投資経験の有無で見る「富裕層」のポートフォリオの実例

前回は、世界大恐慌を想定したポートフォリオの実例と、筆者が考える一番良いポートフォリオについて説明しました。今回は、富裕層で投資経験なしの場合と、富裕層で投資歴10年を想定した場合のポートフォリオの実例を見ていきます。

投資経験がなければ「安定型」のヘッジファンドを利用

今回は、投資する人の属性別にポートフォリオの作成サンプルを紹介します。それぞれのケースを参考にしていただければと思います。

 

【事例1 富裕層、投資経験なしのケース

プロフィール:50歳、会社経営者

年収:5000万~1億円

会社の年間利益:5億円程度

会社の時価総額:30億円

家族構成:妻、子2人

資産内容:現預金10億円、自宅都内マンション5億円(ローンなし)

投資経験:なし

 

会社経営者で、年収1億円、現預金で10億円保有している―そんな方の資産運用です。投資経験がないために、銀行に10億円がそっくり預けてある、といったイメージですが、安定運用型のヘッジファンドを中心に、米国不動産投資を組み合わせて、安定した運用を目指します。安定運用型ヘッジファンドには、1億円ずつ複数のファンドに投資することで、このカテゴリーの内部でも分散することを心がけます。

 

ちなみに、節税効果を狙って海外の保険を活用する方法もあります。様々な条件を満たす必要がありますが、たとえば会社で30億円の死亡保障が付いた「海外保険」をかけ、保険料10億円は一時払いします。

 

振込後に、8億~9億円をローンで借り入れ、それを安定運用型のヘッジファンドでドル建てのまま運用する。そうすることで、元手は実質的に1億~2億円で済み、満期になるまで8億~9億円をヘッジファンドで運用できます。ただし、元本割れのリスクが少ない安定運用型のヘッジファンドで運用することが大切になります。あくまでも、事業用としての海外保険ですが、リスクの少ない運用商品です。

 

【図表1 事例1のポートフォリオ】

投資経験が豊富なら「分散投資でリスクヘッジ

【事例2 富裕層、投資歴10年のケース

プロフィール:弁護士、医師、会計士など

年収:5000万~1億円

家族構成:妻、子2人

資産内容:現預金1億円、株式5億円、都内マンション(賃貸100万円/月)

投資経験:株式投資歴10年、大手証券との取引

 

弁護士や医師など、コンスタントに高い収入が継続する自営業の方のポートフォリオ・サンプルです。投資経験も豊富で、現預金に1億円、それ以外は株式に集中投資、もしくは株式を中心に運用する投資信託などに投資しているというケースです。

 

ここでは、6億円の資産のうち現預金はそのままにして、株式に投資している5億円を分散投資する方法を考えてみました。個人投資家が、株式投資で勝ち続けるのは非常に難しいため、基本的に株式は1億円に減額。もし、信用取引をやっていたら手仕舞うことをおすすめします。

 

また、株式投資も原則として、配当性向30%以上で配当利回りが3%程度と高いものにすることでリスク回避を図ります。さらに、低PBR銘柄に注目。もしくは食品や薬品などのディフェンシブ銘柄といわれる、経済の浮き沈みにあまり左右されない業種を選択します。

 

さらに、安定運用型のヘッジファンドで2億円。できれば、5000万円ずつを分散して複数のファンドに投資するのがベターです。事例1と同様に、高い収入があるため、その節税効果を狙ってノンリコースローンを使った米国不動産投資も活用します。2億円の投資資金を使って5億円程度の物件を運用します。

 

【図表2 事例2のポートフォリオ

本連載は、2014年4月30日刊行の書籍『ヘッジファンド×海外不動産で組む 鉄壁の資産防衛ポートフォリオ』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本連載の記載の内容は情報の提供および学習を目的としたものであり、本連載を用いた運用は、必ずご自身の責任と判断によって行ってください。また、本連載の内容に関して運用した結果については、著者およびヘッジファンド証券株式会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング、合同会社幻冬舎ゴールドオンラインはいかなる責任も負いかねます。また、本書に記載されている情報は2014 年4 月現在のものであり、今後変更されることがあります。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ヘッジファンド」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ヘッジファンド投資で長期的に年利10%を確保する方法

ヘッジファンド証券株式会社 代表取締役

1979 年(昭和54 年)6 月、福島県伊達市生まれ。2002年(平成14 年)3 月に立教大学社会学部卒業後、KOBE証券(現インヴァスト証券)入社。主に中堅企業のオーナーなど富裕層をターゲットとした営業を展開。2009年(平成21 年)に独立後、投資事業組合を通じたヘッジファンド投資への募集を開始。2010 年(平成22 年)にUGS アセットマネジメント株式会社の代表取締役に就任し、富裕層に対するヘッジファンドの営業基盤を確立する。2013 年(平成25 年)8 月から現職。

著者紹介

ヘッジファンド×海外不動産で組む  鉄壁の資産防衛ポートフォリオ

ヘッジファンド×海外不動産で組む 鉄壁の資産防衛ポートフォリオ

植頭 隆道

幻冬舎メディアコンサルティング

相場の影響を最小限に抑え、どんなときでも一定の利益を狙える安定運用型のヘッジファンド。 所得税・地方税の節税効果が高く、投資効率も良い米国不動産。 本書ではこの2つを解説すると共に、投資家の属性別・将来のシナリオ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧