「コアサテライト理論」でコアになる不労収入系資産とは?

コアとなる運用商品を作って運用する「コアサテライト理論」。今回は、どのような投資商品をコアとして考えればよいのか、具体的に見ていきます。

安定的に収入が得られるものを資産形成のコアとする

第1回で説明したように、開業医の資産形成には、コアとなる運用商品を作って運用する「コアサテライト理論」が基本となります。コアサテライト理論を実践するためには、コアとなる投資商品を安定的に収入が得られるもので構成します。現実的には「収益用不動産の賃貸収入」であり、「投資信託」の収益分配金、あるいは貯蓄性の高い「生命保険」、預金から生じる「受取利息」といったところでしょう。

 

もっとも利息に関しては、元本が10年で2倍になるような金利が高かった時代には預貯金でも大きな収益になりましたが、10年物国債の長期金利が0.3%の現代では無理があります。

 

その点、海外で設定されている債券、あるいは海外債券で運用する投資信託のなかには、年間で7〜8%のインカムゲインを稼ぐものもあります。この不労収入系資産が、コアサテライト理論の「コア」になる資産となります。とりわけ、不動産投資から生まれる賃貸収入は、ポートフォリオのなかでもメインとなります。

 

これらの不労収入系資産をいかに効率的に運用するかでファイナンシャルゴールの達成が早くなったり、遅くなったりします。これから、代表的な3つの投資商品について詳しく見ていきましょう。今回は1つ目を、次回より2つ目と3つ目について見ていきます。

不労収入系資産という観点から不動産を見ると・・・

①収益用不動産の賃貸収入

不動産投資と一口に言っても様々です。たとえばアパートや単身者向けマンション、オフィスビルといった収益用不動産を、一棟丸ごとローンを組んで買う方法もあれば、区分所有型マンションをローンやキャッシュで購入し、賃貸物件にする方法などがあります。

 

土地を所有していれば、アパートを自分で一棟建てて賃貸に出す方法もありますし、土地だけ購入して駐車場にする方法もあります。自分に適した方法を見つけることが重要です。不動産投資の場合、注意したいのは「節税目的」のものと「インカムゲイン目的」のものと、大きく2種類があるということです。

 

節税目的の収益用不動産投資では、ローンを組んで購入することで、減価償却費やローンの利息分、固定資産税などの租税公課などが必要経費になるために、医院経営の事業所得を減額させることができます。最近大都市圏で販売される収益用不動産に「タワーマンション」があります。人気が高く、飛ぶように売れていると言われていますが、タワーマンションの場合、節税目的で購入する分には構いませんが、長期のインカムゲインはまず望めないと思ったほうがいいでしょう。

 

家賃が高すぎるなどで入居者がいなければ、賃貸収入は確保できません。たとえば、2LDK、50㎡未満、4000万円のタワーマンションで、家賃20万円といった物件があるとします。残念ながら、大手企業の重役クラスの社宅や高額得者ぐらいしか入居希望者がいません。需要が僅少ななかで供給していく投資リスクは避けたほうが賢明です。


そのためほとんどの場合、タワーマンションは負債による所得税や、相続税の節税効果を狙う目的で購入されます。また、最近注目を集めている中国人や台湾人富裕層による購入は、将来的に値上がりしてさらに高値で転売する「キャピタルゲイン狙い」で購入されています。開業医がタワーマンションを購入する場合も、たとえば自分の子供にローンを組んで買ってあげることによって、相続時の評価額を大きく下げる、といった節税目的であるケースがほとんどです。

 

不労収入系資産として不動産投資をする場合は、あくまでも「賃貸収入」が目的です。そういう意味では、キャピタルゲイン狙いの収益用物件では効果的な資産にはならないということですし、そもそもファイナンシャルゴールの達成目的から逸脱します。

本連載は、2015年8月4日刊行の書籍『開業医のための資産形成術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載多忙な医師が運用力を高める4つのメソッド

株式会社インベストパートナーズ 執行役員・ゼネラルマネージャー

株式会社インベストメントパートナーズ 執行役員・ゼネラルマネージャー。
1972年福岡県生まれ。2006年に株式会社インベストメントパートナーズ設立メンバーとして参画。これまでに500人以上の個人開業院長、医療法人理事長に事業改善、人生設計をサポート。医院形態、規模、年代、地域性など、集積したデータをもとに実践的資産形成の設定を行う。2014年には公益法人日本医業経営コンサルタント協会認定登録。

著者紹介

開業医のための資産形成術

開業医のための資産形成術

恒吉 雅顕

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて開業医は医師のなかでも勤務医より収入が圧倒的に多く、リタイア後の悠々自適な生活が保障されていたことから、将来安泰な職業だと言われてきました。しかし今、税制改革による富裕層への増税や、2025年問題へ向けた医療…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧