資産運用 投資信託
幻冬舎アセットマネジメント
連載幻冬舎アセットマネジメントによる<参加者限定>フリートークセッションライブ開催

企業の実態価値と市場価値のバリュー・ギャップとは?

国内独立系最大の運用会社のチーフエコノミストと直接話せる!
トークセッションライブ開催レポート

投資信託IFA

企業の実態価値と市場価値のバリュー・ギャップとは?

幻冬舎アセットマネジメント(GAM)では、参加者限定の特別イベント『フリートークセッションライブ(第一回)』を開催しました。白熱したトークセッションの模様をレポートいたします。

資産運用のプロと総勢20名の投資家が集まる

幻冬舎アセットマネジメント(GAM)では、7月7日(火)に参加者限定のフリートークセッションライブを開催しました。講師からの一方的な情報発信をするセミナーではつまらない、投資家の皆様が普段から思っている疑問や質問に運用のプロが直接お答えする場を提供したい、そんな想いから企画した本イベント。総勢20名の投資家様にご参加いただきました。

場所は副都心線の北参道駅から徒歩1分にある幻冬舎のセミナー会場。ご来場された投資家の皆様全員とFace to Faceで話しができるよう、円を描くように配置されたテーブルと座席が、これまでの座学形式のセミナーとの違いを演出しており、いつもより緊張感ある会場となりました。また当日、ご来場できなかった投資家様にはオンラインでご参加いただきました。

スパークスの投資哲学と企業調査の着眼点

最初に幻冬舎アセットマネジメントの冨中より開会の挨拶がおこなわれ、第一部はスパークス・アセット・マネジメント株式会社(以下、スパークス)のチーフエコノミストである清水氏より、スパークスの取り扱う「厳選投資」の実績と特徴をマーケット環境と併せて解説いただきました。

設定来の基準価額の推移、そして参考指標として用いられたTOPIXとの比較では、そのパフォーマンスの差に近年顕著であるパッシブ優勢とする意見を一蹴するかのような感覚を覚えたのは私だけではないと思います。企業の実態価値と市場価値のバリュー・ギャップを見つけ、十分に割安だと思われるタイミングで集中投資する手法にアクティブ運用の神髄を見たような気がしました。

そんなスパークスの投資哲学に少し触れたところで、会場の参加者には2種類のチョコレートが配られました。1つは国内大手菓子メーカーの一般的な商品であり、もう1つはベルギーのブリュッセルに本店を置く、誰もが知っている高級チョコレート。一緒に用意されたコーヒーとの相性も良さそうだと思ったところで、清水氏より「皆様はどちらが美味しいと思いますか?」という質問があったのです。

              (写真提供:スパークス・アセット・マネジメント/瀬尾泰章)

 

その場の誰もがベルギー王室御用達の高級チョコレートを選ぶかと思いきや、意外にも結果は五分と五分。実際に食べてみるとどちらも美味しく、甲乙つけ難いというのが正直な感想でした。しかし価格面で考えると5倍の差があることを清水氏が解説。これは企業の実態価値と市場価値のバリュー・ギャップを身近に体験する貴重な機会となりました。

白熱したフリートークセッションと投資哲学の継承

そして第二部では本イベントのメインであるフリートークセッションがおこなわれました。オンラインでの参加者はチャットや音声で質問をすることができ、会場参加者からの質問に加え、オンライン参加者からの質問も多数あり、かなりの盛り上がりを見せました。日本の財政赤字および金融緩和策の出口に対する質問やコロナ後の世界経済に関する質問など、今まさに投資家が聞きたいことに対して、チーフエコノミストである清水氏がその場で答える姿はとても迫力のあるものとなりました。そして清水氏の的確な回答に参加者全員が満足されたことと思います。また会場に足を運ばれた投資家様のほとんどが、清水氏の言葉をメモに取りながら参加されていたのがとても印象的でした。

終盤ではバフェット、ソロスの系譜を引き継ぐスパークスの運用哲学について、スパークスの代表である阿部氏が経験したNYでの生活や、創業時から続けられている「バフェット・クラブ」という勉強会を例にお話いただきました。なぜスパークスが選ばれるのか、なぜスパークスは素晴らしい実績をあげることができるのか、参加された投資家の皆様には十分伝わったことと思います。

 

次回は、8月20日(木)に開催いたします。ゲストは、30年・30社の企業へ厳選集中投資する、コモンズ投信株式会社 代表取締役社長 兼 最高運用責任者の伊井 哲朗 氏です。

★詳細はこちら

 

 【幻冬舎アセットマネジメントについて】
   https://gentosha-am.com/ifa/


【金融商品仲介業者の商号】
◇株式会社幻冬舎アセットマネジメント
登録番号:関東財務局長(金仲)第817号
*当社は所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
*所属金融商品取引業者が二者以上ある場合、どの金融商品取引業者がお客様の取引の相手方となるかお知らせします。
*所属金融商品取引業者が二者以上ある場合で、お客様が行なおうとする取引について、所属金融商品取引業者間で支払う手数料が相違する場合は、その説明を行ないます。

【所属金融商品取引業者】
◇楽天証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号 
加入協会 : 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、 日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
◇株式会社SBI証券 金融商品取引業者 関東財務局長 (金商)第44号 
加入協会: 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
◇PWM日本証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第50号 
加入協会: 日本証券業協会、 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
◇東海東京証券株式会社 金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第140号 
加入協会: 日本証券業協会、 一般社団法人金融先物取引業協会、 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

【手数料等について】
商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等(例えば、国内の金融商品取引所に上場する株式(売買単位未満株式を除く)の場合は約定代金に対して所属金融商品取引業者等ごとに異なる割合の 売買委託手数料、投資信託の場合は所属金融商品取引業者等および銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費等)をご負担いただく場合があります(手数料等の具体的上限額および計算方 法の概要は所属金融商品取引業者等ごとに異なるため本書面では表示することができません)。
債券を募集、売出し等又は相対取引により購入する場合は、購入対価のみお支払いいただきます(購入対価 に別途、経過利息をお支払いただく場合があります。)。
また、外貨建ての商品の場合、円貨と外貨を交換、または異なる外貨間での交換をする際には外国為替市場の動向に応じて所属金融商品取引業者等 ごとに決定した為替レートによるものとします。

【リスクについて】
各商品等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券 の発行者等の信用状況(財務・経営状況含む。)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過 損リスク)があります。
なお、信用取引またはデリバティブ取引等(以下「デリバティブ取引等」といいます。)を行う場合は、 デリバティブ取引等の額が当該デリバティブ取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます。)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損 リスク)があります。

 

幻冬舎アセットマネジメントは、出版社である幻冬舎のグループ会社として2016年に設立された金融サービスを提供する会社です。幻冬舎総合財産コンサルティング(GTAC)が運営する富裕層の会員組織『カメハメハ倶楽部』の会員様向けに、IFA(Independent Financial Advisor)として本来あるべき資産運用をお伝えしております。

著者紹介

連載幻冬舎アセットマネジメントによる<参加者限定>フリートークセッションライブ開催