[連載]建築家とのコラボで実現~「ファーストクラス」の家づくりとは?

自分の思いを形に…誰もがあこがれる理想の家はどのように実現できるのでしょうか。重要なのは、「どこで建てるか」より「誰と建てるか」。本連載では、神奈川の注文住宅大手タツミプランニングと日本最大級の建築家ネットワークを作り上げたアーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)がコラボし、お客様・建築家・工務店(スタジオ)が三位一体となった究極の家づくりのとは何かを見ていきます。

本連載の著者紹介

株式会社タツミプランニング 営業本部ハウスラボ事業部次長
一級建築士
一級施工管理技士
一級土木施工管理技士

1978年生まれ。大手ハウスメーカーにて12年勤務の後、株式会社タツミプランニングへ入社。同社は創業以来『誰からも愛されるロングセラー企業』を目指し常にチャレンジと進化を続け、自社の設計による注文住宅だけでなく「建築家との家づくり」も多く手がけるなど、提案から引渡しまで"ファーストクラスのおもてなし"を心掛けている。

株式会社タツミプランニング http://www.tatsumi-planning.co.jp/

著者紹介

アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社(ASJ) ASJ事業本部 スタジオ担当
2級ファイナンシャルプランニング技能士

1975年生まれ。大学卒業後、大手ハウスメーカーにて4年勤務。2002年、アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社へ入社。全国で施主様とスタジオ(施工会社)と「建築家との家づくり」にチャレンジし、多くの家づくりに携わる。初めての住まいづくり(一次取得者)から二世帯住宅やセカンドハウス、土地活用、移住などをサポート。

著者紹介

有限会社Kaデザイン 代表取締役・一級建築士・インテリアコーディネーター

1966年宮城県生まれ。1986年国立宮城工業高等専門学校建築学科卒業。株式会社三菱製紙工務部、株式会社浅沼組東京本店設計部を経て、1996年ケンタロー・アーキテクツ設立。Kaテレデザインとして法人化した後、2005年Kaデザインへ名称変更。2001年国際家具コンペティションin大川入賞。建築の設計は、クライアントの方とのコラボレーションとして一緒に作り上げるという気持ちを大切にしている。

著者紹介