「なかなか豊かになれない自分」から脱却する方法

前回は、お金を貯めるためには節約よりも稼ぐことが重要となる理由を説明しました。今回は、お金を稼ぐために知っておきたい基本情報を見ていきます。

稼げる金額=お金を受け止められる器の大きさ!?

自分の器を知る方法は簡単です。こう自問自答すればいいのです。

 

「今、私はひと月にいくら稼ぎたいのだろう?」

 

それが、あなたの器です。だいたいの20代女性は、「30万円くらいかな」と答えます。「300万円稼ぎたい」と答える人はまずいないでしょう。稼いだお金のその先のこと、つまり使い方がイメージできないからです。30万円稼いでいる人でも、想像できるのは40万円くらいまででしょう。

 

しかし、300万円稼ぎたいと考えられるようになると、まったく違う発想ができます。「今の仕事のままではダメだ」ということに気づくでしょうし、「どうすれば、300万円を稼げるようになるのだろう」と真剣に考えるようになります。

 

もし、あなたがなかなか豊かになれないとしたら、器に問題があるということです。

お金がドンドン貯まる「器」の広げ方

では、ここで器を大きくするために効果がある4つの方法を教えましょう。

 

①常にお金に対するアンテナを張る

 

たとえば、住宅ローンの金利は毎月変わります。家を買うときに、これを知識として持っているだけで、住宅の買い時がわかります。家を買うだけの器がなければ、上手に家は買えないのです。ですから、新聞やニュースに積極的に目を通し、お金についての情報に敏感になりましょう。

 

本は先生と同じです。私もお金についての本をずいぶんと読み、いいと思ったことはすぐに取り入れました。巻末にオススメの本のリストをつけましたので、富女子を目指す人は、ぜひ目を通してみてください。

 

②自己投資をしてお金の知識を身につける

 

お金についての情報を知るには、人に会ったり、投資セミナーなどに通って知識を身につけることも大切です。「お金の情報なら、ネット上にいくらでもあふれている」と言う人もいるかもしれません。たしかにインターネットからもたくさんの情報を得ることができるでしょう。

 

しかし、そもそもネット上に流れている無料の情報は、誰でも知ることができます。誰でも知ることができる情報にいくら触れても、人との差は生まれません。
人よりお金持ちになるには、身銭を切って勉強し、人の知らないような知識を得る必要があります。自己投資を惜しまずに、お金の勉強をしてください。

 

この話は次回に続きます。

本連載は、2015年3月24日刊行の書籍『富女子宣言 20代女子が5年で1000万円貯める方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

株式会社ワイズアカデミー 代表取締役社長

金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。株式会社ワイズアカデミー代表取締役社長。大学卒業後、日本生命に入社。若くして部長職に就任し、さまざまな投資を経験。独立後、20代女性を中心にした「投資会」を立ち上げ、現在も「20代女性が5年で1000万円を貯める」をテーマに講演会を開催し、その他、クレジット会社、不動産会社、エステ、レストランなど多角的に事業を展開している。

著者紹介

連載富女子を目指す人の「ガマンせずにお金を貯める」スキーム

富女子宣言

富女子宣言

永田 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて女性は結婚をして専業主婦になれば、「貧困」と呼べる状況に陥ることはまずありませんでした。 しかし、時代は変わりました。男性に頼らずに自分でお金を貯め、運用し、資産を築くための知識・ノウハウが、いま女性に求…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧