2028年夏季五輪の開催地…先進都市ロサンゼルスが放つ魅力 (※画像はイメージです/PIXTA)

2028年(次々回)の夏季五輪開催地がアメリカ「ロサンゼルス」に決定しました。夏は涼しく、スポーツ選手にとって理想的な気候であるロサンゼルスは、世界的なトレンド発信地としても知られています。本記事では、オープンハウスのウェルス・マネジメント事業部が「ロサンゼルス」の魅力を紹介します。

2028年の夏季五輪開催地はロサンゼルスに決定

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、当初の予定から1年遅れで開催された東京での夏季五輪。コロナ禍の只中での開催だっただけに、開催そのものの是非や安全管理など、さまざまな観点から議論を呼んだ大会となりましたが、次回以降の開催動向にも注目が集まっています。

 

2024年の夏季五輪の開催地はフランスのパリ、その次の2028年の開催地はアメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスに決定しています。不動産販売における経験を通じて、米国各都市の特徴をこれまで間近で見てきたオープンハウスですが、次々回の五輪開催地となるロサンゼルスという都市の魅力をご紹介します。

夏もからっと涼しく、アスリートに優しい気候

スポーツ競技の開催地として、重要なポイントとなるのが気候。選手のパフォーマンスにも大きく影響しますが、東京大会では過酷な暑さに対して、世界中の選手や監督から戸惑いの声が上がっていました。

 

その点から見ると、ロサンゼルスはアスリートに優しい気候です。カリフォルニア州は大部分が地中海性気候に分類されており、年間を通して温暖な気候が続きます。

 

8月の最高気温平均値は28℃。ちなみに東京の同月最高気温は2004年以来、常に30℃を超えています。さらにロサンゼルスは降水量も少なく、からっと乾燥した気候のため、体感温度は数字以上に涼しく感じられます。「暑さ」という観点から見ると、ロサンゼルスはよりアスリートのパフォーマンスに適した気候だと言えそうです。

 

こうした過ごしやすい気候の理由は、西海岸を流れる寒流の影響で、海上で冷やされた空気が街に吹き込み、気温の上昇が抑えられているため。スポーツはもちろん、観光にも適した気候であり、特に夏場はカリフォルニアの観光客が最も増えるシーズンとなっています。

東証一部に上場しているオープンハウスでは、自社グループが一環となり、物件の見極め、融資・購入から管理まで、オープンハウスにしかできないワンストップサービスをご提供いたします。

オープンハウス主催!アメリカ不動産投資セミナーはこちら

著者紹介

連載「勝つ」ために知っておくべき「アメリカ不動産投資」の基礎知識

本記事は、富裕層のためのウェブマガジン「賢者の投資術」(Powerd by OPEN HOUSE)にて公開されたコラムを、GGO編集部にて再編集したものです。