アパート入居者の満足度をアップさせる「高付加価値仕様」

前回は、アパートの入居率アップに繋がる「ニーズを網羅した設備」について説明しました。今回は、アパート入居者の満足度をアップさせる「高付加価値仕様」について見ていきます。

「仕様」にかけるお金をケチると…

前回の続きです

 

次に、建物編の最後、仕様についてお話しします。

 

仕様とはどういうことか、あまりピンとこないかもしれませんが、「住む人にとっては快適で便利か、オーナー様にとっては高付加価値仕様で、メンテナンス費用を軽減できるものかどうか」といえば、わかりやすいでしょうか。

 

これは、アパートを一見しただけではわかりにくいのが普通で、どうせわからないからと、企業側は、建物の正面からのデザイン性だけを良くし、仕様にあまりお金をかけません。かけても、売上アップの期待はできませんし、逆に利益を圧迫しかねないからです。

 

しかし、そのツケと言っては言いすぎでしょうか、住む人は不快な思いをし、不便を感じ、オーナー様には、メンテナンス費用がかさむ事態が待ち受けています。だとしたら、仕様は、無視できない重要項目であることがおわかり頂けると思います。

 

では、実際にはどの部分の仕様にこだわったほうが良いのでしょうか。

 

木造や軽量鉄骨造りのアパートは、音漏れに弱い面があります。そのため、壁1枚で隣の部屋とつながるような、いわゆる羊羹型のアパートは、入居者より「隣の話し声やテレビの音が聞こえます。うるさいので注意してください」と、クレームが入ります。また、1階の方は、「2階の足音がうるさいので、静かにするよう注意してください」と、やはり不快な思いをし、改善されなければ、最悪の場合「もう我慢できない」と、退去してしまいます。

 

空室になれば、結果オーナー様が、そのツケを払わされる羽目になるのです。

部屋同士の音漏れを防止する間取りとは?

そのような事態にならないよう、弊社では様々な取り組みをしています。まず、隣同士の部屋は、水回りや収納スペースで仕切るように間取りを工夫し、しかも全室角部屋になるよう配置し、音漏れを防止します。

 

[図表1]

 

上下階については、防音対策として、1階天井と2階床下の間に何重にも防音素材を重ね、震動が階下に伝わらないよう対策を取り、解決を図りました。

 

その効果に関しては、各支店の内覧会にて来場者の方々に実際にご体感いただき、高評価を頂いております。

 

[図表2]

本連載は、2016年11月30日刊行の書籍『新築アパート経営こそ副業の中の本業 成功の秘訣55』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。稀にその後の法律、税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載成功の秘訣を伝授!「堅実なアパート経営」の進め方

(株)アイケンジャパン 代表取締役

昭和40年、大分県生まれ。アパート経営歴18年、4 棟経営中。1985年賃貸会社に入社。仲介業の立場から業界の経験を積む。
1997年アパート販売会社に入社。建築企画のノウハウを蓄積する。経営者・オーナー・賃貸ショップ・管理会社それぞれの視点からアパート投資をみた結果、「堅実なアパート経営」こそ成功への近道だと確信。
2006 年に(株)アイケンホームを設立、2014 年に(株)アイケンジャパンに商号変更し現在に至るまで、変わらぬ姿勢で堅実なアパート経営を提案し続けている。
これまでに500 棟以上のアパートを販売。
創業以来、年間平均入居率99 %以上を維持しているアパートは、成功オーナーを輩出し続け、オーナーから厚い信頼を得ている。

著者紹介

新築アパート経営こそ 副業の中の本業 成功の秘訣55

新築アパート経営こそ 副業の中の本業 成功の秘訣55

中島 厚己

幻冬舎メディアコンサルティング

本書は、アパート経営で、「毎月安定した収入を得ながら資産形成ができる」というノウハウが満載。なぜ、そんなことが可能なのか?入居率99%のアパート経営を提案し続けて10年の実績を持つ著者が、入居者が入り続けるエリアを厳…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!