日本のコイン投資家の属性と代表的な売買方法

前回は、具体例をもとにコインが値上がりするパターンなどを説明しました。今回は、コイン投資はどのような人々が主に実践しているのか、そして代表的な売買方法は何かを見ていきます。

日本のコイン投資家は医師などの知的富裕層が多い

現在、日本でコイン投資を実践しているのは、医師や歯科医が多くなっています。あるいは経営者も比較的多いといえます。医師というのは、とにかくリスク管理に熱心な人が多いのです。インテリジェンスが高いからだと思いますが、現金を信用していない人が多いのです。

 

不動産を所有している人も多くいますが、金やコインにシフトする人が増えているのが現状です。医師は、比較的高額な収入を得ていますが、その資産をどう守るかということで、コイン投資を始める人が多いのです。

 

医師は仕事が忙しいので、株式市場や為替市場をウオッチしている時間がありません。そこで、短期売買でなく、長期保有が前提となるコイン投資が向いているのです。

定期的に開催されるコインオークションでの売買が手軽

アメリカのオークション会社であるヘリテージでは、毎月1回、大きなオークションを開催しています。小さなオークションまで含めれば、毎週1回のペースで開催しています。

 

ですから、コインを保有して、売却する必要が生じたときも、いつでも自由に換金できます。流動性が高い資産といえるでしょう。

 

実は、ヤフーオークションにもコインが毎日出品されています。しかし、そのコインに初心者が手を出すのは危険です。中には相場より高値で出品している人がいるからです。コイン投資に慣れて、おおよその相場を把握している人であればよいのですが、そうでなければ、騙されてしまう可能性があるのです。

 

前述のオークション会社、ヘリテージではe-Bayよりも安く購入することができます。e-Bayは日本でいえば、ヤフオクと同じような仕組みです。ですから、ヤフオクよりもオークションで購入したほうが安心であり、価格も安いということです。

 

 

株式会社トレーディングリブラ 代表取締役

日本におけるアンティークコイン投資の第一人者。1966年生まれ。2008年まで勤務した大手アパレル企業を退職後、投資家として独立。不動産やFXなどによって3年で資産を1億円に増やす。その後、アンティークコイン投資と出会って1年で3000万円を稼ぎ、自らコインショップの株式会社トレーディングリブラを設立し代表取締役に就任。

著者紹介

連載資産防衛の最終兵器「アンティークコイン投資」の魅力

本連載は、2016年2月12日刊行の書籍『超富裕層だけが知る資産防衛の裏ワザ アンティークコイン投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

超富裕層だけが知る 資産防衛の裏ワザ アンティークコイン投資

超富裕層だけが知る 資産防衛の裏ワザ アンティークコイン投資

石山 幸二

幻冬舎メディアコンサルティング

増税、インフレ…多額のお金を持っているほど、資産を「守る」ことが難しくなった現代。不動産や保険など様々な投資対象が資産防衛手段として喧伝されていますが、未だに唯一解は提示されていません。 そんな中、本書では知ら…