海外旅行を「自己投資」としておススメする理由

前回に引き続き、お金を貯めたい女子だからこそ「海外旅行」をすべき理由を説明します。今回は、その中の2つ目と3つ目の理由を見ていきましょう。

日本人の常識は、世界的に見れば常識ではないことも

②新しい価値観を身につけられる

 

海外旅行をすべき2つ目の理由は、海外に行くと、普段の自分たちが思っている常識が、実は常識ではないということに気づくことができるからです。

 

私は仕事でもプライベートでも、よく海外へ行きます。そのたびに改めて気づかされるのは、「海外の人は本当に働かない。日本人はよく働くな」ということです。こんなに働くのは、日本人だけだと思うほどです。日本人の常識は、世界的に見れば常識ではないことが多々あります。

 

また、自分の価値観を変えるという意味でも海外旅行は役立ちます。たとえば現在、超党派の議員たちで推し進めているカジノ法案があります。ラスベガスやシンガポールのように、カジノを中心にホテルや国際会議場、レジャー施設などを備えたリゾートをつくるための法案です。

 

「イメージが悪くなる」「治安が悪くなる」と言って反対している人も多くいますが、私は、カジノ法案に反対している人は、ラスベガスやシンガポールのカジノに行ったことがないのでは? と思っています。セキュリティもきちんとしていて、あれほど安全なところはありません。

 

人は、今まで見たことがないことや知らないことを恐れ、恐怖感を感じてしまいます。しかし一度見ておけば、怖くなくなります。20代のうちに海外へ行き、いろいろなものを見てきてほしいと思います。

海外旅行の体験談が最高のコミュニケーションツールに

③お金持ち人脈をつくるコミュニケーションツールになる

 

海外に行くと、人としての幅が広がります。たとえば、「先週、熱海に行ってきたんだ」と友だちに言うと、「へぇ、そうなんだ」で終わってしまう可能性が高いでしょう。

 

ところが、「先週、フランスのモンサンミッシェルに行ってきたの」と話せば、「モンサンミッシェルってどんな感じなの? よかった?」となるはずです。

 

このように、人は知らないことを聞きたがるものです。面白い話=楽しい話ではなく、知らない話こそが面白いのです。

 

自分の行ったことのない場所の話は、周囲の人が聞きたがりますから、必然的に周りに人が集まってくるようになります。つまり、海外旅行の体験談は最高のコミュニケーションツールともいえます。

 

富女子になるためには「コミュニケーション能力」がとても大切になってきます。海外旅行は重要な自己投資の一つとなるのです。知らないものを見に行く、という好奇心はいつも大切にしましょう。

 

ただし、テロ事件の発生などによって、海外渡航者への注意喚起が行われている場合もありますので、行く場所の選定は十分に検討することを忘れないでください。

本連載は、2015年3月24日刊行の書籍『富女子宣言 20代女子が5年で1000万円貯める方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載富女子を目指す人の「ガマンせずにお金を貯める」スキーム

株式会社ワイズアカデミー 代表取締役社長

金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。株式会社ワイズアカデミー代表取締役社長。大学卒業後、日本生命に入社。若くして部長職に就任し、さまざまな投資を経験。独立後、20代女性を中心にした「投資会」を立ち上げ、現在も「20代女性が5年で1000万円を貯める」をテーマに講演会を開催し、その他、クレジット会社、不動産会社、エステ、レストランなど多角的に事業を展開している。

著者紹介

富女子宣言

富女子宣言

永田 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて女性は結婚をして専業主婦になれば、「貧困」と呼べる状況に陥ることはまずありませんでした。 しかし、時代は変わりました。男性に頼らずに自分でお金を貯め、運用し、資産を築くための知識・ノウハウが、いま女性に求…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧