著者

  • 掛布 雅之

    プロ野球解説者・評論家
    1955年、千葉県出身。習志野高校卒業。73年、ドラフト6位で阪神タイガース入団。本塁打王3回、打点王1回、ベストナイン7回、ダイヤモンドグラブ賞6回、オールスターゲーム10年連続出場などの成績を残し、「ミスター・タイガース」(4代目)と呼ばれる。85年には不動の四番打者として球団初の日本一に貢献。88年に現役を引退。阪神タイガースGM付育成&打撃コーディネーター、二軍監督、オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザーを経て、2020年、HANSHIN LEGEND TELLERなどを歴任。

関連書籍

  • 常勝タイガースへの道 阪神の伝統と未来
    著者
    掛布 雅之
    出版社名
    PHP研究所
    発行年月
    2023年10月
    なぜ、阪神タイガースは強くなったのか! 近本光司、大山悠輔、佐藤輝明、森下翔太ら生え抜きのドラフト1位選手が躍動する阪神。 コーチ陣には今岡真訪、久保田智之ら2005年のセ・リーグ優勝メンバーが集結。 日本一となった1985年には「四代目ミスター・タイガース」としてチームを牽引した著者が、過去の打線を振り返るとともに、現在のチームの強さに迫る。 「ARE」をチームスローガンに、チームをリーグ優勝に導いた岡田彰布監督の手腕に迫る。 いま、阪神の「勝つ伝統」がつくられようとしている。

ピックアップワード