[連載]優れた建築技法と緻密な賃貸経営プランで実現する「持て余し物件」収益化計画

人生100年時代、老後不安を抱える人が増えています。老後資金はもちろん、相続にも懸念は多く、納税資金をはじめ、建て直し不可避な築古物件、利用しがたい土地など、二束三文での売却しか手がない不動産に頭を抱えている方は多いのです。しかし、最新の建築技術と賃貸運営ノウハウを活用すれば、少子高齢化が進展する現在の日本でも、逆転は可能です。優れた建築工法とオーナー様と入居者様の気持ちに沿った賃貸運営ノウハウを併せ持つ、パナソニック ホームズの榎本克彦氏が解説します。

本連載の著者紹介

パナソニック ホームズ株式会社 営業推進部 特建営業センター 所長

1985年、ナショナル住宅産業(現・パナソニック ホームズ)入社。

埼玉・鳥取・新潟・東京・千葉地区と、部門責任者を歴任。受賞歴多数。35年間にわたり、一貫して顧客の問題と向き合い、解決してきたことを何よりの強みとし、社内においては資産活用事業建築の第一人者との評価を得ている。

賃貸住宅や分譲住宅をはじめ、定期借地権分譲、複合施設、医療・介護施設、保育園、ホテル、多層階建築など、ほぼすべての分野の建造物の受注経験を持つ。

自らも複数の賃貸物件を保有し、賃貸運営の奥深さ、社会的意義とともに、オーナーとしての責任ややりがいも体感。その実体験をもとに行う親身なアドバイスにより、地主様・家主様から絶大な信頼を寄せられるほか、オーナー様・入居者様の立場に立った課題解決案・改善案の提案により、社内外から高い評価を得ている。

著者紹介