リピート注文の進化版「トラッキングトレード」の概要

今回は、リピート注文の進化版といえる「トラッキングトレード」の概要を見ていきます。本連載は、FXセミナーの講師や執筆活動でも活躍されている斉藤学氏監修の書籍、『マナブ式FXトラッキングトレード入門』(実業之日本社)の中から一部を抜粋し、FXの必勝法といわれる「トラッキングトレード」のしくみを紹介します。

仕掛ける「位置・レンジ幅」を自分で決めるのは大変

従来のリピート注文は、設定する位置と幅を自分で考える必要があります。「トラッキングトレード」なら、難しい設定も自動で行ってくれます。

 

リピート注文は、何度も自動的に同じ注文を繰り返してくれるのが特徴です。相場が一定範囲で動く間は、ほったらかしにして利益を積み重ねていくことができます。

 

しかし、「一定範囲」とは、どの範囲でしょうか? 従来のリピート注文は、この「一定範囲」を自分で見つけ出し、設定をしなければなりませんでした。

 

もちろん、勘に頼って、「エイヤッ!」と決めてしまうこともできます。それでも多少の利益は得られることはあるでしょう。しかし、それではリピート注文のメリットを最大限に生かせないでしょう。

 

本来であれば、現在の相場の水準をもとに、仕掛ける位置を決めなければなりません。さらに、過去の変動幅を検証し、仕掛けるレンジ幅も決める必要があります。これは相当に高度な作業です。

リピート注文の間隔も自動計算で導き出せる

仕掛ける位置と幅を決めたとして、リピート注文をどんな間隔で仕掛けるのかという問題もあります。

 

たとえば、5円幅でリピート注文を仕掛けるとして、その間に1円幅で5本仕掛けることもできますし、10銭幅で100本仕掛けることも可能です。組み合わせは無数にあります。

 

仕掛ける本数は、資金量と大きくかかわってきます。資金量に対して、仕掛ける本数が多すぎると、仕掛けた注文と反対方向に相場が動いたときに、含み損が拡大して、強制決済されかねません。

 

リピート注文の進化系「トラッキングトレード」なら、以上のような設定を自分で決める必要はありません。すべて、自動計算で導き出すことができます。もちろん、慣れてくれば自分で設定することも可能です。

 

本連載は、2015年4月4日刊行の書籍『マナブ式FXトラッキングトレード入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

1980年神奈川県生まれ。都内専門学校でパソコン講師を務める傍ら、株やCFD、FXを取引。その経験から、投資情報サイト「株式市況.com」(http://www.sikyou.com/)を開設。さらに、テクニカル分析や経済指標を駆使した様々なFX必勝法を編み出しわずか1年間で50万円を6900万円に増やす。前著『マナブ式FX』、『マナブ式FX必勝チャート練習帳』(ともに扶桑社)は、新しいFXバイブルとして好評を博した。
FXセミナーの講師や雑誌取材、ブログ(http://fxblog1.com/)の運営に加え、「まぐまぐ!」ではメールマガジン『毎日配信、よく当たるFX為替レート予想』を毎日配信中。
FXシステムトレード指南サイトとして開設した「初心者でもできるFX自動売買(システムトレード)入門」(http://www.systemtrade1.com/)も大好評。

著者紹介

連載FXの必勝法「トラッキングトレード」入門

マナブ式 FX  トラッキングトレード入門

マナブ式 FX トラッキングトレード入門

斉藤 学

実業之日本社

FXビギナーにも安心のリピート発注で、稼ぐ!稼ぐ!稼ぐ! 値動きを追跡するまったく新しい「トラッキングトレード」の使い方とテクニックを解説! FXは資産運用の手段として、とても魅力的な商品だ。 少額でチャレンジできる…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧