住宅価格高騰…本当のお手頃物件が見つかる、米国の4都市

住宅価格の高騰が止まらない米国では、ほとんどの都市で賃借人は「手頃物件」すら買えないといい、本当に手頃な物件が見つかるのは、いまや4都市だけだといいます。みていきましょう。

ほとんどの都市で賃借人は「手頃物件」すら買えない

 

北米の不動産ニュースメディア「Point2」の調査で、“アメリカでスターターホーム(はじめて家を買う人でも手が出しやすい、お手頃物件)”と呼ばれる住宅の多くが、もはやお手頃と言える水準ではないことが分かりました。

 

Point2はスターターホームを、各エリア内の住宅のなかで価格が下位3分の1の物件と定義。そのうえで、全米の大都市50エリアについてスターターホームを購入するために必要な年収水準と、エリア内の賃貸に住む人々の年収の中央値と比較する調査を行いました。

 

調査の結果、賃借人の年収中央値がスターターホームの購入に必要な年収水準を上回っている都市は全米に4つしかないことが分かりました。つまり、アメリカのほとんどの都市では、一般的な収入水準の人々が家を買うことは非常に困難であるということです。

 

より具体的に言うと、住宅価格が特に高いロサンゼルスでスターターホームを買うのに年収166,937ドル(1ドル1590円レートで約2,500万円)必要なのに対し、賃借人たちの年収の中央値は49,568ドル(同レートで約740万円)と、約70%も収入が不足しています。同様に、ニューヨークでは66%、サンフランシスコでも60%ほど収入が足りません。

「手頃部件」が本当に手頃な都市はこの4つだけ

 

現在、一般的な賃借人が家を買いやすいのは、デトロイト、オクラホマ州タルサ、テネシー州メンフィス、オクラホマシティの4都市のみです。これらの地域は、住民の収入の割に住宅価格が落ち着いており、スターターホーム購入に必要な年収水準が、賃借人の年収中央値を下回っています。具体的には以下です。

 

デトロイト:賃借人の年収の中央値25,004ドルに対し、スターターホーム購入に必要年収は19,103ドルで、約38%の余裕があります。

 

オクラホマ州タルサ:賃借人の年収の中央値35,039ドルに対し、スターターホーム購入に必要年収は29,521ドルで、約19%の余裕があります。

 

メンフィス:賃借人の年収の中央値30,093ドルに対し、スターターホーム購入に必要年収は27,966ドルで、約11%の余裕があります。

 

オクラホマシティ:賃借人の年収の中央値37,211ドルに対し、スターターホーム購入に必要年収は37,071ドルで、余裕はほとんどありませんが、辛うじて収入がうわ待っています。

 

これら4都市を除いた46都市はすべて、「スターターホームが高すぎる」状況にあり、低価格物件では需要の鈍りが見られています。とはいえ、所得格差の大きいアメリカですから、全価格帯の物件が不調なわけではありません。住民の収入構成や物件価格を踏まえつつ、需要のあるエリアへと投資したいものですね。

東京証券取引所プライム市場に上場するオープンハウスでは、自社グループが一環となり、物件の見極め、融資・購入から管理まで、オープンハウスにしかできないワンストップサービスをご提供いたします。

著者紹介

連載「勝つ」ために知っておくべき「アメリカ不動産投資」の基礎知識

本記事は、富裕層のためのウェブマガジン「賢者の投資術」(Powerd by OPEN HOUSE)にて公開されたコラムを、GGO編集部にて再編集したものです。

TOPへ