FXのリピート注文で勝つために「資金管理」が重要となる理由

本連載は、FXセミナーの講師や執筆活動でも活躍されている斉藤学氏監修の書籍、『マナブ式FXトラッキングトレード入門』(実業之日本社)の中から一部を抜粋し、FXの必勝法といわれる「トラッキングトレード」のしくみを紹介します。

損失が「当初資金の10%」に達したら注文をストップ

リピート注文は、トレンドに応じて設定を調整していけば、いつまででも利益を出し続けることができます。しかし、資金管理は重要です。リピート注文でも一時的に損失が続いてしまうことはあります。1回の売買で発生する損失が大きいと、それ以降、投資が続けられなくなってしまうこともあります。それでは、リピート注文の力が発揮できません。ですから、許容する損失を事前に決めて、それをしっかり守ることが大切です。

 

裁量取引では、1回の売買での損失を5%以内に抑えるべきだといわれます。たとえば、50万円の資金で取引をはじめたとすると、損失が2万5000円に到達した時点で損切りを行うのです。

 

このルールを守っていれば、仮に10回連続で負けたとしても、資金の半分は残ることになります。半分残っていれば、再チャレンジも十分できます。

 

リピート注文の場合は、自動で注文が繰り返されるので、1回の売買の損失を決めるのは簡単ではありません。そこで損失が当初資金の10%に到達したら、一度、注文をストップすることをお勧めします。注文を一度止めることで、冷静になることができるからです。

冷静な判断のために「損切りルール」を決めておく

冷静になれば、利益が出せる可能性が高まります。現在の保有ポジションを決済して、新規で逆のポジションを注文することをドテン注文といいます。私の経験上、利食いしてドテン注文をするときよりも損切りしてドテン注文をするときのほうが成功確率は高まります。いかに冷静になることが大事かが分かります。

 

本連載は、2015年4月4日刊行の書籍『マナブ式FXトラッキングトレード入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

1980年神奈川県生まれ。都内専門学校でパソコン講師を務める傍ら、株やCFD、FXを取引。その経験から、投資情報サイト「株式市況.com」(http://www.sikyou.com/)を開設。さらに、テクニカル分析や経済指標を駆使した様々なFX必勝法を編み出しわずか1年間で50万円を6900万円に増やす。前著『マナブ式FX』、『マナブ式FX必勝チャート練習帳』(ともに扶桑社)は、新しいFXバイブルとして好評を博した。
FXセミナーの講師や雑誌取材、ブログ(http://fxblog1.com/)の運営に加え、「まぐまぐ!」ではメールマガジン『毎日配信、よく当たるFX為替レート予想』を毎日配信中。
FXシステムトレード指南サイトとして開設した「初心者でもできるFX自動売買(システムトレード)入門」(http://www.systemtrade1.com/)も大好評。

著者紹介

連載FXの必勝法「トラッキングトレード」入門

マナブ式 FX  トラッキングトレード入門

マナブ式 FX トラッキングトレード入門

斉藤 学

実業之日本社

FXビギナーにも安心のリピート発注で、稼ぐ!稼ぐ!稼ぐ! 値動きを追跡するまったく新しい「トラッキングトレード」の使い方とテクニックを解説! FXは資産運用の手段として、とても魅力的な商品だ。 少額でチャレンジできる…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧