[連載]デベロップ「レスキューホテル」が日本を元気にする


本連載の著者紹介

株式会社デベロップ 営業部 不動産事業統括

慶應義塾大学卒業後、東京建物に入社 都市開発、ビル開発、住宅企画・販売に携わる。また子会社の代表取締役として、不動産業界向けITコンサル、デジタルマーケティング支援事業に従事。
その後、株式会社LIFULLにて、執行役員として不動産投資事業、分譲マンションの事業部長や子会社の代表取締役を兼任。楽天とのJV民泊事業会社の立上げ、クラウドファンディング、地方創生等の新規事業の立上げを行う。
近年は、TOB直後のマザーズ上場不動産会社の取締役COOとして、不動産再生、ホテル開発・運営事業を管掌しつつ、独立してITコンサル、地方創生、不動産再生、ホテル事業やコンサル事業に従事。
現在は、株式会社デベロップにて、次世代型建築として注目されている建築用コンテナモジュールを活用したホテル・住宅・店舗等の建築及び不動産投資商品の開発・企画・販売を担当。「レスキューホテル」仕入、開発、販売担当

【株式会社デベロップ】
2007年創業。トランクルーム事業、不動産開発事業、エネルギー事業、子育て支援事業を手掛けつつ、2017年よりホテル事業をスタート。「HOTEL R9 The Yard」をブランド名として、平時にはホテルとして運営される客室を、災害など有事の際に被災地などにすみやかに移設して地域の暮らしを守る、新しい公益のためのしくみであるレスキューホテルを拡大中。2021年4月現在、31拠点、1,037室を展開(開業準備中を含む)。51の自治体等がレスキューホテル出動要請のための協定を締結。年商約100億円(2019年度)、従業員数450名の規模で展開中。

著者紹介