住宅の価格高騰進む米国…価格上昇率ランキング上位5州は?

新型コロナウイルスが世界的な猛威を振るうなか、全米で住宅価格の高騰が続いています。今回はオープンハウスのウェルス・マネジメント事業部が、「供給」の観点から、アメリカにおける「住宅価格」の現状や、上昇率が高い州はどこなのか、解説していきます。

【11月29日(月)18:30~オンライン開催】
成長するアメリカで資産分散・事業承継対策を実現!
多くの富裕層・企業オーナーを魅了する「アメリカ不動産投資」の全貌を
米国マーケットのプロが徹底解説!

「米国の住宅価格」は昨年比で12.6%上昇

米連邦住宅金融庁(FHFA)が25日に発表した、連邦住宅金融局住宅価格指数(FHFA HPI®)によると、米国の住宅価格は前年同期比で12.6%上昇しました。これは過去最大の伸び率です。前期比では3.5%の上昇となりました。

 

FHFAの調査・統計部門の副部長であるリン・フィッシャー博士は次のように述べています。

 

「前年の住宅価格の上昇率は、パンデミックの影響が住宅市場に及ぶ直前の2020年第1四半期に観測された上昇率の2倍以上を記録。3月も引き続き上昇率は上がり、西海岸、山間部、ニューイングランドの国勢調査部門では前年比15%を超えました」

 

山間部への移住が進む…上昇率ランキング上位5州は?

住宅価格は、2011年9月以降、39四半期連続で上昇しています。特に西海岸から山間部への移住が進んでいるため、年間の上昇率上位5州は以下です。

 

1位:アイホダ州23.7%
2位:ユタ州19.2%
3位:アリゾナ州17.4%
4位:ニューハンプシャー州16.2%
5位:コネチカット州15.9%

 

上昇率下位は次の5州です。

 

50位:ハワイ 4.7%
49位ルイジアナ 6.8%
48位ワイオミング 6.9%
47位ノースダコタ 7.5%
46位ミシシッピ 8.1%

 

また、過去4四半期において、米国の上位100大都市圏のうち99都市で住宅価格が上昇しました。住宅価格の上昇率が最も高かったのはアイダホ州のボイシ市の28.2%の上昇、最も価格が低かったのはハワイ州のホノルル市でした。

 

歴史的低水準の住宅ローン金利と、新型コロナウイルスの影響で住み替えが増加し、住宅需要は上昇していますが、物件が不足しており、需要と供給のバランスが崩れて価格の高騰が続いています。春は需要がさらに増えるため、当面は価格高騰が続く見通しです。

アメリカ人の2人に1人が1回以上のワクチン接種を完了

米国疾病管理予防センターは、5月25日の時点で、アメリカ人の2人に1人が新型コロナウイルスのワクチンを少なくとも1回以上接種していると発表しました。

 

少なくとも1回の接種を受けているのは、米国の全人口の49.5%に当たる1億6,437万8,258人で、18歳以上の成人人口に限ると50%に当たる1億3,107万8,608人がワクチン接種を完了しています。

 

※ワクチン接種完了とは、モデルナ社製ワクチンまたはファイザー社/ビオンテック社製ワクチンを2度接種したか、ジョンソン・エンド・ジョンソン社製ワクチンを1度接種している状態を指します。

 

 

米国は25日時点で、359,004,955回分の新型コロナウイルスワクチンを国内に配布し、287,788,872回の接種を行っています。集団免疫獲得に必要とされる人口の60~70%のワクチン接種完了までもう一息という状況。接種の進捗に合わせ、各地では経済活動も再開されはじめています。

 

【11月29日(月)18:30~オンライン開催】
成長するアメリカで資産分散・事業承継対策を実現!
多くの富裕層・企業オーナーを魅了する「アメリカ不動産投資」の全貌を
米国マーケットのプロが徹底解説!

東証一部に上場しているオープンハウスでは、自社グループが一環となり、物件の見極め、融資・購入から管理まで、オープンハウスにしかできないワンストップサービスをご提供いたします。

オープンハウス主催!アメリカ不動産投資セミナーはこちら

著者紹介

連載「勝つ」ために知っておくべき「アメリカ不動産投資」の基礎知識

本記事は、富裕層のためのウェブマガジン「賢者の投資術」(Powerd by OPEN HOUSE)にて公開されたコラムを、GGO編集部にて再編集したものです。