「フィート」は何メートルなのか…アメリカ不動産「単位」の基礎知識 (※画像はイメージです/PIXTA)

アメリカの不動産物件を調べていると、メートル法が浸透していないため、単位表記に戸惑う人も多いのではないでしょうか。今回はオープンハウスのウェルス・マネジメント事業部が、広さの単位「スクエアフィート(sq/ft、sq.ft、Sq Ft、ft²等と表記)」を紹介していきます。

そもそも「スクエアフィート」とは何なのか?

そもそもフィート(ft)とは、アメリカで一般的に用いられている長さの単位です。1ftはメートル法に換算すると0.3048m(約30.5cm)。そしてスクエアフィート(sq/ft)は、1フィート×1フィートの面積を表す単位のこと。平方メートルと同じ意味合いなので、日本では「平方フィート」と訳されることもあります。

 

1スクエアフィートを平方メートルに換算すると0.3048m×0.3048m=0.0929030㎡となります。逆に1㎡をスクエアフィートに換算すると約10.76sq/ftとなる計算です。

 

ほかに日本で土地や部屋の広さを表す“坪”や“畳”をフィート換算してみると、1坪は約35.58sq/ft、1畳(京間)は約19.63sq/ftとなる計算に。

 

いずれの単位を用いる場合も、日本で用いる単位表記より数字が大きく見えてしまうため(例:30㎡は約322.81sq/ft)、第一印象でついつい広く感じてしまわないよう、慣れないうちは注意が必要です。

 

1sq/ft は1㎡のおおよそ10分の1弱ほどだと覚えておけば、感覚的に大きくズレることはないでしょう。

アメリカ以外で使用する国が少ないヤード・ポンド法

不動産投資からはやや離れた雑学的な知識にはなりますが、アメリカ独自のヤード・ポンド法についてもご紹介します。

 

フィートは、ヤード・ポンド法という単位系で用いられる単位ですが、実は現在、ヤード・ポンド法を用いている国はアメリカ以外にはミャンマーやリベリアといった一部の国のみ。その他の国ではほぼメートル法を使用しています。メートル法は日本人が慣れ親しんでいる単位系ですが、重さの単位であるグラムなどもここに含まれます。

 

メートル法の長さは、ミリメートル(=0.0001メートル)、キロメートル(=1,000メートル)など、メートルを基準に十進数で分かりやすく設定されているのに対し、ヤード法は少々複雑です。

 

たとえば、靴や洋服のサイズで時折耳にする“インチ”はフィートの12分の1の長さ。また“ヤード”はフィートの3倍の長さを表しており、飛行機などでおなじみの“マイル”という単位は1,760ヤードの長さを指します。

 

メートル法に比べて、単位の切り替わりも単位名も不規則なので日本人には頭が痛くなりそうですが、アメリカではこうした単位表記が普通に用いられているのです。

 

東証一部に上場しているオープンハウスでは、自社グループが一環となり、物件の見極め、融資・購入から管理まで、オープンハウスにしかできないワンストップサービスをご提供いたします。

オープンハウス主催!アメリカ不動産投資セミナーはこちら

著者紹介

連載「勝つ」ために知っておくべき「アメリカ不動産投資」の基礎知識

本記事は、富裕層のためのウェブマガジン「賢者の投資術」(Powerd by OPEN HOUSE)にて公開されたコラムを、GGO編集部にて再編集したものです。

TOPへ