不動産の「オークション」販売が熱気を帯びる10~11月

ニュージーランドの不動産物件の売買はオークションが主流になりつつあり、10月、11月がそのピークです。今回は、オークションのシステムと参加に際しての注意点について解説します。

10月と11月は不動産売買のハイシーズン

ニュージーランドでは不動産売買のハイシーズンへと突入しました。最近は一年を通じて売買が盛んですが、とはいえ、10月〜11月のこの2ヶ月が最大のピークになります。9月の今はすでに家の内装の準備が整い、10月初旬に売り切りたいという家主が9月にマーケットに出します。
 

買い手側からすると、沢山の物件から選択できるメリットもありますが、競争相手も多くなるのが難点です。しかし「これが駄目なら次がある」とばかりに、複数の物件をターゲットに渡り歩くのです。

 

後から見た物件のほうが、最初に予定していた物件より魅力的だったというケースもあり、ニュージーランドの不動産売買は運に大きく左右される状況でもあります。

 

[PR]6月24日(土)開催 無料セミナー

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

ワントリーヒルの丘の下の公園の桜。毎年、日本人はもとより、現地人も花見を楽しむ
ワントリーヒルの丘の下の公園の桜。毎年、日本人はもとより、現地人も花見を楽しむ

主流の「オークション販売」のメリットとは?

ニュージーランドの不動産物件の販売方法は、大きく分けて3つあります。


1.定価付け

2.By Negotiation (交渉による)

3.オークション(競売)

 

現在ではオークション販売が主流になっており、売りに出される物件の8割のシェアを占めています。土曜日、日曜日、そして水曜日と木曜日も、盛んにオークションが開催される曜日です。今の時期、週末の住宅街はオークション目当てに人と車が集まってきて、とてもホットです。

 

物件情報を熱心に見る参加者たち
物件情報を熱心に見る参加者たち
オークションの司会役と、オークションを見守る一色良子社長
オークションの司会役と、オークションの進行を見守る一色良子氏

ですが、なぜオークション販売が良いのでしょうか。

 

●家主側のメリット

売買の成立が4週間の営業内ではっきりするため、家主は次の計画が立てやすい。

購入希望者が競い合うためベスト価格になりやすい。これは最大のメリット。

 

●購入者側のメリット

購入可能かどうかが当日わかる。

すぐ結果が出るためオークションの掛け持ちも可能で、時間が節約できる。

 

ここでひとつご注意いただきたいのは、オークションに参加する場合、当日までに条件を整えておく必要があるということです。資金の用意、建物についての調査もそれに含まれますが、資金として住宅ローンを利用したい場合は、銀行の融資承認が必要です。
 

オークションの際は、物件の担当セールスマンでさえ、当日まで家主の売却期待価格を聞かされない状況にあります。そのため、市役所が査定するCV価格(Capital Valuation Price)にどのぐらいの差が出るかを可能な限り聞き出し、相場を踏まえて参加時の予算を決め、当日を待ちます。

 

とはいえ、競り合ううちについ熱くなりすぎて予算オーバーしてしまう人もいます。筆者の場合は、バイヤーズエージェントとして、家主の購入履歴、家の内装状態、近隣の売却データー価格を総合し、買い手の方にアドバイスします。やはり、一人のセールスコンサルタントを選択し、購入までのプロセスを相談するのがいいでしょう。

 

[PR]6月24日(土)開催 無料セミナー

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

なかには、「オークションに参加すると高く買わされてしまのでは・・・」と心配する方もいらっしゃいます。もちろんそういうケースもありますが、毎回、複数の競争相手がいるとは限りません。

 

また、どんな方法であれ、売り手が希望する価格に達していない場合は購入できないので、オークションで誰も手をあげないと、価格を下げてくる家主もいます。ですから、あまり臆することなく参加してみてはいかがでしょうか。

Goo Property NZ Ltd. 代表取締役社長

1982年、大阪女学院短期大学英語科卒業。カリフォルニア大学デイビス校留学。帰国後、旅行会社のツアーコンダクターに従事。1987年、ニュージーランドツアーの添乗を機に、移住希望を持つ。

1995年1月の阪神・淡路大震災を経験し、1996年に移住を実現。 自己の居住用物件さえあれば、落ち着いて生活ができると感じ、ワンルームマンション購入を実行。その経験を生かし、不動産業界に参入。当時インターネット環境が整いつつある中、日本語ウェブサイトを開設し、留学・観光・不動産投資についてのコンサルティングを始める。

現在、ニュージーランドの大手不動産売買仲介会社であるHarcourts New Lynn(ハーコウツ・ニューリン)支店にてセールスコンサルタントとして活動しながら、日本人のための投資コンサルタント会社Goo Property NZの代表としても活躍中。

著者紹介

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

~現地専門家が伝えるNZ中古不動産市場の最新事情と日本人としての投資法

講師 伊藤哲次氏
日時 2017年06月24日(土)
内容

・ニュージーランド経済と投資環境の最新事情

・NZ中古不動産市場の現状と展望

・NZ不動産取引の仕組みと日本との違い

・購入までのスケジュール、諸費用等について

・築古、建物比率の高い案件を中心に物件情報も公開

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧