ポイントカードを持つ人は「お金が貯まらない」と言える理由

前回に引き続き、お金が自然に貯まる「財布」の持ち方を見ていきましょう。今回は、ポイントカード類の持ち方も加えて説明します。

ポイントのために買い物をするのは「無駄」

お金持ちの財布は、すっきりとしている場合が多いといえます。

 

その一方で、お金に困っている人の財布の大半は、ふくらんでいて、中にはいろんな店でもらってきたポイントカードや病院の診察券、会員証、そして大量のレシートが入っています。もしあなたの財布がポイントカードでいっぱいだったら、まずはできる限り数を減らしましょう。ベストは「0枚」です。

 

お店のポイントカードは、店側があなたを囲い込むための手段です。「ポイントが貯まる」ことをうたい文句に個人情報を集め、あなたを取り込んでいます。つまり、ポイントカードによって、あなたはお店の奴隷になっているのです。

 

ポイントが貯まるからと、わざわざその店で買い物をすることは、時間の無駄にすぎません。必要なモノを必要に応じて好きな場所で手に入れるほうが、時間を有効に使っていることになります。

 

レシートはもらったら、毎日、財布から出して、整理するようにしましょう。レシートをため込んでいる状態では、お金は貯まりません。

 

診察券や会員証は、いつも入れておく必要はありません。思いつきではなく、1日の予定を立てて行動すれば、入れっぱなしの状態はなくなります。お金にとって居心地の良い財布を目指しましょう。

家計簿をつけるよりも、お金を使う計画表を作る

「北風と太陽」というイソップ寓話を知っている人は多いと思います。

 

旅人の上着を脱がせようと、北風と太陽が競争します。北風は強風で脱がせようとしますが、旅人はかえって上着をしっかり着てしまいます。太陽はただ照らしているだけですが、旅人は暑さに耐えられず、上着を脱ぎます。寛容な太陽が勝利したというわけです。

 

家計簿は、富女子を目指すあなたにとって、この北風でしかありません。家計簿をつけると、お金に対するマイナスイメージが強くなってしまうからです。

 

家計簿は、何にお金を使ったかを記録するものですが、使ったお金のことを振り返ってばかりでは前に進めません。反省は楽しくありませんし、なにより時間がもったいないです。

 

そこで私が勧めるのは、「どのように使うか」という予定を立てる計画表です。1週間、1カ月、1年といった期間ごとに、買いたいもの、行きたい場所、したいことを書き出します。それにかかるお金とともに、表にして貼っておきましょう。

 

自分にとっての〝太陽〟となる目標があると、〝北風〟がなくても無駄遣いをしなくなるはずです。

本連載は、2015年3月24日刊行の書籍『富女子宣言 20代女子が5年で1000万円貯める方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載富女子を目指す人の「ガマンせずにお金を貯める」スキーム

株式会社ワイズアカデミー 代表取締役社長

金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。株式会社ワイズアカデミー代表取締役社長。大学卒業後、日本生命に入社。若くして部長職に就任し、さまざまな投資を経験。独立後、20代女性を中心にした「投資会」を立ち上げ、現在も「20代女性が5年で1000万円を貯める」をテーマに講演会を開催し、その他、クレジット会社、不動産会社、エステ、レストランなど多角的に事業を展開している。

著者紹介

富女子宣言

富女子宣言

永田 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて女性は結婚をして専業主婦になれば、「貧困」と呼べる状況に陥ることはまずありませんでした。 しかし、時代は変わりました。男性に頼らずに自分でお金を貯め、運用し、資産を築くための知識・ノウハウが、いま女性に求…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧