自分(開業医)にピッタリの運用商品を見つける方法とは?

数多くの金融商品、投資商品を、自分で吟味・選択できる開業医は少ないでしょう。本連載では、それらを実現するための4つの「メソッド」について見ていきます。

「どのように収入を得るのか」という視点で分類

世の中には国内外を問わず、数多くの金融商品、投資商品が存在します。しかし、開業医のなかには、これらを一つひとつ吟味して選択する時間がない人も多いでしょう。その場合は、運用商品を「どのように収入を得るのか」という視点から次のような4つの「メソッド」に分類することで、自分に合ったものを見つけやすくなります。

 

【メソッド1】公的年金
国民年金、国民年金基金、厚生年金など終身で得られる公的年金のグループ

 

【メソッド2】不労収入系資産
収益用不動産の賃貸収入とインカムゲイン狙いの投資信託。終身型個人年金保険を揃えることで、働かなくても収入が定期的に入ってくるグループ

 

【メソッド3】一括収入系資産
確定拠出年金(401kプラン)、貯蓄性の高い生命保険、海外投資など、たとえば5年、10年という具合に「期間限定」で配当などを受け取れるグループ

 

【メソッド4】委託収入系資産
プライベートバンキングなど、資産の運用を専門の機関に一括して委託するグループ

「コア」と「サテライト」をうまく組み合わせる

これら4つの資産形成グループを効果的に組み合わせ、自分のファイナンシャルゴールを構成していく「ポートフォリオ理論」を実践していきます。下記の図を見ていただくと分かりますが、これら4つのグループは「コア」と「サテライト」に分かれます。まずベースになる部分は、メソッド1の「公的年金」などによって構成されます。国民年金、国民年金基金、厚生年金といった基本的に生きている限り一定額の収入が確保されるものが入ります。

 

メソッド2は、収入のコアと考えていい「不労収入系資産」が入ります。収益用不動産による賃貸収入や終身年金など、長期にわたって安定した収入が得られる投資商品を揃えたカテゴリーです。

 

メソッド3は、「一括収入系資産」、そしてメソッド4が「委託収入系資産」という具合になります。公的年金や不労収入系資産を「コア」の資産とすると、それ以外の一括収入系資産、委託収入系資産が「サテライト(衛星)部分」になるわけです。前述したコアサテライト理論によって構成されたポートフォリオです。

本連載は、2015年8月4日刊行の書籍『開業医のための資産形成術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

株式会社インベストパートナーズ 執行役員・ゼネラルマネージャー

株式会社インベストメントパートナーズ 執行役員・ゼネラルマネージャー。
1972年福岡県生まれ。2006年に株式会社インベストメントパートナーズ設立メンバーとして参画。これまでに500人以上の個人開業院長、医療法人理事長に事業改善、人生設計をサポート。医院形態、規模、年代、地域性など、集積したデータをもとに実践的資産形成の設定を行う。2014年には公益法人日本医業経営コンサルタント協会認定登録。

著者紹介

連載多忙な医師が運用力を高める4つのメソッド

開業医のための資産形成術

開業医のための資産形成術

恒吉 雅顕

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて開業医は医師のなかでも勤務医より収入が圧倒的に多く、リタイア後の悠々自適な生活が保障されていたことから、将来安泰な職業だと言われてきました。しかし今、税制改革による富裕層への増税や、2025年問題へ向けた医療…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧