「人件費がかからない業界」の平均年収が高い理由

今回は、「人件費がかからない業界」の平均年収が高い理由を説明します。※本連載では、TSPコンサルティング株式会社の代表取締役で、ファイナンシャル・プランナーの佐藤毅史氏の著書『お金でバカを見ない人になる36の知恵』(サンマーク出版)の中から一部を抜粋し、自分の財産を守るためのポイントをQ&A形式で解説していきます。

儲けを生むときに人が一切介在しない産業とは?

【質問】

料金体系が複雑なもの以外に、ウラがあるものはありますか?

 

インフラ系の業種の平均年収を知っていますか?

 

このご時世に、なんと彼らは700万円ももらっているんです。

 

国税庁が毎年発表している民間給与実態統計調査で業種ごとの給与推移が出るのですが、もっとも高いのはインフラ系、つまり、電気、ガス、水道です。二番目が金融や保険。

 

これらの業界に共通するポイントがあるのですが、わかりますか?

 

そう、儲けを生むときに人が一切介在しない産業なんです。

 

たとえば、みなさんは日常的に電気を使えますよね。スイッチを入れないと電気は流れないというわけではなく、常に電気は流れている状態です。誰かが見張っていて、あなたが使いそうだから電気を流そうといちいち判断して流しているわけではありません。

 

つまり、電気を使っているときには、人が一切介在していないんです。もちろん、発電所の定期的な保守・点検や緊急を要する修繕などはありますが、人がほとんど介在しないという事実に変わりはありません。

「給与体系が高い業種」は疑ってかかったほうがいい!?

ビジネスコストでいちばん高いのは人件費です。人件費がろくにかからずにお金が生み出せるのならば、給料もその分だけ高くなります。

 

金融や保険も同じです。株を買ってくれたら手数料がチャリンと入り、保険は契約さえしてくれたら保険料がチャリンと入ります。このように、お金を自動的に払わせる仕組みをつくっている業界がいちばん儲かるんです。

 

だから給与体系が高い業種は疑ってかかったほうがいいでしょうね。本当はもっと安くていいはずなのに、必要以上にお金を払わされているかもしれません。インフラ系は生活に必要だから私も使いますけど、本質を知っていれば、搾取されたくないという意識が働いて、自然にムダ遣いも減ります。

 

逆に、あからさまに働いている人が多いところも、ウラがあると思ったほうがいいでしょう。

 

家電量販店の携帯電話を売る店員の多さ、おかしいと思いませんか。

 

先ほど説明したとおり、携帯電話は不可視化している業界ですから儲かります。保険会社の営業マンの多さ。それなのに儲けが出るなんて変だと思いませんか。

 

働いている人が多いというよりも、何もしてなそうな人がたくさんいるところも要注意です。

 

たとえば銀行に行くと、クレジットカードの勧誘を必ずやっていますよね。クレジットカード業界はめちゃくちゃ儲かっています。だって、リボルビング払いの利息はいまどき18%ですよ! 金融業界は、どのくらい利息を払ったら納得してくれるんでしょうね。

モノの「本質」を見極める力が必要

やっぱり、人が多くいるってことは、その人たちを食べさせるシステムがあると思わないとおかしいです。

 

ついでに、化学関連も気をつけましょう。生活に密着したところでは調味料や薬があげられます。

 

人工的に作られた調味料や薬はすごく儲かります。人件費がかかりませんからね。という考え方でいくと化粧品や洗剤などの日用品も同じです。オーガニックなものは除いて、化学的に合成されたものは儲かりますよ。だからテレビCMに有名女優や有名なキャラクターを使ってバンバン宣伝できるんです。女優さんのギャラや有名キャラクターの版権はスゴイ額ですから、その分が価格に含まれていると思ってください。

 

広告業界は価格があってないようなものなので、広告費は異常に高く設定されています。広告宣伝をバンバンやっているところは疑ったほうがいいでしょう。残念ながら現場で働いている人の給料は決して高くないんですけどね。

 

良いモノというだけで売れる時代ではなくなってきています。だからこそ、そのモノの「本質」を見極める力が必要なんです。

 

本質を見極めて、自分の時間と大事なお金をかけてまで手に入れる価値があるのか考えれば、余計なものに手を出そうとはしません。そうした行為の積み重ねが「お金を残す」ことにつながっていきます。

 

【答え】

インフラ系や金融業界、広告業界など、人件費がかからない業界は疑ったほうがいいでしょう。

本連載は、2015年10月刊行の書籍『お金でばかバカを見ない人になる36の知恵』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役・ファイナンシャルプランナー

高校卒業後、大学受験に失敗。飲食店に4年勤めるが、ブラック企業だったため心身を壊してしまい退社。直後にリーマンショックが発生して再就職できず、1年近くニート生活を送る。運よく不動産管理会社に再就職でき、働きながら独学でFPの資格を取得。しかし、年収は200万円程度で、知識だけでは貯蓄できないことを痛感。その後、試行錯誤の末に年収200万円でも100万円の貯蓄ができるメソッドを開発。それで貯めた資金をもとに「金融商品を一切販売しないFP」として独立。現在は不動産管理やコンサルティング業務のほか、東京商工会議所や大手不動産会社、銀行などから講演・研修の依頼があり、年間100件程度のセミナーを行っている他、収益不動産を保有する富裕層クライアントを顧客に抱える不動産管理専門のファイナンシャルプランナーとして、現在ビル130棟を管理している。

著者紹介

連載知らないと損をする!? お金を「守る」ためのQ&A

お金でバカを見ない人になる36の知恵

お金でバカを見ない人になる36の知恵

佐藤 毅史

サンマーク出版

世の中には「ウラがある」話がけっこうあります。電子マネーやクレジットカード、株、投資信託などはその典型です。いずれも「便利ですよ! 」「お金が増やせますよ! 」「初心者にも安心ですよ! 」という言葉で本質を見えなくし…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧