コロナ禍の米国…「築100年の不人気物件」に購入者殺到のワケ

2020年、新型コロナウイルスの世界的流行により、日本のみならず米国でも郊外志向が定着しているのだといいます。今回は、圧倒的な売り手市場となっている米国の郊外不動産市場の現状について解説します。※「不動産投資ガイドBOOK」を無料プレゼント中!詳しくはコチラ

[PR]「優良物件を安く買う⁉」
【オープンハウスの不動産投資】詳しくはこちら>>>>

新型コロナウイルスによる郊外志向が当分は定着

「新しい生活様式」や「withコロナ」といった言葉に象徴されるように、新型コロナウイルスは、私たちの生活のあり方やこれまでの常識に大きな変化をもたらそうとしています。いずれ事態が収束を迎えたとしても、一度定着した新しい習慣は一過性のものでは終わらず、当分は人々の間に残り続けるかもしれません。

 

不動産市場における「郊外志向」「都心離れ」といった傾向も、そうした変化の一つです。とりわけアメリカの不動産市場において今、郊外志向の傾向は顕著に表れています。

 

現在、ニューヨーク都心部から郊外へと脱出する人の数は、依然として増加傾向にあります。その背景にある要因として挙げられるものは、新型コロナウイルスに対する人々の心理的不安。とりわけ小さな子どもや、妊娠中の女性がいる家庭においてその傾向は強いようです。

 

そして、近年稀に見るこの郊外流出の傾向が、アメリカ不動産市場そのものに大きな変化をもたらしているのです。

郊外不動産市場は圧倒的な売り手市場へ

アメリカ郊外の不動産物件は現在、圧倒的な売り手市場にあります。たった一度の内見で購入を即決する購入者や、そもそも内見を一度もすることなく購入を決める人さえ増えているようです。

 

ニューヨーク郊外のウエストチェスターでは2020年6月21日までの約一ヶ月間で、物件の契約数が前年比で18%増加したというデータ(※1) があります。

 

またニューヨーク・タイムズの記事によると、ニュージャージー州北部の郊外において、都市封鎖が緩和されたことで、5月の契約件数が前月比で70%も増えているとのこと。40〜60万ドルという比較的手の出しやすい物件から、250万ドル以上の物件需要も増加しつつあり、現在、最も購入需要が伸びているのはこうした高級物件となっています。(※2)

古い物件や高額な物件にも購入希望が殺到

こうした郊外物件への需要の高まりに反して、物件の数は不足傾向にあるようです。

 

同じくニューヨーク・タイムズの記事によると、コネチカット州グリニッジにおける一戸建て住宅の取引件数は、第2四半期中に前年比で8%増加。それに反して、物件の在庫数は18.5%近く減少したといいます。(※3)

 

東証一部に上場しているオープンハウスでは、自社グループが一環となり、物件の見極め、融資・購入から管理まで、オープンハウスにしかできないワンストップサービスをご提供いたします。

オープンハウス主催!アメリカ不動産投資セミナーはこちら

著者紹介

連載「勝つ」ために知っておくべき「アメリカ不動産投資」の基礎知識

※本記事は、富裕層のためのウェブマガジン「賢者の投資術」(Powerd by OPEN HOUSE)にて公開されたコラムを、GGO編集部にて再編集したものです。