「リヴトラスト」が会社員投資家に圧倒的な支持を受ける理由 株式会社リヴトラスト代表取締役社長 杉本一也氏

人生の折り返し地点となる40代。老後に向け資産形成を本格化すべきタイミングですが、なかなか思うように進まず、ジレンマを抱える人も多いもの。そこで注目される資産形成法のひとつが不動産投資です。40代会社員が行う資産形成の有効な選択のひとつとして新築ワンルームマンション投資を推奨する株式会社リヴトラストは、日本マーケティングリサーチ機構による2020年7月期ブランドのイメージ調査において、「ビジネスマンがおすすめするマンション経営」「知人におすすめしたい不動産投資」「資産運用サポート満足度」の3部門で第1位に輝くなど、会社員投資家から圧倒的な支持を受けています。その理由とは? 同社代表取締役社長の杉本一也氏に伺いました。
*日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:2020年7月期_ブランドのイメージ調査

\\無料オンライン相談//
40代会社員のための「
新築ワンルームマンション投資相談会 詳細はコチラ>>>

会社員オーナーを支える「ワンストップサポート」

株式会社リヴトラスト代表取締役社長の杉本一也氏は「不動産投資の成功は、管理会社のサポートなしにはあり得ない」と指摘します。特に本業が忙しい会社員投資家は、入居者探しやその契約、トラブル対応など、細々とした業務に対応することはできません。信頼できるパートナーを見つけられてこそ、賃貸物件の経営が現実的になるのです。

 

「不動産投資を始めるにあたっては、物件購入で関わる会社、賃貸管理を委託する会社など、それぞれの専業会社と個別に話を進めていく必要があります。しかし弊社は自社で建てた物件を販売し、建物管理から賃貸管理までを、ワンストップで提供可能な環境を整えています。このためオーナーの方々は必要以上の出費を抑えられるだけでなく、連携の行き届いた高品質な管理サービスを受けていただけます」

 

売買や仲介を行う株式会社リヴトラストは、不動産開発を行う株式会社リヴや、賃貸管理を行う株式会社リヴシステムと連携して、オーナーをサポートしています。そもそもリヴグループは、どのような発展を遂げてきたのでしょうか。

 

「設立当時はディベロッパー業務を行っておらず、販売を手掛けていました。しかしお付き合いさせていただくオーナーが増えるなかで『きちんと信頼できる物件を紹介させていただきたい』という気持ちが高まり、2007年にディベロッパー業務をスタートさせました」

 

このような進化を遂げていく過程で、リヴグループは「販売後のアフターフォローがいかに大切か」という気づきも得ていきます。

 

「オーナー様が最終的に求めているのは、物件購入ではなく、購入後の順調な経営です。そのサポートをより良いかたちで実現したいという思いが、各グループ会社の設立につながっていきました」

 

\\無料オンライン相談//
40代会社員のための「
新築ワンルームマンション投資相談会 詳細はコチラ>>>

40代会社員の資産形成をサポートするために

会社員による不動産投資の最適解として、新築ワンルームマンション投資を提案する株式会社リヴトラスト。同社が展開する『リヴシティシリーズ』は、都内や横浜など厳選した立地に建設され、販売されています。

 

「弊社物件は必要以上の装飾は抑え、入居者様の実用性を重視した造りとなっています。不動産は短期で結果を出す投資ではなく、長期運用が前提。10年先、20年先でも無理のない入居者付けが可能となるよう、利便性の高い立地はもちろん、住みやすく使いやすい空間づくりに努めています」

 

こうした堅実な方針が投資家の注目を集めているだけでなく、購入後の支持継続にも繋がっていると、杉本氏は分析します。

 

「先ほどもお話した通り、弊社の場合は建物や賃貸管理で、オーナー様とのお付き合いが継続していきます。『購入いただいたら終わり』ということではなく、『購入いただいたあとに、私たちとの本当のお付き合いが始まる』というわけです。

 

また会社員の方々は本業が忙しく、不動産に関する専門知識が豊富というわけでもありません。安定感の高い物件を販売することは、そんな会社員の皆様から信頼を得るための大前提です。だからこそ、物件には絶対的な自信があります。さらに運営においても安心してお任せいただけるようなシステムを構築し、オーナー様の資産形成に全力を注いでいます」

 

物件・間取りプラン例『リヴシティ横濱生麦』より。入居者にとって実用的であることが、高い入居率につながる
物件・間取りプラン例『リヴシティ横濱生麦』より。入居者にとって実用的であることが、高い入居率につながる

 

\\無料オンライン相談//
40代会社員のための「
新築ワンルームマンション投資相談会 詳細はコチラ>>>

会社員の資産形成…低リスク&長期運用を目指す

コロナ禍により経済への悪影響が広がる現状では、会社員の感じる将来への不安がますます高まっています。最後に新築ワンルームマンション投資の魅力を杉本氏が統括します。

 

「新築マンションには、弊社が蓄積してきたノウハウの詰まった、快適な設備や居住空間が整っています。また入居率も高く、家賃も下がりにくいため、投資効率は良好です。

 

その利回りは、平均3~4%程度。それ以上の高利回りの投資法はいくらでもありますが、低リスクで長期間運用が可能な金融商品となると、探し出すのは困難です。またこのコロナ禍でも『賃貸』という仕組みは崩れることなく、特に新築ワンルームマンション投資が不動産投資家に堅実な収益をもたらすことが証明されました。

 

私たちは今後も、ローリスク・ミドルリターンの投資商品である新築ワンルームマンションの事業をしっかりと行い、40代会社員をはじめとする皆様の資産形成をサポートしていきます」

 

 

\\無料オンライン相談//
40代会社員のための「
新築ワンルームマンション投資相談会 詳細はコチラ>>>

株式会社リヴトラスト代表取締役社長 

株式会社リヴトラスト代表取締役。1971年6月生まれ。オンワード樫山、佐川急便を経て不動産の世界に未経験で挑戦。以来不動産営業一筋で25年。営業から販売会社の代表へと役割は変われども、お客様との繋がりを大切にする姿勢は一貫して変わらない。「働く社員がこの会社で働く事を誇れる会社づくり」をモットーに社員育成と環境改革に日々奮闘中。趣味は、映画鑑賞、旅行、ドライブ。

著者紹介

連載40歳からの資産形成「ワンルームマンション投資」は最適解か

取材・文/西本不律 撮影/押木良輔
※本インタビューは、2021年3月8日に収録したものです。