先進国の不動産投資に「うまみ」が少ない理由

前回は、為替差益、投資先の急成長など、海外不動産投資のメリットを解説しました。今回は、先進国の不動産投資に「うまみ」が少ない理由を見ていきます。

成熟した市場では、現在の物件価格がすでに「割高」

日本より海外の不動産といっても、当たり前ですがどこの国でも手当たり次第に買えばいいというわけではありません。

 

海外の国を分類する際に多くの人が思い浮かべるのが、先進国か新興国か、ではないでしょうか。主な先進国は、日本を含めたアメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、カナダ、イタリアのG7でしょう。これらの国のほとんどは、政治・経済が安定しており、法整備もしっかりしているので安心して投資できそうです。

 

さらに、アメリカをはじめいくつかの国は今後数十年間、日本よりも経済成長率が高くなると予測されています。

 

いずれにしても先進国は、ある程度成熟した市場なのでキャピタルゲインを狙う意味ではあまりうまみはありません。成熟した市場は、現時点での物件価格がすでに割高となっています。

 

さらに、ほとんどの国ではローン金利が日本よりも高い上に、家賃相場も日本とあまり変わらないのです。したがって利回りは日本よりも低くなっているのが現状です。

有名リゾート地も手頃な物件は品薄状態

ただし、先進国の有名な国際都市、ニューヨークやロンドンといった場所の物件であれば、今後も確実に旺盛な賃貸需要があり、家賃も高止まりしますから、じっくりと長期的にインカムゲインを得る、という意味では間違いないでしょう。

 

狙うとすれば日本よりも若干高い経済成長率を根拠とした場所ですが、まずもって不動産を手に入れるのが困難です。いい物件がなかなか出回ることはなく、売りに出ても誰もが買いたがりますから、すぐになくなってしまうのです。それならば情報収集がしやすい日本の物件を狙うべきです。

 

これらのことから、不動産の個人投資家が、先進国の不動産を積極的に狙うメリットは少ないといえます。

 

また、日本人にとって先進国と並んで身近に感じるのが、海外のリゾート地です。実際に私たちのところへ相談に来るドクターたちのなかには、趣味と実益を兼ねてハワイやバリ島などの物件が欲しいといってくる人がいます。

 

しかし、残念ながら状況は先進国と同じ。いや、それ以上に厳しいかもしれません。どこも投資対象として非常に人気なので、割高な上に1000万円程度で買える手頃な物件はなかなか出てきません。賃貸に出して入居者が期待できる、つまり投資向きの物件は、最低でも数千万円します。

 

なかには競売などで格安の物件を手に入れるチャンスもあります。しかし、これに手を出すのはプロばかりです。素人が手を出すのは得策ではありません。そこまでのリスクを冒すのなら、手堅い日本の物件を買うことをお勧めします。

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国際資産分散」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載安い・近い・成長力抜群・・・医師の資産形成にピッタリの「フィリピン・カンボジア不動産投資」

株式会社トライブ  代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/

著者紹介

一般社団法人日本IFP協会理事
日本IFP協会Singapore、JIFPA(S)PTE LTD代表取締役
 海外不動産コーディネーター

現在は家族と共にシンガポール在住。シンガポールの富裕層へのコンサルティングや世界の金融商品に対する研究・開発活動。国内の大手精密機械メーカー海外営業部にて東南アジア・オセアニア地区のセールスマネージャーとして国際ビジネス第一線で活躍。帰国後、国内証券会社にて超富裕層及び高収益企業の決算対策・事業承継・株価対策・資産運用などを行う傍ら、国内外の金融商品の証券化等の業務を従事。海外での資産運用の重要性、ならびにその方法として航空機を用いた資産運用・税効果の優位性に気づき、航空機専門商社に転職。病院向けのドクターヘリ設置サポートなども行う。その後、一般社団法人日本IFP協会の代表理事に。現在、来日時は税理士法人や医師会を対象に、事業承継・株価対策・税金対策・資産運用の講演やコンサルティングを行っている。

著者紹介

海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資

海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資

大山 一也,織田 耕平

幻冬舎メディアコンサルティング

これまで医師のための不動産運用について様々なテクニックを紹介してきた著者が、更なる資産形成へのステップアップとも言うべき「海外不動産投資」のノウハウを公開。近年急成長を遂げるアジア新興国、なかでも注目のフィリピ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧