著者紹介

佐藤 毅史

TSPコンサルティング株式会社

代表取締役・ファイナンシャルプランナー

高校卒業後、大学受験に失敗。飲食店に4年勤めるが、ブラック企業だったため心身を壊してしまい退社。直後にリーマンショックが発生して再就職できず、1年近くニート生活を送る。運よく不動産管理会社に再就職でき、働きながら独学でFPの資格を取得。しかし、年収は200万円程度で、知識だけでは貯蓄できないことを痛感。その後、試行錯誤の末に年収200万円でも100万円の貯蓄ができるメソッドを開発。それで貯めた資金をもとに「金融商品を一切販売しないFP」として独立。現在は不動産管理やコンサルティング業務のほか、東京商工会議所や大手不動産会社、銀行などから講演・研修の依頼があり、年間100件程度のセミナーを行っている他、収益不動産を保有する富裕層クライアントを顧客に抱える不動産管理専門のファイナンシャルプランナーとして、現在ビル130棟を管理している。

書籍

お金でバカを見ない人になる36の知恵

『お金でバカを見ない人になる36の知恵』

佐藤 毅史

世の中には「ウラがある」話がけっこうあります。電子マネーやクレジットカード、株、投資信託などはその典型です。いずれも「便利ですよ! 」「お金が増やせますよ! 」「初心者にも安心ですよ! 」という言葉で本質を見えなくして、国や企業が私たちからこっそりお金を巻き上げるために作られたサービス・商品なのです。著者の職業である「ファイナンシャル・プランナー」もそんなウラがある話の1つ。世間では、お金の専門家、ローンの返済や資産運用で困ったときの相談先といったイメージが一般的ですが、実はそうでない場合も多いのです。彼らの中には金融機関の代理店として活動している人も多く、「お金のことなら何でもご相談ください」とうたい、それにつられてやってきた人たちに金融商品を売りつける人もいたりします。実際、相談しに行ったら保険を勧められたという声をよく聞きます。こうした例はあくまでごく一部ですが、世間一般でのイメージと本当の姿が真逆なものがたくさんあります。そこで本書では、「金融商品を一切販売しないファイナンシャル・プランナー」として活躍する著者が、給料や株、投資信託、保険、年金、クレジットカードなど、お金にまつわるさまざまな商品・サービス・システムの本当の姿を暴き、企業や国からお金を搾取されないための知識をQ&A形式でお伝えします。

書籍紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧