トラッキングトレードと「ナンピン買い」の決定的な違い

今回は、トラッキングトレードと「ナンピン買い」の決定的な違いを説明します。本連載は、斉藤学氏の著書、『マナブ式FXトラッキングトレード入門』(実業之日本社)の中から一部を抜粋し、FXの必勝法といわれる「トラッキングトレード」のしくみを紹介します。

平均購入単価を引き下げる効果がある「ナンピン買い」

相場に追随して買い増していく方法に「ナンピン買い」があります。「トラッキングトレード」と似ている面もありますが、抱えるリスクは大きく異なります。

 

相場が上がると思って買ったのに、逆に下がってしまった場合、裁量取引には「ナンピン買い」という方法があります。

 

「ナンピン買い」とは下図のように、相場が下がるたびに買い増していく投資手法です。たとえば、①のところで相場が反転すると予測して1ドル=100円で1万通貨買ったとします。しかし、予想は外れ、そのまま下落が続きました。そのままでは、1ドル=100円に戻るまで含み損はゼロになりません。

 

そこで、②の1ドル=98円のところで1万ドルを買い増し、さらに下がったため、③の1ドル=96円で1万ドルを買い増ししました。

 

結果、1ドル100円で1万通貨、98円で1万通貨、96円で1万通貨の合計3万通貨保有していることになります。平均購入単価を計算すると98円です。

 

このようにナンピン買いは、平均購入単価を引き下げる効果があります。当初は1ドル=100円まで戻らなければ、含み損は解消できませんでしたが、ナンピン買いを実行した結果、98円まで戻れば含み損を解消することができます。

下がった相場が戻らなかったら・・・?

相場が下がったら買い増しして、戻りを待つという点は「トラッキングトレード」と似ているように思うかもしれません。

 

では、相場が戻らなかった場合はどうでしょう。ナンピン買いでは含み損が一気に膨みます。1万通貨であれば、1円の下落で1万円の含み損が増えるだけですが、3万通貨なら3万円の損失が膨らみます。ナンピン買いは、相場が大きく変動すると強制決済されてしまうリスクがあるのです。

 

その点、「トラッキングトレード」は、損切りをしながら相場に追随していくので、含み損が際限なく拡大することがありません。

 

本連載は、2015年4月4日刊行の書籍『マナブ式FXトラッキングトレード入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

1980年神奈川県生まれ。都内専門学校でパソコン講師を務める傍ら、株やCFD、FXを取引。その経験から、投資情報サイト「株式市況.com」(http://www.sikyou.com/)を開設。さらに、テクニカル分析や経済指標を駆使した様々なFX必勝法を編み出しわずか1年間で50万円を6900万円に増やす。前著『マナブ式FX』、『マナブ式FX必勝チャート練習帳』(ともに扶桑社)は、新しいFXバイブルとして好評を博した。
FXセミナーの講師や雑誌取材、ブログ(http://fxblog1.com/)の運営に加え、「まぐまぐ!」ではメールマガジン『毎日配信、よく当たるFX為替レート予想』を毎日配信中。
FXシステムトレード指南サイトとして開設した「初心者でもできるFX自動売買(システムトレード)入門」(http://www.systemtrade1.com/)も大好評。

著者紹介

連載FXの必勝法「トラッキングトレード」入門

マナブ式 FX  トラッキングトレード入門

マナブ式 FX トラッキングトレード入門

斉藤 学

実業之日本社

FXビギナーにも安心のリピート発注で、稼ぐ!稼ぐ!稼ぐ! 値動きを追跡するまったく新しい「トラッキングトレード」の使い方とテクニックを解説! FXは資産運用の手段として、とても魅力的な商品だ。 少額でチャレンジできる…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧