イスラエルによるガザ地区の侵攻…世界の世論を真っ二つに分けている問題に対して、アメリカ人はどのように考えているのでしょうか。

\参加無料/
【オープンハウスのアメリカ不動産投資セミナー】

イスラエル人寄りの人々が急増していることが世論調査で判明

2023年10月17日、クイニピアック大学(コネチカット州の私立大学)は、イスラエル-パレスチナ情勢に関する世論調査を発表しました。調査は、同大学が1994年以来実施している政治問題に関する無党派の世論調査の一貫で、全米の有権者1,552人を対象にした聞き取りを元にしています。

 

調査によると、「イスラエル人とパレスチナ人のどちらに同情するか?」という問いに対し、61%がイスラエル人に、13%がパレスチナ人に同情すると回答し、26%の人々はその他(無回答または一方に肩入れしない)の回答でした。最後に同じ質問での調査が行われた2021年5月時点では、イスラエル人に同情すると回答した人が41%でした。

 

この変化の主な要因は、民主党支持者の考えが変わったことにあります。前回の調査では、民主党支持者の46%がパレスチナ人、23%がイスラエル人に同情すると回答していました。対して今回の調査では、48%がイスラエル人、22%がパレスチナ人にそれぞれ同情を示しており、わずか2年の間に数字が逆転していることが分かります。

支持政党に関わらず、イスラエル寄りの政権姿勢を評価

それでも、今回の調査で共和党支持者の86%がイスラエル人に同情すると回答したことに比べれば、民主党支持者の考えは中立的と言えます。

 

民主党支持者の考えの変化は、バイデン政権の対応への支持からくるものだと考えられます。「米国のイスラエル支持の姿勢は概ね正しいか、支持しすぎているか、支持が足りないか」という問いについて、民主党支持者の60%が概ね正しいと回答(指示しすぎという回答は28%)。「イスラエルを支援することは米国の国益にかなうのか」という回答についても、76%が国益のためになると回答しました。もともとイスラエル支持傾向が強い共和党員も同様の傾向があり、イスラエル情勢に対するバイデン政権の対応は、党派に関わらず一定の支持を得ているようです。

 

興味深いのは、「ウクライナを支援することは米国の国益にかなうのか」という質問への両党支持者の回答の違いです。民主党支持者では圧倒的多数の87%が国益にかなうと回答したのに対し、共和党支持者で同様の回答をしたのは約半数の49%にとどまりました。いずれも戦争状態にあるイスラエルとウクライナですが、米国民の支援の意志にはいくらかの差があるようです。

 

\参加無料/
【オープンハウスのアメリカ不動産投資セミナー】

本記事は、富裕層のためのウェブマガジン「賢者の投資術」(Powerd by OPEN HOUSE)にて公開されたコラムを、GGO編集部にて再編集したものです。
本記事は、掲載日時点の情報を基に作成しています。最新状況につきましては、スタッフまでお問い合わせください。

TOPへ