世界的ウッドショックが、米国にも波及…「住宅価格」さらなる上昇の可能性 (※画像はイメージです/PIXTA)

現在、世界中の建築業界において、木材が急激に不足し、入手困難になる「ウッドショック」の影響が確認されています。今回はオープンハウスのウェルス・マネジメント事業部が、ウッドショックが起こった理由を解説します。

7月10日(土)13:00~
【オンライン開催】ファーストハワイアンバンク・プライベートバンカーと語る!
世界中のマネーが集まるハワイ不動産の魅力と購入方法/融資

「ウッドショック」で世界中の建築業界に激震

ウッドショックという言葉自体、はじめて耳にする方も多いでしょう。オイルショックのウッド版と考えていただければ分かりやすいかと思います。つまり、木材が急激に不足し、入手困難な状況を差します。実は今、世界中の建築業界が、ウッドショックで大騒ぎしているのです。

 

本記事では、ウッドショックはなぜ起こってしまったのかを解説します。具体的な要因は、主に以下の2つです。

 

①世界的に海上輸送コンテナが不足し、海上運賃が上昇
②北米で住宅需要が急増したことによる木材価格の高騰

 

1点ずつ解説していきます。

世界的に海上輸送コンテナが不足し、海上運賃が上昇

新型コロナウイルスの感染拡大で、2020年春ごろは世界の貿易がストップし、輸送用のコンテナも余っていました。

 

しかしその後、2020年夏ごろから輸送量は一転して急増、いわゆる“巣ごもり需要”が急拡大。旅行やジムにも行けない人たちが、家電や日用品をネットショッピングで買うことにお金を振り向けたとみられ、小売業の売り上げはコロナ禍前と比べても8.3%程度増加しています。結果、コンテナも不足しています。

 

家電や日用品であれば1つのコンテナで運べる個数も多いため、コンテナ価格の上昇の影響が小さいのですが、木材の場合はそうはいきません。大きく重量もあるため、価格に占める運輸コスト比が大きく高騰につながります。コンテナ不足はいまだ解消の目処が立っておらず、この状況はしばらく続くと考えられています。

北米の「住宅需要」急増による木材価格の高騰

米商務省が2021年1月21日発表した2020年12月の住宅着工件数は166万9千戸(季節調整済み、年率換算値)で、前月の改定値から5.8%急増しています。こちらの数字は4カ月連続の増加で、06年9月以来14年3カ月ぶりの高水準となっています。

 

なかでも一戸建てが133万8千戸で前月比12.0%伸び、全体を押し上げている状態です。住宅増減の先行指標である建築許可件数も170万9千戸で、前月比4.5%増えています。こちらは2006年8月以来14年4ヵ月ぶりの高水準です。

 

コロナ禍によるリモートワークの定着及び、政策による歴史的な低金利であることも相まって、アメリカの住宅ニーズは高まっており、建築事業者は高い住宅ニーズに応えるのに苦労をしている状況です。これらに加え、コロナ禍のなかでDIYを楽しむ人が増えていることなど、小さな要因も重なっています。

 

今後、さらなる木材の供給不足が続き、需給バランスを整えるために住宅価格がさらに上昇する可能性もあります。住宅購入をご検討の方は、ご参考ください。

 

 

7月10日(土)13:00~
【オンライン開催】ファーストハワイアンバンク・プライベートバンカーと語る!
世界中のマネーが集まるハワイ不動産の魅力と購入方法/融資

東証一部に上場しているオープンハウスでは、自社グループが一環となり、物件の見極め、融資・購入から管理まで、オープンハウスにしかできないワンストップサービスをご提供いたします。

オープンハウス主催!アメリカ不動産投資セミナーはこちら

著者紹介

連載「勝つ」ために知っておくべき「アメリカ不動産投資」の基礎知識

本記事は、富裕層のためのウェブマガジン「賢者の投資術」(Powerd by OPEN HOUSE)にて公開されたコラムを、GGO編集部にて再編集したものです。