この記事では「ハイロー」について、2つの意味で使われている事実や、ハイローオーストラリアの特徴を解説します。後半では金融庁から警告を受けている海外業者について紹介しているので、バイナリーオプションを始める前に必ずご覧ください。
【悪評】バイナリーオプションのハイローはやめとけ?4つの甘い罠!

『資産形成ゴールドオンライン』は複数の企業と提携して情報を提供しており、当サイトを経由して申込みがあった場合、各企業から報酬が発生することがあります。しかし、提携の有無などが本ページ内のサービスの評価や掲載順位に関して影響を及ぼすことはありません(提携会社一覧)。

「ハイローはどのような特徴があるの?」
「ハイローオーストラリアとの違いは?」
「ハイローはやめとけって言われるのはなぜ?」

このような疑問にお答えします。

「ハイロー」には、バイナリーオプションのラダー取引と、海外バイナリーオプション業者の名前2つの意味があるんです! 

 

この記事を読めば2つの「ハイロー」の違いを明確に解説しています。

 

また、海外業者ハイローオーストラリアの概要と、出金拒否などの4つの悪い噂にも迫ります。

 

後半では還元率95%以上で安全に取引できるバイナリーオプション業者を紹介しているので、最後まで見てくださいね! 

 

 

この記事でわかること
・「ハイロー」の2つの意味
・ハイローオーストラリアの概要と魅力
・ハイローオーストラリアは絶対やめた方がいい理由
・バイナリーオプションは国内業社一択な理由
・国内のおすすめバイナリー業者3選

 

 

ハイローとは?2種類の意味がある
バイナリーオプションの取引方式
ハイローオーストラリアとは?
基本情報
ペイアウト率と取引詳細
ハイローオーストラリアの魅力
日本語サポートがある
登録不要でデモ取引可能
ペイアウト率が2倍以上もある
ハイローオーストラリアはやめとけと言われる理由
金融庁から警告を受けている
出金拒否される時がある
 偽サイトが多い
約定拒否が多発する
バイナリーオプションをやるなら国内業者一択!
還元率とは受取総額の割合
還元率の高いバイナリーオプション業者3選
まとめ
バイナリーオプション ハイローのよくある質問
ハイローオーストラリアは信頼性が高いですか?
ハイローオーストラリアのデメリットは何ですか?
ハイローオーストラリアは出金できますか?

ハイローとは?2種類の意味がある

ハイローの2つの意味

ハイローには2つの意味があるから覚えておこう!

 

【ハイローの2つの意味】

・バイナリーオプションのラダー取引
・海外業者のハイローオーストラリア

 

1つ目の意味は、バイナリーオプションのラダー取引を指しています。

 

海外では通称「ハイロー(HighLow)」と呼ばれているため、この呼び方が広まりました。

 

一方で海外バイナリーオプション業者の「ハイローオーストラリア」も、略してハイローと呼ばれています。

 

この記事では、ハイロー=ハイローオーストラリアとして解説します。

 

 

バイナリーオプションの取引方式

バイナリーの取引方式


まずはバイナリーオプションの取引方式を理解しておきましょう。

 

バイナリーオプションには、ラダー制レンジ制の2種類があります。

 

バイナリーオプションの種類

 

ラダー取引とは上の左図のように、判定時刻の価格が指定レートより上か、下かの2択を予測する投資です。

 

レンジ制は、判定時刻の価格が指定の範囲内に入るか、外れるかを予測します。

 

 

ハイローオーストラリアとは?

ハイローオーストラリアとは


ハイローオーストラリアは前述の通り、海外のバイナリーオプション業者です。

 

バイナリーオプション業者の中でも有名で、現在はセントクリストファー・ネービスに拠点を置いています。

 

過去にオーストラリアを拠点にしていたため、「ハイローオーストラリア」を名乗っていましたが、現在は「HighLow」という名称で運営しています。

 

 

基本情報

ハイローオーストラリアの取引情報を、次の一覧表にまとめました。

 

ペイアウト倍率 1.85倍~2.30倍
取引額 1,000円~200,000円
取引手数料 無料
最低入金額 1,000円
最短判定時間 30秒
取扱可能通貨ペア 20
取引可能商品・株価指数 12
デモ取引

 

 

ハイローオーストラリアは、ペイアウトが業界トップクラスに高い業者です。

 

外貨の他にも株価指数にも対応しており、後述する取引種類が4つもあります。

 

 

ペイアウト率と取引詳細

ハイローオーストラリアの取引方法は、次の4種類が選べます。

 

【取引の種類】

・ハイロー(Highlow)
・ハイロースプレッド(Highlowスプレッド)
・ターボ(Turbo) ※短期取引
・ターボスプレッド(Turboスプレッド) ※短期取引

 

またペイアウト率と取引時間は、下の表をご覧ください。

 

取引種類 ペイアウト倍率 判定時間
ハイロー 1.85倍~1.95倍 15分
1時間
23時間
ハイロースプレッド 2.0倍 15分(±0.1pips)
1時間(±0.4pips)
23時間(±2.4pips)
ターボ 1.85倍~2.00倍 1分
3分
5分
ターボスプレッド 2.00倍~2.30倍 30秒(±0.1pips)
1分(±0.1pips)
3分(±0.2pips)
5分(±0.3pips)

 

 

全ての取引種類が、高いペイアウト率になっています。

 

さらに、ハイローオーストラリアの魅力を確認していきましょう。

 

 

ハイローオーストラリアの魅力

ハイローオーストラリアの魅力

ハイローオーストラリアには、次のような魅力があります。

 

【ハイローストラリアの魅力】

・日本語サポートがある
・登録不要でデモ取引可能
・ペイアウト率が2倍以上もある

 

 

日本語サポートがある

ハイローオーストラリアは日本語サポートがあるため、言語の心配をせず問い合わせができます。

 

多くの海外バイナリー業者けど日本語対応なら安心ね。

 

 

問い合わせは、公式サイトの「サービス内容」のヘルプとサポートからできます。

 

 

登録不要でデモ取引可能

ハイローオーストラリアは、登録不要でデモ取引を試せます。

 

デモトレードは、無料で本番さながらの取引を体験できるサービスです。

 

いきなり本番は心配という人は事前に試せるデモ取引を試してみましょう。

 

ホームにあるクイックデモから、ワンクリックで起動できます。

 

 

ペイアウト率が2倍以上もある

ハイローオーストラリアは、ペイアウト率が2倍以上の取引も提供しています。

 

4つの取引方法の内の1つ「Turboスプレッド」なら、最大で2.3倍のペイアウト率です。

 

ただしその分通常の取引より勝ちにくいので、初心者は慣れてから挑戦しましょう。

 

 

ハイローオーストラリアはやめとけと言われる理由

ハイローオーストラリアはやめとけと言われる理由

実はハイローオーストラリアは「やめとけ」と言う噂がたくさんあるのよね。

 

ハイローオーストラリアはやめとけと言われる理由は、次の4つです。

 

【ハイローオーストラリアはやめとけと言われる理由】

・金融庁から警告を受けている
・出金拒否される時がある
・偽サイトが多い
・約定拒否が多発する

 

 

金融庁から警告を受けている

金融庁から警告を受けているのが、ハイローオーストラリア最大のデメリットです。

 

実はハイローオーストラリアは、金融庁に登録せずに運用している業者なんです。

 

 

 

日本で金融商品を扱う場合には、金融庁への許可が必須になります。

【引用元:金融庁「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」

 

 

実際ハイローオーストラリアが金融庁から正式に警告を出されています。

 

トラブルが起きても日本の法律が適用されないため、ハイローオーストラリアを利用するのはリスクが高く危険です。

 

 

出金拒否される時がある

ハイローオーストラリアは、出金拒否される事例が報告されています。

 

ハイローオーストラリアがついに出金拒否!?

システム障害らしいが明らかに意図的としか思えない。
復旧予定も未定らしい
ハイロー難民続出か・・・

【引用元:Xの投稿

 

 

ハイローオーストラリアの凍結や、出金拒否が相次いでいるようで、

怖いので50万残して出金しました

そして早速まけました

【引用元:Xの投稿

 

上記の通りX(旧Twitter)では、出金拒否された人が散見しています。

 

利益が出ても、出金できなければ時間もお金も無駄になり悲惨です。

 

 偽サイトが多い

ハイローオーストラリアは、偽サイトが多くて危険です。

 

なぜなら詐欺被害にあう可能性があるからです。

 

ハイローオーストラリアを装い、口座開設させ詐欺行為を行なっている業者もいます。

 

海外のサイトで判別が難しいため、安易に手を出さないのが無難です。

 

 

約定拒否が多発する

ハイローオーストラリアは、次のように約定拒否の多発が報告されています。

 

約定拒否とは、決済ボタンを押しても拒否される事象です。

 

実際に約定拒否された人のコメントを集めてみました。

 

ハイローオーストラリアさんの「激しい値動き」や「混雑」との約定拒否は仕方がないと思うんです
これはちょっと…

連続で約定拒否 今日はもういい

【引用元:Xの投稿

 

the optionに本日より切り換えます。
ハイローオーストラリアさんにはとてもお世話になりましたが、約定拒否が酷すぎて狙いたい場面逃してばかりで疲れました⁉️
まずは、デモ検証していきますが、早速狙いたい頂点頂きました
かなり使いやすいなぁ笑っ

【引用元:引用元名称

 

利用者が勝ちやすい場面で約定拒否が発生しているため、故意的に取引が操作されている可能性も考えられます。

 

 

バイナリーオプションをやるなら国内業者一択!

バイナリーは国内業者一択

バイナリーオプションをやりたいなら、選択肢は国内業者一択だ!

 

なぜなら次の3つの理由から、安心して取り組めるからです。

 

【バイナリーオプション国内業者の魅力】

・金融庁登録済みでトラブルの心配がない
・法律で守られている
・還元率が公表され透明性が高い

 

金融庁に登録済みなら日本の法律下で運営されているため、詐欺や出金拒否などのトラブルを心配する必要がありません。

 

またトレーダーへの還元率を公表しているので、信頼できますよ。

    

 

還元率とは受取総額の割合

還元率とは支払総額に対する受取総額の割合を指しており、次の式で計算できます。

 

【計算式】

受取総額の割合 = 業者総売上 ÷ 顧客の受取総額

 

受取総額の割合を言い換えると、バイナリーオプション業者が投資家に支払った金額の割合です。

 

還元率が高ければ、売上がトレーダーに還元されているため勝ちやすい業者と言えます!

 

 

還元率の高いバイナリーオプション業者3選

還元率の高いバイナリーオプション業者はあるの?

 

優秀なバイナリーオプション業者を選ぶポイントは次の3つです。

 

【業者選びのポイント】

① 受取総額の割合(還元率)が高い
② 無料の取引ツールが充実している
③ 金融庁の認可を受けている国内業者

 

特に受取総額の割合は勝ちやすさに直結するため最重要ですよ。

 

上の3つのポイント全てを満たしている業者を3社紹介しますね。

 

 

特におすすめは受取総額の割合が高く、取引ツールも優秀なGMOクリック証券です。 

96.15%の高還元率!「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

 

1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
10回 5 ラダー
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 96.15%

 

・開設数100万口座の人気FX会社(※口座数はGMOクリック証券に口座開設されているユニーク口座数です。)
・過去1年間の支払総額に対する受取総額は平均96.15%!
・38種類のテクニカル指標があり、バイナリーオプションの分析ツールが充実

 

受取総額(還元率)が96.15%と他の業者より高く、一番勝ちやすいバイナリーオプション業者と言える。

 

プロトレーダーも愛用する「プラチナチャート」を使えば、分析がしやすく、勝率が上がるぞ!

 

 

 

【IG証券】通貨だけじゃない!幅広い戦略がとれるバイナリーオプション

IG証券

 

1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
12回
7
(株・CFDを含めると計23)
ラダー
1枚あたりペイアウト デモトレード 受取総額の割合
10,000円
(※円を含む通貨ペアの場合)
97.01%

 

・通貨だけではなく、世界中の株価指数、金や原油などの最大23銘柄で取引できる
・1日、1回あたりの取引枚数上限がない
1,000円以下の少額での取引も可能

 

選べる権利行使の価格は国内最多の20チョイスだから緻密で幅広い戦略がとれる!

 

国内最多の23銘柄で取引できるのはIG証券だけ!

 

 

 

最短取引時間60秒!レンジ取引もできる「GMO外貨」

外貨ex byGMOのバイナリーオプション「オプトレ」

 

1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
11回 8 ラダー・レンジ
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) ラダー:91.15%
レンジ:89.35%

 

・レンジ取引の受取総額割合は100%越えを連発!
・最短60秒で判定!すぐにトレード結果が出る
・HDI格付けベンチマーク三回連続最高評価の「三ツ星」を獲得

 

取扱業者が少ない、レンジ取引ができる「オプトレ!」

 

2022年7月に120.25%、6月に116.23%など、100%越えを連発!

 

確実に勝ちたいなら、絶対に持っておきたい口座と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

バイナリーオプション業者のハイローについて解説してきました。

 

最後に、この記事の内容をまとめます。

 

・ハイローとはラダー制バイナリーオプション海外業者の名称の2つの意味がある
・ハイローオーストラリアは金融庁から警告を受けていて危険
・バイナリーオプションをやるなら金融庁登録済みの国内業者一択
・国内業者のおすすめバイナリーオプション業者はGMOクリック証券

 

金融庁登録済みに国内業者なら安心してバイナリーオプションができます!

 

顧客への還元率が高いのは、バイナリーオプションで勝ちやすい証拠です。

 

取引ツールの使いやすさは業者によって違うので、色々試してみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

バイナリーオプション ハイローのよくある質問

 

ハイローオーストラリアは信頼性が高いですか?

ハイローオーストラリアは信頼性が低い海外のバイナリーオプション業者です。

 

理由は金融庁から警告を受けており、出金拒否や約定拒否の報告が多いからです。

 

 

ハイローオーストラリアのデメリットは何ですか?

ハイローオーストラリアのデメリットの1つに、金融庁から警告を受けているのが挙げられます。

 

また偽サイトも多いため、ハイローオーストラリアでの取引はリスクが高いでしょう。

 

 

ハイローオーストラリアは出金できますか?

ハイローオーストラリアは、出金申請ができた人も中にはいます。

 

しかし出金拒否が多く報告されているため、利用しない方が安全です。

 

参考元