を第一に考える方々にとっては、アメリカの不動産がやはり有力な投資対象となっている。先進国でありながら増え続ける人口と、それがもたらす堅調な住宅需要。不動産の取引環境も世界トップクラスの透明性を持ち、中古マーケットが成熟しているため、売却という出口戦略も立てやすい。もちろん、すべてが米ドル建て――。本特集では、現地在住のスペシャリストたちが、米国不動産の最新事情と、実際の投資する際のポイントを詳しく紹介する。

賃貸経営「サブリース」の活用術

賃貸経営「サブリース」の活用術

賃貸不動産の経営において最大の悩みとなる「空室リスク」。その軽減策として重宝されるのが「サブリース」だ。一般的なサブリース契約では、管理会社がオーナーから物件を借り上げて第三者に転貸し、オーナーは毎月保証された家賃を受け取ることができる。だが、世の中には悪質なサブリース契約を提案してくる管理会社なども存在しており、利用にあたっては様々な留意点があることも事実だ。本特集では、この「サブリース」を的確に活用するためのポイントを、その道の専門家たちがご紹介する

資産防衛のための「信託」活用術

資産防衛のための「信託」活用術

運用商品として身近な投資信託をはじめ、すでに幅広い分野で利用されている「信託」だが、超高齢社会が本格的に到来する中、相続対策、事業承継、不動産を含む資産の管理など、企業オーナー・富裕層にとって悩ましい諸問題の解決策として、本格的に活用する機運が高まっている。本特集では、近年話題の「家族信託」の利用を含め、資産防衛の手段としての信託活用術を、その道の専門家たちがご紹介する。

ドクターの資産形成&防衛

ドクターの資産形成&防衛

富裕層・資産家の代表格として語られることの多い「ドクター」だが、いまや富めるドクターと、そうではないドクターの「二極化」が急速に進んでいる。これまでのように、ドクターであれば、そのまま富裕層・資産家になり、それが維持できるという時代ではないのだ。もちろん、ドクターの収入水準は依然として高く、今後も富裕層・資産家であり続けるための基礎的条件は備えている。それを生かすか否か――。本特集では、その道の専門家たちが、ドクターのための資産形成・防衛術をお届けする。

会社の高値売却

会社の高値売却

近年、事業承継の有力な選択肢となっているM&A(第三者承継)。従業員の雇用継続や社会・地域貢献としての事業存続など、金銭面以外の動機付けも確かに大きいが、引退するオーナー社長にとっては、やはり「どれだけ高値で売却できるか」が見逃せないポイントとなるだろう。会社の売却は「最初で最後の経験」というオーナー社長も多いはずだが、もちろん、失敗は許されない。本特集では、シビアな交渉となる「会社の高値売却」に向けたノウハウを、その道のプロたちが詳しく解説する。

親族内の事業承継

親族内の事業承継

オーナー社長にとって最後の仕事といえる事業承継。M&Aや従業員承継などを含めて承継方法は様々であるが、まずは子どもを中心とする親族内承継を検討するケースが一般的だろう。本特集では、この親族内承継に焦点を絞り、自社株対策から後継社長の育て方などスムーズな事業承継を実現するための知識とノウハウを、その道の専門家たちがお伝えする。

地主の相続対策

地主の相続対策

相続対策を難しくしている要因は多々あるが、その最たるものは不動産の存在だろう。いわゆる「地主」の場合、相続財産の大部分を不動産が占めるケースが多く、その評価や分割など、相続対策にあたっては解決すべき問題が山積みとなる。本特集では、経験豊富なスペシャリストたちが様々な「地主の相続対策」を紹介する。

不動産の「高値」売却術

不動産の「高値」売却術

2020年の東京オリンピック開催に向けた数年のうちに、価格的にはいったんピークを迎えるという声も多い国内不動産市場。ここに来て、ピーク到来の時期に関しては、2019年、いや2018年、いやいや2017年・・・というように、より早い時期を観測する向きも増えている。中には、現状すでに「不動産バブル」の状態であり、もはや崩壊しつつある段階、という見方も出てきている。本特集では、今後、飛躍的にニーズが高まるであろう「不動産の売却」にスポットをあて、より高値で売却するための考え方・具体的な方法・テクニックなどを、その道の専門家がお伝えする。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧