資産運用 ヘッジファンド
連載ヘッジファンド投資で長期的に年利10%を確保する方法【最終回】

通貨の強さから考える「安定した海外不動産」の投資先

海外投資

通貨の強さから考える「安定した海外不動産」の投資先

前回は、海外不動産投資が「ジャパンリスク」の回避に役立つ理由を説明しました。今回は、通貨の強さから考える「安定した海外不動産」の投資先について見ていきます。

「通貨の強さ」を考えて海外投資先を検討

海外投資に際して、最初に考えなければならないのはやはり投資の対象とする「通貨」をどこにするのか、という問題です。現在、海外不動産投資というと、アジアなどの新興国が注目されていますが、問題は投資する国の通貨の行方がどうなるのか、という点でしょう。

 

たとえば、海外不動産の投資ではマレーシアやタイに人気が集まっていますが、これらの国に投資する場合も、まず考える必要があるのは、「出口戦略」だといわれています。簡単にいえば、不動産を投資目的で買うときには、「売る」ときのことを考えて投資する必要があるということです。文字通り、出口を想定して投資する姿勢が大切ですが、そういう意味でいえば投資した物件が、高い価格で売れたとしても、海外の場合はその国の通貨の「強さ」が重要になってくるかもしれません。

 

そもそも不動産投資の場合、どうしても投資期間が5年、10年という期間になるわけですが、5年後、10年後の投資環境は誰にもわかりません。将来の通貨のレベルは誰にもわからないということです。ただ、それでも将来的によほどのことがない限り、基軸通貨といわれる「米ドル」の強さに対しては、ある程度の予想ができる可能性があります。そういう意味でも、海外の不動産に投資するのであれば、米国の不動産に投資しておくというのは賢明な選択肢のひとつではないでしょうか。

「リスクオフ」になると、マネーはどこに集まるか?

また、海外不動産投資の目的が、日本経済に万一の事態があったときに備えてリスクを分散しておく、というものですから、日本経済の危機的状況のときには、円安が進行していると考えるのが自然です。円に対して強くなる通貨といえば、やはり「米ドル」といっていいでしょう。

 

たとえば、中国人民元といった選択肢もあるかもしれませんが、日本経済に万一のことが起こった場合、当然世界経済が大混乱に陥るわけですから、そんなときには、いわゆる「リスクオフ」の状態となって、安全資産といわれる米ドルに世界中のマネーが集まることになります。当然、中国人民元からも資金が引き出されて、米ドルに回帰することになります。そう考えたときには、やはり米ドルが強いと考えていいでしょう。

 

将来的に、世界第3位の経済大国「日本」に何かが起これば、世界中が「リスクオフ」になります。リスクオフといえば、ヘッジファンドや投資銀行の自己勘定部門といった世界中のリスクマネーが安全資産に逃避します。日本円に代わる安全資産といえば、米ドルぐらいしかないのかもしれません。

 

もちろん、最強の通貨である米ドルが、出口戦略の時点でも最強の通貨である保証はどこにもありません。日本経済が破たんするようなことがあれば、当然ながら米国をはじめとして世界中の経済にも大きな影響を与えます。リーマン・ショックのような状況になるかもしれません。そんなときには、金などの「モノ」の価値のほうが高くなっている可能性もあります。

 

要するに、将来のことは誰にもわからないということです。そういう意味でも、安定運用ができて、リスク回避ができる運用商品であるかどうかが重要になってくるわけです。

本連載は、2014年4月30日刊行の書籍『ヘッジファンド×海外不動産で組む 鉄壁の資産防衛ポートフォリオ』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本連載の記載の内容は情報の提供および学習を目的としたものであり、本連載を用いた運用は、必ずご自身の責任と判断によって行ってください。また、本連載の内容に関して運用した結果については、著者およびヘッジファンド証券株式会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング、合同会社幻冬舎ゴールドオンラインはいかなる責任も負いかねます。また、本書に記載されている情報は2014 年4 月現在のものであり、今後変更されることがあります。

植頭 隆道

ヘッジファンド証券株式会社 代表取締役

1979 年(昭和54 年)6 月、福島県伊達市生まれ。2002年(平成14 年)3 月に立教大学社会学部卒業後、KOBE証券(現インヴァスト証券)入社。主に中堅企業のオーナーなど富裕層をターゲットとした営業を展開。2009年(平成21 年)に独立後、投資事業組合を通じたヘッジファンド投資への募集を開始。2010 年(平成22 年)にUGS アセットマネジメント株式会社の代表取締役に就任し、富裕層に対するヘッジファンドの営業基盤を確立する。2013 年(平成25 年)8 月から現職。

著者紹介

連載ヘッジファンド投資で長期的に年利10%を確保する方法

ヘッジファンド×海外不動産で組む 鉄壁の資産防衛ポートフォリオ

ヘッジファンド×海外不動産で組む 鉄壁の資産防衛ポートフォリオ

植頭 隆道

幻冬舎メディアコンサルティング

相場の影響を最小限に抑え、どんなときでも一定の利益を狙える安定運用型のヘッジファンド。所得税・地方税の節税効果が高く、投資効率も良い米国不動産。本書ではこの2つを解説すると共に、投資家の属性別・将来のシナリオ別…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest