国から強制的に徴収される「社会保険料」の問題

今回は、国から強制的に徴収される「社会保険料」の問題について見てきます。※本連載では、TSPコンサルティング株式会社の代表取締役で、ファイナンシャル・プランナーの佐藤毅史氏の著書『お金でバカを見ない人になる36の知恵』(サンマーク出版)の中から一部を抜粋し、自分の財産を守るためのポイントをQ&A形式で解説していきます。

「社会保険料」の負担は給与の約13%

【質問】

社会保険料って、高すぎませんか?

 

そもそもですが、社会保険料って何の保険料かわかっていますか?

 

「社会保険料」という保険料があるわけではない……ということくらいおわかりでしょうか。

 

社会保険とは、健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険などをあわせた総称です。

 

言いかえると「社会保険税」です。だって強制的に支払わされて、途中解約もできないし、しかも国が徴収するものだからです。税金となんら変わりはありません。個人的に契約している生命保険であれば、嫌だと思ったらやめられますが、社会保険はやめられません。そんなものを保険料と名乗るほうがおかしいんです。

 

社会保険料の負担は、給与の約13%です。毎月、あなたの給与から差し引かれています。もれなく強制的に、です。

 

おまけに平成16年から毎年0.354%ずつ、社会保険料は上がり続けています。平成29年度までは0.354%ずつ増え続けることが決まっていますが、その後どうなるかはわかりません。社会保険料を変更します、というお知らせがけっこうな頻度で来ていると感じている人も多いでしょう。そのお知らせさえ無視しているという人もいるかもしれませんが……。

 

社会保険料は高い!

国が生かさず殺さず生殺与奪する!?

おっしゃるとおりです。超高齢化が進んでいるんですから負担が増えるのは当たり前。サラリーマンを続ける以上、強制的に支払う運命なんです。

 

国はみなさんの身体に注射針を刺して、死なない程度に血液という税金を抜いている最中なんです。国が生かさず殺さず生殺与奪する─それが日本のサラリーマンです。搾取する側の筆頭は、やはり国ですね。

 

だからといって、サラリーマンだったら国からの搾取に身をさらしてそのまま生き続けましょうと言っているのではありません。そういう世の中でどうすればお金を残せるのかをいっしょに考えてほしいんです。

 

【答え】

負担額は給与の13%。たしかに高いです。 しかも、今後3年間は毎年値上がりしていくことが決定しています。

本連載は、2015年10月刊行の書籍『お金でばかバカを見ない人になる36の知恵』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「その他投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載知らないと損をする!? お金を「守る」ためのQ&A

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役・ファイナンシャルプランナー

高校卒業後、大学受験に失敗。飲食店に4年勤めるが、ブラック企業だったため心身を壊してしまい退社。直後にリーマンショックが発生して再就職できず、1年近くニート生活を送る。運よく不動産管理会社に再就職でき、働きながら独学でFPの資格を取得。しかし、年収は200万円程度で、知識だけでは貯蓄できないことを痛感。その後、試行錯誤の末に年収200万円でも100万円の貯蓄ができるメソッドを開発。それで貯めた資金をもとに「金融商品を一切販売しないFP」として独立。現在は不動産管理やコンサルティング業務のほか、東京商工会議所や大手不動産会社、銀行などから講演・研修の依頼があり、年間100件程度のセミナーを行っている他、収益不動産を保有する富裕層クライアントを顧客に抱える不動産管理専門のファイナンシャルプランナーとして、現在ビル130棟を管理している。

著者紹介

お金でバカを見ない人になる36の知恵

お金でバカを見ない人になる36の知恵

佐藤 毅史

サンマーク出版

世の中には「ウラがある」話がけっこうあります。電子マネーやクレジットカード、株、投資信託などはその典型です。いずれも「便利ですよ! 」「お金が増やせますよ! 」「初心者にも安心ですよ! 」という言葉で本質を見えなくし…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧