医学部受験「不正入試問題」…余波残る今こそ狙いどきなのか?

長期に渡る医学部受験。わが子はしっかり勉強しているのか、今年こそ合格できるのか…心配が積もるばかりです。最新の大学情報・勉強法・メンタルケアの方法を知り、親子ともども、来たる日に備えましょう。医学部受験の最新情報を配信する『集中メディカ』より、厳選した記事をお届けする本連載。今回のテーマは、「不正入試問題」。

前代未聞の「不正入試」発覚で志願者が減少

女子や多浪生を不利に扱っていたとされる「不正入試問題」。2018年夏に明るみとなって以降、東京医科大を皮切りに、疑惑の輪が拡大、医学部志望者を大いに混乱させる事態となりました。

 

事の発端は、2018年7月、文部科学省の幹部職員が東京医科大に口利きをし、息子の試験結果において、不正に加点してもらったことが始まりでした。その後、厚生労働省が全国の大学を調査した結果、複数の医学部で不正行為ともいえる得点調整が発覚したのです。

 

「募集要項に記載のない不適切な得点調整を行っていた」などとして、厚労省は、2018年夏から冬にかけて次々と学校名を公表していきました。名前が挙がったのは、岩手医科大、金沢医科大、神戸大、順天堂大、昭和大、福岡大。前述の東京医科大など4校を含め合計10校にのぼります。

 

このニュースを受けて、多くの受験生が、東京医科大ほか疑惑のある大学への出願を回避し始めました。結果、2019年度入試の志願者数は、東京医科大では昨年比約7割の大幅減となり、同じく厚労省調査で不正の疑いがあるとされた北里大、聖マリアンナ医科大、日本大への志願者数も減少しました。受験生の不信感が数字にはっきりと表れたのです。

 

世間が震撼した「不正入試問題」
世間が震撼した「不正入試問題」

「不正入試」による志願者減、各大学の見解は

志願者数大幅減について、東京医科大は「不正の影響で不合格となった受験生のうち、2017、2018年度の入試で不合格となった44人を追加合格とし、その分、2019年度の入試で定員を46人に減らしたことも原因のひとつ」としています。しかし、それだけの理由で約7割の大幅減は考えにくいものです。同大学は、不正発覚により受験生から敬遠されたことを真摯に受け止め、今後は公正・公平な入試に改め、受験生のみならず、社会からの信頼を取り戻す努力を始めているようです。

 

同じく前年比約3割の大幅減となった北里大は、「18歳の受験人口の減少」「2019年度入試から出願を必着ではなく消印有効にしたこと」が影響した可能性があるという認識で、不正入試問題が少なからず影響を及ぼしたにしても、それだけが志願者減の原因ではないと考えているようです。

 

また、前年比で約5割の志願者減に見舞われた聖マリアンナ医科大は、1月17日に見解を発表、「意図的ではないにせよ、属性による評価の差異が生じ、一部受験者の入試結果に影響を及ぼした可能性があった」と結論付けています。

 

多くの医学部の志願者が大幅に減少するなか、昭和大と福岡大では、若干数ではありますが、前年を上回る志願者が集まる結果となりました。出願状況の途中経過や最終志願者数を公表するなど、受験生に寄り沿う真摯な姿勢が評価されたのかもしれません。

「大学側の態度」が医学部受験の選定のポイント

不正疑惑を指摘された10校の医学部では、一般入試でも志願者数が低調な傾向となりました。この問題は医学部だけでなく、大学全体のイメージ低下にも結びつき、長年培ってきたブランドに大きな傷が付いてしまう結果となりました。

 

さらに不正入試問題を受け、文科省は、東京医大や日本大など8校に対し、2018年度の私学助成金を減額すると通達。結果、各大学は経営面でも厳しい状況に立たされています。

 

ほかの学部の受験料が3万円台なのに対し、私立大医学部は6万円、おおよそ倍の金額を受領しています。大学の経営面で考えると、医学部の志願者が減り、受験料収入が得られないことも大きな痛手です。問題の影響が長引けば、各医学部の教育・研究の質の低下、さらには学生の就職先となる付属病院の運営にも影響が及ぶ可能性があります。

 

問題を検証する調査や公表が十分になされなければ、受験生の疑念を払拭することはできません。受験生、そして保護者も、「不正入試が指摘された大学は避けたい」と考えるのは当然です。ですが、不正があったことを理由に、受験しないことは得策といえるのでしょうか。一度の不正入試が原因で、大学の卒業生や今後入学する人が否定されてしまうことはないと思います。

 

そうではなく「今年も得点調整があるのではないか」という点に不安が残る場合は、受験する現段階で、入学者を選抜するプロセスの透明化、合否判定までの情報開示がしっかりされている大学を選ぶべきでしょう。

医学部はさらに狭き門になるのか?今こそ合格のとき

とはいえ、全体的な医学部の難易度は変わりません。偏差値はほかの学部と比べて非常に高く、合格率も1割未満という非常に狭き門です。志願者数が減った今こそ狙いどき!と考えるのではなく、あくまでも過去と同じ受験競争が起きていると考え、試験勉強・受験に臨みましょう。

 

今でこそ高すぎる難易度に、さらに拍車をかける話題があります。厚労省は、現役医師の総数が2028年ごろには約35万人に達し、「医師不足」が解消されるとの推計を公表。併せて、2022年度から医学部の入学定員を減らす方向で議論している旨を明らかにしました。

 

2008年以降から10年間、「地域枠」を中心に政府主導で進められてきた医学部入学者定員増政策でしたが、医学の道がより狭き門になりそうな兆し…。しかし、2022年までのラスト2年間のうちに、医学部受験にチャレンジできる人は幸運といえます。この限られた期間内に、受験可能な人たちは、ぜひ「合格」を勝ち取っていただきたいと思います。

 

 

亀井 孝祥

医学部受験専門予備校メディカ 代表

 

医学部受験専門予備校メディカ 代表
数学講師 

愛知・東海高校から東京理科大学へ。塾講師を経て医学部受験予備校YMSにて数学科主任、教学部長など9年務めたあと、姉妹校設立のため独立。姉妹校提携解消後、医学部受験専門予備校メディカを設立。現在に至る。

著者紹介

連載受験のプロが徹底解説!医学部「絶対合格」の秘訣

本記事は、医学部受験サクセスガイド『集中メディカ』ホームページのコラムを抜粋、一部改変したものです。